このサイトでは登録販売者に必要な知識・販売する上で重要なノウハウ、さらに受験対策情報を提供しています。
最新記事
  • HOME »
  • 最新記事 »
  • 解熱鎮痛薬

解熱鎮痛薬

カフェイン(眠気防止薬、総合感冒薬・解熱鎮痛薬補助)

毎年出題されると思って良い。問われる内容は幅広い。カフェインは、脳に軽い興奮状態を引き起こし、一時的に眠気や倦怠感を抑える効果があるとされています。一般用医薬品では、総合感冒薬や解熱鎮痛薬に含まれていることは知っている方 …

イブプロフェン(解熱鎮痛成分・非ステロイド系抗炎症成分)

OTCでは代表的な非ステロイド系抗炎症薬。抗炎症効果が高い。 イブプロフェンは代表的な非ステロイド系抗炎症薬であり、プロピオン酸系に分類されます。(サリチル酸系には分類されません)   アスピリン同様世界各国で使用されて …

エテンザミド(サリチル酸系解熱鎮痛成分)

他の解熱鎮痛薬と一緒に使用される。ACE処方が有名サリチル酸系解熱鎮痛成分であり、サリチルアミドの誘導体になる。 医療用(病院・医院処方)では、ほぼ使われていませんが、市販薬では、よく知られた解熱鎮痛成分です。いわゆる「 …

アセトアミノフェン(解熱鎮痛成分)

15歳未満でも服用可能な解熱鎮痛薬。総合感冒薬にも広く配合されている。 登録販売者試験では超頻出であり、販売実務においても小児向け製品を取り扱う場合、大変重要な成分になります。 医療用・一般用ともに、解熱鎮痛薬として広く …

1 2 »




カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 医薬品 登録販売者DX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.