このサイトでは登録販売者に必要な知識・販売する上で重要なノウハウ、さらに受験対策情報を提供しています。
最新記事
  • HOME »
  • 最新記事 »
  • 抗炎症成分

抗炎症成分

トラネキサム酸(抗炎症成分)

トラネキサム酸は、抗炎症作用、抗出血・抗アレルギー作用のある成分であり、その薬理作用から抗プラスミン剤とも呼ばれます。 プラスミンとは、炎症を引き起こす起炎物質キニンなどの遊離を促進したり、血管内では、血液凝固に関わるフ …

リゾチーム塩酸塩は、そのうち市販薬(OTC)からも無くなるかも!?

医療用医薬品において、リゾチーム塩酸塩やプロナーゼ等の「消炎酵素」を呼ばれる抗炎症成分は、2011年末、厚生労働省より再評価指定を受け、現在の医療環境に即した有効性の検証・評価が求められていました。つまり、医薬品メーカー …

シコン(紫根)・・・口内炎、痔疾患用薬、紫雲膏

シコンは、ムラサキ科のムラサキの根を基原とする生薬で、新陳代謝促進、殺菌、抗炎症等の作用を期待して用いられます。登録販売者試験では、生薬成分として痔疾患用薬、口内炎用薬の分野で登場します。具体的な製品としては、「口内炎パ …

グリチルリチン酸、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルレチン酸(抗炎症成分)

偽アルドステロン症に関する内容は超頻出グリチルリチン酸、グリチルリチン酸二カリウム、グリチルレチン酸は、カンゾウ(甘草)の根に含まれている抗炎症成分です。グリチルリチン酸の持つステロイドに類似した基本構造から、抗炎症作用 …

1 2 »




カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 医薬品 登録販売者DX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.