チュアブル錠とは、口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤型であり、水なしでも服用できるタイプの薬です。
①薬を飲みこむのが苦手な小児用製剤に使われたり、②外出でも水なしでも飲める、③嚥下機能が低下した高齢者でも飲みやすいといったメリットがあります。(なお、医療用では「口腔内崩壊錠」(OD錠)と言われる、唾液でサッと溶けて、水なしで飲め込めるタイプが主流です。)

キプレスチュアブル初めて聞いた時は、??な名前ですが、語源が、英語のchew(噛み砕く)と、-able(~できる)からきていると言われば、納得できるでしょう。

医療用では、小児の気管支喘息の治療で使われる「キプレスチュアブル」というのが有名です。
小さな子供が、お菓子感覚で薬を飲めて、服用継続性を高めるコンセプトが込められているようです。



OTCでは、小児用から大人用まで、様々なチュアブル錠が販売されており、

〇太田胃酸チュアブル錠
〇パンシロンクールNOW(胃腸薬)
〇トラベルミンファミリー(乗り物酔い予防薬・5歳以上)
〇ハイシーL(ビタミン剤)
〇小児用バファリンチュアブル(解熱剤、3歳以上)

等、様々な商品が販売されています。
個人的には、あまりチュアブル錠のメリットを感じる場面は少ないですが、酔い止め薬は、外出中にのむケースもあるので、チュアブル錠タイプがおすすめです。