クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑え、アレルギー症状の発現を抑える働きがある。

一般用医薬品では、花粉・ハウスダスト等によるアレルギー性症状の改善の為、点鼻薬・点眼薬に使用されています。
医療用では、気管支喘息や食物を含めた様々なアレルギーに適応も広く、内服薬や吸入薬等にも使われ、「インタール」の販売名で良く知られています。
インタール点眼薬

インタール点眼液

登録販売者試験では、超頻出医薬品です。

①アレルギー性の症状でない場合は無効
②通常、OTCでは通常、抗ヒスタミン成分と組み合わせて配合される。

等が、良く出題されています。