問68 (鎮暈薬)、問69(小児疳)では、広い知識が求められるが、全問正解or最低でも9割は得点したいレベル

問61 かぜ及びかぜ薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア かぜ薬とは、かぜの諸症状の緩和を目的として使用される医薬品の総称であり、総合感冒薬とも呼ばれる。

イ かぜで、発熱、咳 、鼻水など症状がはっきりしている場合には、かぜ薬が選択されるのが最適である。

ウ かぜの原因の約8割は、細菌の感染によるものである。

エ 15歳未満の小児のインフルエンザには、エテンザミドが配合されたかぜ薬を使用することが適切である。

    ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 誤 誤

ア 正しい。
入 誤り。症状がはっきりしている場合は、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、鼻炎薬などを選択することが望ましい。不要な成分が配合されていると、無意味に副作用のリスクを高めることになる。
ウ 誤り。頻出内容である。×細菌→〇ウイルス
エ 誤り。エテンザミドは、15歳未満の小児で水痘(みずぼうそう)又はインフルエンザにかかっているときは使用を避ける。

正答・・・3

問62 かぜ薬に配合される医薬品の成分とその作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。
     成分       作用
ア  イブプロフェン  - 解熱鎮痛
イ  グアイフェネシン - 抗ヒスタミン
ウ  コデインリン酸塩 - 去痰 
エ  トラネキサム酸  - 抗炎症

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

頻出医薬品の知識があれば正答できるサービス問題

ア 正しい。イブプロフェンは代表的解熱鎮痛成分
イ 誤り。この中では一番マイナーな成分。グアイフェネシンは去痰成分。
ウ 誤り。コデインリン酸は頻出。麻薬性の鎮咳成分で、OTC医薬品に良く使われている。
エ 正しい。トラネキサム酸も頻出。抗炎症成分として必ず押さえておく。

正答・・・2

問63 かぜの症状の緩和に用いられる漢方処方製剤に関する以下の記述について、正しいものを下から一つ選びなさい。

体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、 鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。 まれに重篤な副作用として、肝機能障害、間質性肺炎、偽アルドステロン症を生じることが知られている。

1 葛根湯 
2 桂枝湯 
3 小青竜湯 
4 小柴胡湯 
5 麻黄湯 


漢方製剤に関する問題。
記述内容をすべて理解する必要はなく、キーワード押さえておけば、楽に正答できるレベル

正答は3の「小青竜湯」。花粉症の漢方薬として有名であり、それだけの知識でも正答可能。他に麻黄も含まれ、咳の症状にも効果があり、感冒でも使用されます。
試験対策では、キーワードの「うすい水様の鼻汁」「アレルギー性鼻炎」「花粉症」「気管支炎」を押さえておけば十分。

なお、カンゾウも含むため「偽アルドステロン症」の記述もあるが、カンゾウ含有の漢方薬は多数あるので、小青竜湯を選ぶキーワードにはならない。

問64 グリチルリチン酸に関する以下の記述のうち、誤っているものを下から一つ選びなさい。

1 かぜ薬に抗炎症作用を目的として配合される。

2 医薬品では1日摂取量がグリチルリチン酸として200mgを超えないように用量が定められて いる。

3 グリチルリチン酸を含む生薬成分として、マオウが医薬品に配合されている場合もある。

4 甘味料として一般食品や医薬部外品などにも広く用いられる。

グリチルリチン酸は、超頻出の成分であり、手引きにも複数回登場しています。どの選択肢も頻出知識なので、しかり理解しておく。今回問われていないが、偽アルドステロン症の関連知識も必須。
1 正しい。抗炎症成分として感冒薬に配合される。
2 正しい。また、「1日最大服用量が40㎎を超える製品については、長期連用を避ける」についても数値も合わせて覚える。
3 誤り。カンゾウ!
4 正しい。

正答・・・3

問65 解熱鎮痛薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア アセトアミノフェンは、局所のプロスタグランジンの産生を抑制する作用により、体の各部(末梢)での痛みを鎮める。

イ アスピリンは、ライ症候群の発生が示唆されているため、15歳未満の小児に対しては、いかなる場合も一般用医薬品として使用してはならない。

ウ サザピリンは、ピリン系の解熱鎮痛成分であり、ピリン疹と呼ばれるアレルギー症状をもたらすことがある。

エ アスピリン、カフェイン、エテンザミドの組み合わせは、それぞれの頭文字から「ACE処方」 と呼ばれる。

    ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正

解熱鎮痛薬に関する基礎的な知識に関する問題

ア 誤り。手引きでは、「アセトアミノフェンは、主として中枢作用によって解熱・鎮痛をもたらすため、末梢における抗炎症作用は期待できない」と記載があるので誤りを選択する。
イ 正しい。アスピリンは15歳未満には販売しない。
ウ 誤り。ピリン疹は、ピリン系解熱鎮痛成分による薬疹であるが、サザピリンは非ピリン系。現在サザピリンを含む市販薬の存在は不明で、マイナーな成分
エ 誤り。ACE処方については頻出知識。アセトアミノフェンカフェインエテンザミドの3種が正解。最近は聞かなくなったが、かつてCMで耳にしたこともあるはず。

正答・・・4

問66 眠気を促す薬(催眠鎮静薬)に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 抗ヒスタミン成分を主薬とする催眠鎮静薬は、慢性的に不眠症状がある人を対象としている。

イ ジフェンヒドラミン塩酸塩を含有する催眠鎮静薬は、小児では神経過敏や中枢興奮などの副作用が起きやすいため、使用を避けるべきである。

ウ 酸棗仁湯を1週間位服用して不眠症状の改善がみられない場合であっても、長期にわたり服用を継続して様子を見るべきである。

ブロムワレリル尿素は、胎児に障害を引き起こす可能性があるため、妊婦又は妊娠していると思われる女性は使用を避けるべきである。

1(ア、ウ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(イ、エ)

ア 誤り。常識的に考えれば良いが、ジフェンヒドラミン塩酸塩を主薬とする催眠鎮静薬は、睡眠改善薬として一時的な睡眠障害(寝つきが悪い、眠りが浅い)の緩和に用いられるもの。慢性的な不眠症状に用いない
イ 正しい。
ウ 誤り。試験慣れしていないと迷うかもしれない。手引きでは、酸棗仁湯について「1週間位服用して症状の改善がみられない場合には、漫然と服用を継続せず、医療機関を受診する」と書かれている。
エ 正しい。基本的に「妊婦でも大丈夫」と断言される説明は出てこないので、正確な知識が無い場合、このような説明では大抵正しいと思ってよい。

正答・・・4

問67 眠気防止薬に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア カフェインは、腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収を抑制するとともに、尿量の増加をもたらす。

イ カフェインには、胃液分泌亢進作用があり、その結果、副作用として胃腸障害(食欲不振、悪心・ 嘔吐)が現れることがある。

ウ かぜ薬やアレルギー用薬を使用したことによる眠気を抑えるために、眠気防止薬を使用することが推奨されている。

エ 成人用よりも用量が少ない、小児用の眠気防止薬もある。

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

カフェインに関する問題は頻出であり、毎年出題されると思ってよい。

ア 正しい。カフェインによる尿量増加は常識だが、腎臓におけるナトリウムイオン(同時に水分)の再吸収を抑制によることは押さえておく。
イ 正しい。カフェインによる胃酸分泌亢進も頻出知識
ウ 誤り。
エ 誤り。小児用の眠気防止薬はない。もちろん受験対策用の製品もない。

正答・・・1

問68 鎮暈薬(乗物酔い防止薬)に関する以下の記述のうち、誤っているものを下から一つ選びなさい。

1 抗コリン成分であるスコポラミン臭化水素酸塩は、肝臓での代謝が遅いため、抗ヒスタミン成分と比べて作用の持続時間は長い。

2 メクリジン塩酸塩は、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長く、専ら乗物酔い防止薬に配合されている。

3 ジフェニドール塩酸塩は、排尿困難の症状がある人や緑内障の診断を受けた人では、その症状を悪化させるおそれがある。

4 プロメタジンテオクル酸塩等のプロメタジンを含む成分については、外国において、乳児突然死症候群や乳児睡眠時無呼吸発作のような致命的な呼吸抑制を生じたとの報告があるため、15歳未満の小児では使用を避ける必要がある。

正答は選ぶのは難しくないが、広い知識が求められており簡単ではない。

1 誤り。スコポラミンは抗コリン成分で、乗り物酔い予防の代表成分。肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い
2 正しい。メクリジン塩酸塩は抗ヒスタミン成分で、乗り物酔い予防薬の代表成分。持続時間が長いのが特徴。「トラベルミンファミリー」や「センパア」ブランドが代表品
3 正しい。ジフェニドール塩酸塩は、、内耳にある前庭と脳を結ぶ神経(前庭神経)の調節作用のほか、内耳への血流を改善する作用を示す。抗ヒスタミン薬、抗コリン薬には分類されないが、頭痛・排尿困難・眠気・眼圧上昇等、類似した副作用には注意する必要がある。
4 正しい。プロメタジンは抗ヒスタミン薬に分類される。現在一般用医薬品で含有する製品の存在は不明。呼吸抑制に関する記述は正しいが、かなり突っ込んだ知識。

正答・・・1

 問69 小児の疳を適応症とする生薬製剤及び漢方処方製剤に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア ジャコウは、緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して用いられる。

イ 小建中湯は、体力虚弱で疲労しやすく腹痛があり、血色がすぐれず、ときに動悸 、手足のほてり、冷え、ねあせ、鼻血、頻尿及び多尿などを伴うものの小児虚弱体質、疲労倦怠、慢性胃腸炎、 腹痛、神経質、小児夜尿症、夜なきに適すとされる。

ウ 漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合にあっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないこととなっている。

エ カンゾウについては、小児の疳を適応症とする生薬製剤では主として健胃作用を期待して用いられている。

    ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 正

小児疳・小児鎮静薬に関する問題はほぼ毎年出題される。

「小児夜尿症」とくれば、小建中湯は覚えておきたい。

正答・・・1

問70 呼吸器官に作用する以下の医薬品成分と、その期待される作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

    成分             作用
ア ノスカピン塩酸塩        - 鎮咳 
イ セチルピリジニウム塩化物    - 抗ヒスタミン
ウ クレマスチンフマル酸塩     - 殺菌消毒
エ グアヤコールスルホン酸カリウム - 去痰 

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)

ノスカピンは、一般用医薬品では頻用される鎮咳成分。
セチルピリジニウムはトローチ等で使われる殺菌消毒成分
クレマスチンフマル酸塩は代表的な第一世代抗ヒスタミン薬のひとつ。
グアヤコールスルホン酸カリウム は、去痰成分で、一般用医薬品では、よく製品を見ると結構使われている成分。

正答・・・2