カルビノキサミンマレイン酸塩は、第一世代の抗ヒスタミン成分であり、くしゃみや鼻水を抑える目的で、鼻炎用内服薬や感冒薬に用いられている。

一般用医薬品では、クロルフェニラミンマレイン酸に比べると含有製品は少ないですが、大正製薬の「パブロン」ブランドで用いられています。例えば、総合感冒薬の「パブロンエース」「パブロンゴールド」や、鼻炎用内服薬の「パブロン鼻炎カプセルS」等に使われています。

医療用医薬品としては、(おそらく)現在用いられていないようです。

登録販売者試験では時折出題されます。