イブプロフェンピコノールは抗炎症成分であり、にきびの治療薬として用いられます。

非ステロイド抗炎症成分として有名なイブプロフェンの誘導体(ピコノールとのエステル)であり、特に抗炎症作用が強いことから、ニキビ治療に用いられました。

医療用では「ベシカム軟膏」として知られており、貴重な非ステロイド性外用薬の一つとして、ニキビの他、帯状疱疹、湿疹等にも用いられています。

一般用では、ニキビ治療のみに使用されているようです。
代表製品としては「フレッシングアクネクリーム」があり、この成分の開発元でもある久光製薬から販売されています。

なお、ニキビの医学的な正式名は、「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と言いますので覚えておきましょう。