OTCでは代表的な抗ヒスタミン薬。主に皮膚疾患や睡眠改善薬として使用される。

ジフェンヒドラミン塩酸塩は、代表的な抗ヒスタミン薬であり、第一世代に分類される古くから使用されている成分です。
同じ第一世代のクロルフェニラミンマレイン酸と同様、その用途は多岐にわたっているのが特徴です。

出題の手引きでは、以下の5つの領域に登場します。

①痒み・腫れ等の皮膚症状の緩和(湿疹、皮膚炎、かぶれ、あせも、虫さされ等)
②一時的な睡眠障害における睡眠改善薬(抗ヒスタミン作用による眠気の作用の応用)
③くしゃみ、鼻水症状の緩和(総合感冒薬、鼻炎薬における抗ヒスタミン成分として配合)
④点眼薬(目の痒みを抑える)
⑤外用痔疾患用薬(痔に伴う痒みの軽減)

特に、①皮膚症状の緩和薬として、数多くの製品に使用されており、外用薬成分だけではなく、内服薬成分としても用いられています。

「レスタミンコーワ糖衣錠」は、蕁麻疹・皮膚疾患への効能を持つ数少ない内服薬の一つであり、一般用医薬品販売に携わる場合は、必ず知っておきたい製品です。
また、外用薬としては、ステロイド非含有タイプに他の成分と一緒に使用されているケースが殆どです。

p_20161208_181531_hdr

代表例としては「ムヒソフトGX」、「オイラックスソフト」、「デリケア」「メンソレータム ADクリーム」等があります。









なお、外用薬としては、医療用でも貴重な非ステロイド外用薬の一つとして、まだまだ使用されているようです。

次に、②睡眠改善薬としての役割も、OTC販売において大変重要です。

ジフェンヒドラミン塩酸塩も、抗ヒスタミン薬の特徴として、眠気の副作用がありますが、逆にそれを利用したものです。

代表製品は、何と言っても、エスエス製薬「ドリエル」です。

2003年発売ですが、その後他社からも同様な製品が発売されています。
 
また、ラベンダーアロマを配合したカプセルタイプの「ドリエルEX」という製品もあります。
 
なお、同様な目的の使い方は、医療用では通常行われていません。
 
  
 

 
次に③④⑤の、総合感冒薬・鼻炎薬・痔疾患用薬については、試験対策で憶えておいて損はありません。

ただし、総合感冒薬・鼻炎薬としては、クロルフェニラミンマレイン酸の方が主流であり、ほとんど配合されている製品はありません。

他に、出題のポイントとして、「使用上の注意」の、「授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること」に該当する成分であることを押さえておきましょう。過去にも良く出題されています。


このように、ジフェンヒドラミン塩酸塩は、皮膚疾患や、睡眠改善薬等に用いられるなど、多岐にわたる用途に用いられる第一世代抗ヒスタミン成分です。