軟膏とクリームの違いは、今までの生活経験から、おおよそイメージはつくと思います。

下の写真は、ある軟膏剤とクリーム剤ですが、殆どの方はどちらか、すぐにわかるでしょう。

軟膏剤とクリーム剤

簡単に言うと、濃度をコントロールするために使われている基剤(大部分を占める部分)の違いによります。

例えば、「〇〇軟膏0.1% 10g」と書かれていれば、10gのうち主薬〇〇は0.01gしか含まれず、残りの大部分は基剤がベースになります。

そして、軟膏は「油脂性基剤」クリームは、水分を含む「乳剤性基剤」が用いられます。

「乳剤性基剤」というと分かりずらいですが、これは水と油脂成分を界面活性剤で混ぜ乳化したものです。
撮影した軟膏とクリームを数時間後に見ると、クリームの方は、水分が紙に浸透しているのがわかります。
DSC_0001

次に使用感の違いについて。

実際の使用感については、軟膏は、クリームよりも伸びが悪く、ベタッとして「油」っぽい、といった印象を大抵お持ちでしょう。
多くは、基剤としてワセリンが用いられており、「白色~微黄色の半透明」で「なめらかな半固形」状です。
次にクリームですが、こちらの方がより身近かもしれません。
ハンドクリーム等から想像できるように、伸びが良くて簡単に水で洗い流せます。
大抵「白色」で「よりなめらかな半固形」状です。

色々書きましたが、手引の記載内容は以下の通りで、試験対策上は、これだけ押さえておけば十分です。

軟膏剤、クリーム剤
「基剤の違いにより、軟膏剤とクリーム剤に大別される。有効成分が適用部位に止まりやすいという特徴がある。一般的には、適用する部位の状態に応じて、適用部位を水から遮断したい場合には軟膏剤を用い、患部が乾燥していたり患部を水で洗い流したい場合等にはクリーム剤を用いることが多い。」


ただし、これだけの知識では実務ではもの足りないないので、販売の際に重要な知識も合わせて押さえておきましょう。

(軟膏の長所・短所)
・皮膚への刺激が少ない。(キズやじゅくじゅくした所にも)
・皮膚保護作用がある。(保湿性も高い)
・ベタツキ感、テカリがあり、使用感・見た目が悪いと感じる方もいる。
(クリーム剤の長所・短所)
・ベタつき感がなく、使用感が良い。
・主薬の皮膚への浸透性が良い。

・水で洗い流せる。
・軟膏に比べ、患部を放熱できる。(虫さされでパンパンに腫れている時など)

・一般に軟膏よりも肌に合わない等の個人差が生じやすい。(界面活性剤・添加物の違いなど)

なお、一般にクリーム剤よりも、軟膏の方が汎用性が高いとされます。もしコンビニ等で陳列スペースが限られ、品揃えの択一が迫られる場合は、通常「軟膏」が選ばれます。

(補足)

最近は名称変更が順次行われ、少なくなっていますが、医療用医薬品では、「〇〇軟膏」という製品名でも、使用感はクリームのようだったり、ゲル状であったりすることがあります。(ザーネ軟膏など)

ここでは詳しく触れませんが、これは以前、日本薬局方の製剤総則における剤形において、「クリーム」や「ゲル」も「軟膏剤」で一括りにされていた為です。(但し、クリームやゲルの名称を使うことも可能でした。)

しかし、第十六改正日本薬局方の製剤総則改正で区別されるようになり、ここ数年で名称の変更が行われ、薬は全く同じなのに「〇〇軟膏」から、「〇〇クリーム」に名称が変更になった製品がいつくかあります。

しかし、そのままの製品もあるので、調剤併設型店舗に勤務している方は、一応知識を持ち合わせておくと良いでしょう。