医療現場で使用される代表的消毒剤。オロナインH軟膏の主成分

クロルヘキシジングルコン酸塩、クロルヘキシジン塩酸塩は、代表的な消毒剤であり、医療現場でも多用されています。怪我等で処置・消毒してもらう時など、大抵クロルヘキジン製剤が用いられています。

その効果範囲については、「一般細菌類、真菌類に対して比較的広い殺菌消毒作用を示すが、結核菌やウイルスに対する殺菌消毒作用はない。」と、手引きに記載されています。

 
クロルヘキジン製剤

医療用のクロルヘキシンジン製剤

また、近年は公共機関や病院に、手指用のプッシュ式消毒液が置かれていますが、良く見かける「ヒビスコール」ブランドには、クロルヘキシジングルコン酸塩が有効成分として使用されています。

なお、手指消毒用タイプは、通常エタノールも含有するため、ウイルスに対する効果も期待でき、インフルエンザ対策にも使われます。
(前述のとおり、クロルヘキシジングルコン酸塩では、ウイルスに対する効果期待できない。またエタノールも、全てのウイルスに効果が期待できる訳ではなく、ノンエンベロープ型ウイルス(例えばノロウイルス)には効果はないとされる。ノロウイルス対策には次亜塩素酸系の消毒液を選択する。)

また、消毒薬以外にも、皮膚用外用薬にも用いられています。特に「オロナインH軟膏」が有名です。