試験では小児鎮静薬として頻出。

抑肝散は、登録販売者試験では、主に小児鎮静薬として登場する漢方薬です。特に、小児疳や夜泣きに関しての内容が良く出題されています。

手引での記述は以下の通り


抑肝散は体力中等度をめやすとして幅広く用いることができる。神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの神経症、不眠症、小児夜なき小児疳症、歯ぎしり、更年期障害、血の道症に適すとされる。」

構成生薬は、ソウジュツ(蒼朮)、ブクリョウ(茯苓)、センキュウ(川きゅう)、チョウトウコウ(釣藤鈎)、トウキ(当帰)、サイコ(柴胡)、カンゾウ(甘草)の7種類です。

なお、「抑肝散」の「肝」は、西洋医学における肝臓とは異なり、いわゆる中医学の五臓(心・肺・脾・肝・腎)の一つです。「肝」は精神情志と関連するとされ、「肝」を抑えることで、精神の安定をもたらすと言われています。


しかし、試験では何故か良く出てくるものの、一般用医薬品として販売するのは、なかなか難しい漢方です。

まず、ドラックストア等で夜泣き・小児疳の薬を求めれるケースも少ないですし、相談を受けても、そう簡単に提案販売できるものでもありません。

一方、医療用医薬品の分野では、100種類以上ある漢方製剤の中で、大変処方の伸び率が高い漢方薬となっています。
CIMG3504

これは、10年程前より認知症患者の周辺症状(攻撃的になったり、イライラしやすい等)の緩和に使われる機会が増え始め、患者数の増加もあり使用機会も増加傾向のようです。

認知症関連の特集で、健康TV番組で登場する事もあるので、ドラックストア等でも質問を受けるケースがあるかもしれません。最低限の知識は持っておいて損はないでしょう。


また、もう一つの抑肝散加陳皮半夏は、名称のとおり、抑肝散にチンピ(陳皮)とハンゲ(半夏)を加えたものです。こちらは、抑肝散よりも、胃腸の弱い方に適すると言われています。

手引きの記載は・・

「抑肝散加陳皮半夏は体力中等度をめやすとしてやや消化器が弱いものに幅広く用いることができる。神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症・・・」



このように、抑肝散・抑肝散加陳皮半夏は、鎮静効果を期待して使用される漢方薬です。