クロルヘキシジングルコン酸塩の濃度・区分の違い

クロルヘキシジングルコン酸含有の無色のエタノール溶液は、速乾性の手指擦式消毒液として、医療現場や公共施設等で利用されています。特に、2009年の新型インフルエンザ流行を契機に、学校や商業施設など、あらゆる所で見かけるようになりました。
公共施設に設置されていたヒビスコールSH

公共施設に設置されていたヒビスコールSH

その中でも、良く見かける商品に、「ヒビスコール」があります。

このヒビスコールにはヒビスコールA、ヒビスコールS、そしてヒビスコールSHの3種類がありますが、その違いについて調べてみました。

ヒビスコールA(医療用医薬品)

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩0.2w/v%

医療用医薬品扱いなので、店舗販売業では取扱いできません。薬局では可。
もちろん、ネット通販はできません。医療機関の自家用で使う場合は、こちらが主に用いられています。
(一般向けのヒビスコールSより、多少安く入手できる?)

なお、より高濃度0.5w/v%の、手術時手指消毒用「ヒビスコールA液0.5%」もありますが、一般の方が目にすることは、まずありません。


ヒビスコールS(第2類医薬品)

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩0.2w/v%

ヒビスコールAと基本的に同じものですが、第2類医薬品扱いなので、ドラックストア等の店舗販売業でも取り扱うことができます。
また、第2類ということもあり、アマゾン、ケンコーコム等でネット通販が行われています。


ヒビスコールSH(指定医薬部外品)

有効成分:クロルヘキシジングルコン酸塩0.1w/v%

クロルヘキシンジングルコン酸塩の濃度が、A,Sの半分になっています。区分も「指定医薬部外品」扱いなので、流通面での幅が広くなります。例えばホームセンター等でも販売可能になります。
もちろんネット通販も可能です。

なお、クロルヘキシジングルコン酸含有のエタノール溶液は、広範囲の微生物群に抗菌力を持ち、インフルエンザウイルスにも効果があるとされていますが、通常、感染性胃腸炎の原因となる「ノロウイルス」には効果を示しません。

ここでは詳しく述べませんが、通常のクロルヘキシジングルコン酸含有のエタノール溶液は、エンベロープ型(インフルエンザウイルスなど)には効果を示しますが、ノロウイルスなどのノンエンベロープ型には効果をしめさない為です。