強心成分として知られる。

センソ(蟾酥)は、ヒキガエル科のシナヒキガエル、ヘリグロヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬で、微量でも強い強心作用を示すとされています。

その強心作用から、古くから動悸・息切れ等に用いられている「六神丸」や「救心」に含まれています。

登録販売者試験では、まずまず出題されています。以下は出題の手引きからの抜粋です。

①「皮膚や粘膜に触れると局所麻酔作用を示し、センソが配合された丸薬、錠剤等の内服固形製剤は、口中で噛み砕くと舌等が麻痺することがあるため、噛まずに服用することとされている。」

②「有効域が比較的狭い成分であり、1日用量中センソ5mg を超えて含有する医薬品は劇薬に指定されている。一般用医薬品では、1日用量が5mg 以下となるよう用法・用量が定められており、それに従って適正に使用される必要がある。なお、通常用量においても、悪心(吐きけ)、嘔吐の副作用が現れることがある。」


①中国ではその消腫作用から外用薬としても用いられていたそうです。

②例えば、救心においては、センソの1日量(6粒)は5mgと、一般用医薬品の上限量含まれています。

また、六神丸は複数の製薬会社から発売されています。各社により成分量は様々で、最高量の5mg含むものもあれば、亀田六神丸のように1.3mgと、少なめの製品もあります。




このように、センソは微量で強心作用を示す生薬として知られており、救心や六神丸などに含まれています。