強心成分として知られる。

ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を乾燥させた動物生薬です。強心作用のほか、呼吸中枢を刺激して呼吸機能を高めたり、意識をはっきりさせる等の作用があると言われています。

大変貴重な生薬の一つであり、その分泌液は独特な香り(ムコスン香)を持ち、雌を呼び寄せるフェロモン的な働きがあるのではと言われています。
また、中国生薬市場では偽物が出回ることもあり、混入物が少ないものが良品とされています。

主にその強心作用から、古くから動悸・息切れ等に用いられている「六神丸」や、小児疳薬として知られる「小児六神丸」に含まれています。

なお、「雄鹿の分泌物」と聞くと、強壮剤をイメージする方が多いかもしれませんが、強壮剤として用いられるロクジョウ(鹿茸)とは区別しておきましょう。ジャコウ(麝香)は強壮剤に用いられることは通常ありません。

(参考資料)
中医臨床のための中医学(神戸中医薬研究会)