高齢者・虚弱者のかぜの初期に

香蘇散は、胃腸が弱く体力のない方向けの漢方薬であり、かぜの初期や頭痛の症状緩和に用いられます。

構成生薬は、以下の5種類です。
香附子(コウブシ)、蘇葉(ソヨウ)、陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)
出題の手引きの記述は以下の通り

「香蘇散は、体力虚弱で、神経過敏で気分がすぐれず胃腸の弱いもののかぜの初期、血の道症に適すとされる。」

なお、血の道症については、出題の手引きに「月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモン変動に伴って現れる精神不安やいらだちなどの精神神経症状及び身体症状。」と定義されています。

今のところ、それ程出題頻度は高くありません。