小柴胡湯と半夏厚朴湯の合剤。喘息・気管支炎の漢方薬として知られる。

柴朴湯は、咳や痰の症状を和らげる漢方薬の一つで、小柴胡湯半夏厚朴湯の合剤になっているのが特徴です。
古くから喘息向けの漢方薬と言われ、知られています。
医療用では、かつて長期服用されている方も見かけましたが、吸入ステロイド等の薬物治療の選択肢が充実している現在は、あまり見かけなくなりました。(小柴胡湯の連用リスクも影響しているでしょう。)

また、一般用医薬品では基本的に慢性疾患向けには販売しませんので、麦門冬湯五虎湯・麻杏甘石湯等と比べると、なかなか販売機会はありません。販売しているメーカー数も限られています。

出題の手引きの記述は以下のとおり

「別名を小柴胡合半夏厚朴湯ともいう。体力中等度で、気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、かぜをひきやすく、ときに動悸、めまい、嘔気などを伴うものの小児喘息、気管支喘息、気管支炎、咳、不安神経症に適すとされるが、むくみの症状のある人等には不向きとされる。また、上記症状における虚弱体質改善にも用いられる。

「まれに重篤な副作用として間質性肺炎、肝機能障害を生じることが知られている。また、その他の副作用として、頻尿、排尿痛、血尿、残尿感等の膀胱炎様症状が現れることがある。」

キーワードとしては「小児喘息、気管支喘息、気管支炎」とともに、半夏厚朴湯にまつわる「食堂部に異物感」「不安神経症」が一緒になっていることがわかれば十分です。副作用の記述は、間質性肺炎など小柴胡湯に関連した内容が主です。

なお、咳に関連する他の漢方薬に比べても、それ程出題頻度は高くありません。