デキサメタゾンはステロイド性抗炎症成分であり、一般用医薬品としては外用薬にのみ用いられる成分です。

外用薬として用いる場合は、患部における炎症作用を抑えることで、主に痒みや発赤などの皮膚症状を軽減することを目的に用いられます。具体的には、湿疹や虫さされ、接触性皮膚炎などに用いられます。

ステロイドの作用強度の分類では、5分類中、下から2番目のmedium(中等度)に分類され、ヒドロコルチゾン酪酸エステルやプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルと同ランクにあたります。市販薬に用いられる3ランク(強・中程度・普通)の中では中間に位置します。

なお、デキサメタゾンを含有する製品は多くありません。
登録販売者試験でも、それ程出題頻度は高くありません。