黄色の消毒薬。下痢止め薬にも使用されている。

アクリノールは殺菌消毒成分です。、消毒薬の他に、下痢止め薬(止瀉薬)の内服成分としても用いられています。

「黄色い消毒薬」として知られていますが、あまり医療現場では使用されていません。
アクリノール液

身近な例としては、昔使っていた絆創膏の傷口に当てる部分が、黄色くなっていたのを憶えている方も多いでしょう。この黄色い薬剤がアクリノールです。(色がつくこともあり、最近主流の絆創膏には使用されていませんが)

登録販売者試験では、「黄色い消毒薬」として、度々出題されています。
出題の手引きの記載は以下のとおり。

黄色の色素で、一般細菌類の一部(連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などの化膿菌)に対する殺菌消毒作用を示すが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない。比較的刺激性が低く、創傷患部にしみにくい。衣類等に付着すると黄色く着色し、脱色しにくくなることがある。」

止瀉薬の分野での出題は少ないですが、消毒薬の分野では、割と出題されています。