日本の三大民間薬のひとつ

ゲンノショウコは、フウロソウ科のゲンノショウコの地上部を基原とする生薬であり、古くから胃腸薬として使用されたり、軟便・下痢の症状を和らげる民間薬として知られていました。

出題の手引きでは、整腸作用のある生薬として登場しますが、主成分であるタンニンにより軟便・下痢症状を和らげると考えられています。

なお、ゲンノショウコはドクダミ(ジュウヤク)やセンブリと合わせ、日本の三大民間薬と呼ばれていおり、江戸期には既に薬として使用されていました。

一般用医薬品としては、煎じ用の生薬が販売されている他、「百草丸」にも含まれています。



登録販売者試験では、それ程出題されていません。