イミダゾール系の中では頻出。再発膣カンジダにもOTC化

クロトリマゾールは、いわゆる「水虫・たむし」の治療に用いられるイミダゾール系抗真菌薬です。

数あるイミダゾール系抗真菌薬の中でも、世界で一番最初に開発された成分です。また、イミダゾール系の特徴として、白癬菌(水虫)以外にも、カンジダ菌や癜風(でんぷう)菌にも効果が期待でき幅広い用途で用いられています。
クロトリマゾール


クロトリマゾールを初めとするイミダゾール系の抗真菌薬は、1970年代半ばに登場し、その高い抗菌活性から現在でも使用されている成分です。その抗菌の作用機序は大きく分けて2つあります。

①真菌の細胞膜成分:エルゴステロールの生合成阻害

真菌特有の細胞膜成分であるエルゴステロールの生合成過程を阻害する働きがあり、これによって細胞膜の機能を低下、死滅させます。
このエルゴステロールは真菌には共通して存在しますが、ヒトの体には存在しないため、ヒトには無害とされています。

②直接的な細胞膜への直接作用

真菌の細胞膜に直接作用し、膜流動性を高めることで、細胞内環境に悪影響を及ぼします。また、細胞外からの栄養の取り込みも阻害します。

この①,②の作用の働きにより、真菌類(白癬菌、カンジダ等)を抑える効果を発揮します。なお、②の直接的な作用は、薬が高濃度の時に発揮すると言われています。
このような特徴を持つイミダゾール系抗真菌薬ですが、クロトリマゾール以外にも、ミコナゾール塩酸塩、オキシコナゾール硝酸塩など、様々な成分が開発され、外用では目立った副作用もなく、暫く水虫の外用薬治療の主役でした。

その後、1990年代に、皮膚貯留性が高く1日1回で使用可能な、ブテナフィン塩酸塩テルビナフィン塩酸塩が登場すると、「水虫の外用治療薬」としての存在感は徐々に小さくなっていきます。(イミダゾール系では1日2~3回使用タイプが多い。)

しかしながら、カンジダ菌などの水虫(白癬菌)以外の真菌類の治療では、まだまだ使用されています。


医療用医薬品としては「エンペシド」(1976年発売)で知られ、白癬菌(水虫)向けにクリームや液剤の他、膣カンジダ治療用の膣錠もあります。

一般用医薬品では、「ピロエース」ブランドに用いられており、抗生物質・抗真菌薬であるピロールニトリンと組み合わせて用いられています。

用法として1日2~3回使用する必要があるのが、現在主流の水虫薬に比べて販売しづらい点になります。

また、2011年にはOTC化の用途範囲が広がり、再発膣カンジダ治療薬「エンペシドL」(佐藤製薬)も発売されています。(H28.4現在、第一類医薬品)


なお、「ピロエース石鹸」という医薬部外品扱いの石鹸がありますが、クロトリマゾールを含んでいませんので、注意して下さい。あくまで殺菌剤(トリクロカルバン、クレゾール)を含んだ石鹸です。





登録販売者試験では、第3章において必ず1問は、抗真菌薬に関する出題があると思って良いでしょう。
その中でもクロトリマゾールは出題率は高めです。時間がない方でも、クロトリマゾールは押さえておいて下さい。

イミダゾール系抗真菌薬・クロトリマゾールに関する記述は以下の通り。

「オキシコナゾール硝酸塩、ネチコナゾール塩酸塩、ビホナゾール、スルコナゾール硝酸塩、エコナゾール硝酸塩、クロトリマゾールミコナゾール硝酸塩、チオコナゾール等は、イミダゾール系の抗真菌薬と呼ばれ、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。」

⇒作用機序が2つ記載されているは、イミダゾール系の大きな特徴であり、試験でも頻出です。

「皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり」は、冒頭に述べた作用①に該当します。「細胞膜の透過性を変化させることにより」は、作用②に該当します。

「副作用としてかぶれ、腫れ、刺激感等が現れることがある。あるイミダゾール系成分が配合されたみずむし薬でかぶれたことがある人は、他のイミダゾール系成分が配合された製品も避けるべきである。」

⇒この内容については第5章で問われることがあります。


(参考資料)
・「エンペシドクリーム1%」インタビューフォーム