温経湯は、主に婦人用として使用される漢方薬です。

月経不順や更年期障害などの症状に用いられます。

構成生薬は以下の12種類です。(カンゾウを含みます)

麦門冬(バクモンドウ)、半夏(ハンゲ)、当帰( トウキ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、川きゅう(センキュウ)、人参(ニンジン)、牡丹皮(ボタンピ)、呉茱萸(ゴシュユ)、生姜(ショウキョウ)、阿膠(アキョウ)

登録販売者試験において、漢方薬の中では割と出題率は高めです。

出題の手引きの記載内容は以下のとおり

「体力中等度以下で、手足がほてり唇が乾くものの月経不順、月経困難、こしけ(おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手あれに適すとされるが、胃腸の弱い人では、不向きとされる。」

⇒キーワードとしては「手足がほてり、唇が乾くものの」「こしけ(おりもの)」が特徴的です。