めまい、慢性頭痛

釣藤散は、出題の手引きでは、鎮痛目的で使用される漢方薬として登場します。

主に、慢性頭痛やめまいの症状への漢方薬として知られています。特に「朝の頭痛」に適すると言われることがあります。
一般用医薬品では、小林製薬の「ズッキノン」に釣藤散がもちられています。



構成生薬は以下の11種類。

釣藤鈎(チョウトウコウ)、石膏(セッコウ)、茯苓(ブクリョウ)、半夏(ハンゲ)、防風(ボウフウ)、菊花(キッカ)、人参(ニンジン)、麦門冬(バクモンドウ)、陳皮(チンピ)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)

登録販売者試験では、時折出題されています。

「体力中等度で、慢性に経過する頭痛めまい、肩こりなどがあるものの慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるものに適すとされるが、消化器系の副作用(食欲不振、胃部不快感等)が現れやすい等の理由で、胃腸虚弱で冷え症の人には不向きとされる。」

⇒「慢性に経過する頭痛、めまい」がキーワードです。