どれも簡単。十分全問正答できる。

問1 
医薬品の本質に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 
a 医薬品が人体に及ぼす作用は、すべてが解明されている。

b 医薬品は、人の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人の身体の構造や機能に影響を及ぼすことを目的とする生命関連製品であり、その有用性が認められたものである。


c 医薬品は、効能効果、用法用量、副作用等の必要な情報が適切に伝達されることを通じて、購入者が適切に使用することにより、初めてその役割を十分に発揮するものである。

d 一般用医薬品の販売に従事する専門家は、常に医薬品に関する新しい情報の把握に努める必要がある。 

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 誤 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正

医薬品の本質に関する問題。
これはサービス問題。常識的にしっかり読み取ればよい。

a 誤り。「すべて」ではない。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4

問2  医薬品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 
a  少量の投与でも長期投与されれば慢性的な毒性が発現する場合もある。

b 医薬品の効果とリスクは、薬物暴露時間と暴露量との積で表現される用量-反応関係に基づいて評価される。

c 人体に対して使用されない医薬品である殺虫剤や検査薬は、人の健康に影響を与えることはない。 

    a b c 
1 正 正 正 
2 正 誤 正 
3 正 正 誤 
4 誤 正 誤 
5 誤 誤 正

医薬品に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。

正答・・・3

問3  健康食品に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 「特定保健用食品」は、特定の保健機能の表示(例えばキシリトールを含む食品に対して「虫歯の原因になりにくい食品です」など)が許可されている。

b 「機能性表示食品」は、疾病に罹患している者の身体構造や機能に影響する効果を表示するものである。

c 健康補助食品(いわゆるサプリメント)にはカプセル、錠剤等の医薬品と類似した形状で発売されているものも多く、誤った使用法により健康被害を生じた例も報告されている。
 
    a b c 
1 正 正 正 
2 正 誤 正 
3 正 誤 誤 
4 誤 誤 正
5 誤 正 誤

いわゆる「健康食品」に関する問題。

a 正しい。特定保健用食品(いわゆるトクホ)に関する内容。
b 誤り。これは常識的におかしいと判断できるはず。機能性表示食品は特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)が、既に疾患に罹患している方を対象にしていない。
c 正しい。

正答・・・2

問4  医薬品の副作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 一般用医薬品は、通常、その使用を中断することによる不利益よりも、重大な副作用を回避することが優先される。

b 複数の疾病を有する人の場合、ある疾病のために使用された医薬品の作用が、その疾病に対して薬効をもたらす一方、別の疾病に対しては症状を悪化させたり、治療が妨げられたりすることもある。

c 医薬品の副作用は、薬理作用によるものと、アレルギー(過敏反応)によるものに大別される。 

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 誤 誤

医薬品の副作用に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。

正答・・・1

問5  アレルギー(過敏反応)に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 基本的に薬理作用がない添加物は、アレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン) とはならない。

b 普段は医薬品にアレルギーを起こしたことがない人でも、病気等に対する抵抗力が低下している状態などの場合には、医薬品がアレルゲンになりやすくなり、思わぬアレル ギーを生じることがある。

c 内服薬だけでなく、外用薬でもアレルギーが引き起こされることがある。 

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 正
5 誤 正 誤

アレルギー(過敏反応)に関する問題。

a 誤り。良く出題されているポイント。添加物もアレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)となり得る。アレルゲンとなり得る添加物としては、黄色4号(タートラジン)、カゼイン、亜硫酸塩(亜硫酸ナトリウム、ピロ硫酸カリウム等)等が手引きに記載されている。
他に、点眼液に使用される防腐剤(添加物扱い)でのアレルギーも、販売現場では知っておきたい知識。
b 正しい。
c 正しい。

正答・・・4

問6  医薬品の不適正な使用と有害事象に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 小児に用いる場合、成人用の医薬品を半分にして飲ませれば、有害事象につながる危険性はない。

b 医薬品の販売等に従事する専門家は、必要以上の大量購入や頻回購入を試みる不審な購入者等には、慎重に対処する必要があり、積極的に事情を尋ねたり、状況によっては販売を差し控えるなどの対応を図ることが望ましい。

c 青少年は、薬物乱用の危険性に関する認識や理解が必ずしも十分でなく、好奇心から身近に入手できる薬物を興味本位で乱用することがあるので、注意が必要である。 

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 正
3 正 誤 誤
4 誤 正 正
5 誤 正 誤

医薬品の不適正な使用と有害事象に関する問題。

a 誤り。明らかにおかしい。そんな訳がない。
b 正しい。
c 正しい。

正答・・・4

問7  医薬品と他の医薬品や食品との相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 医療機関で治療を受けている場合、一般用医薬品を併用しても問題ないかどうかについては、治療を行っている医師又は歯科医師若しくは処方された医薬品を調剤する薬剤師に確認する必要がある。

b 相互作用を回避するには、ある医薬品を使用している期間やその前後を通じて、その医薬品との相互作用を生じるおそれのある医薬品や食品の摂取を控えなければならないのが通常である。

c かぜ薬と解熱鎮痛薬では、成分や作用が重複することはなく、これらの薬効群に属する医薬品の併用は問題ない。 

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 誤 正 正
4 誤 誤 正
5 正 誤 誤

医薬品と他の医薬品や食品との相互作用に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。他にも、総合感冒薬と鼻炎用内服薬では、抗ヒスタミン成分が重複する場合もある。
 
正答・・・2

問8  医薬品と他の医薬品や食品との相互作用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。 

a 外用薬と食品とは体内に吸収される経路が異なるので、食品の摂取によって外用薬の作用や代謝が影響を受けることはない。

b コーヒーとカフェインを含む医薬品とを一緒に服用すると、カフェインの過剰摂取となることがある。

c 相互作用は、医薬品が吸収、分布、代謝又は排泄される過程においてのみ起こる。 

    a b c
1 正 正 正
2 正 誤 誤
3 誤 正 正
4 誤 誤 正
5 誤 正 誤

医薬品と他の医薬品や食品との相互作用に関する問題。

a 誤り。手引きに具体例までは記載されていないが、影響を受けることがある。
b 正しい。常識的にわかるでしょう。
c 誤り。他に、医薬品が薬理作用をもたらす部位において起こるものがある。

正答・・・5

問9  小児等への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 
a 乳児向けの用法用量が設定されている一般用医薬品であっても、基本的には医師の診療を受けることが優先され、一般用医薬品による対処は最小限(夜間等、医師の診療を 受けることが困難な場合)にとどめるのが望ましい。

b 小児は、大人と比べて身体の大きさに対して腸が短く、服用した医薬品の吸収率が相対的に低い。

c 小児は、吸収されて循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しにくく、中枢神経系に影響を与える医薬品で副作用を起こしにくい。 

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 誤
4 誤 正 正
5 誤 誤 誤

小児等への医薬品の使用に関する問題。頻出のポイントばかり。

a 正しい。
b 誤り。小児は大人と比べて身体の大きさに対して腸が長く、服用した医薬品の吸収率が相対的に高い。
c 誤り。小児は血液脳関門が未発達であるため、循環血液中に移行した医薬品の成分が脳に達しやすく、中枢神経系への影響も大きい。
 
今回は出題されていないが、小児の年齢区分(乳児:1歳未満、幼児:7歳未満、小児:15歳未満)も必ず押さえておくように。

正答・・・3

問10  高齢者への医薬品の使用に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。
 
a 高齢者は、持病(基礎疾患)を抱えていることが多く、一般用医薬品の使用によって基礎疾患の症状が悪化する場合がある。

b 一般に高齢者は生理機能が衰えつつあるため、一般用医薬品を使用する際は、原則として定められた用量の範囲よりも少ない用量で使用しなければならない。

c 医薬品の使用上の注意においては、おおよその目安として65歳以上を「高齢者」と している。  

    a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 正
4 誤 正 正
5 誤 誤 誤

高齢者への医薬品の使用に関する問題。
bはひっかからないように注意。

a 正しい。
b 誤り。一見正しいそうな内容なので注意。手引きには
「生理機能が衰えている高齢者では、少ない用量から様子を見ながら使用するのが望ましいとされるが、一般用医薬品の用法用量は、使用する人の生理機能を含めて、ある程度の個人差は織り込んで設定されている。このため、一般用医薬品については、基本的には、定められた用量の範囲内で使用されることが望ましく、それ以下に量を減らしても十分な効果が得られなくなるだけで、必ずしもリスクの軽減にはつながらない。」と書かれている。
c 正しい。

正答・・・3