薏苡仁湯(ヨクイニントウ)は、関節痛・筋肉痛・神経痛に用いられる漢方薬です。
 
ヨクイニンと言えば、いぼ・肌荒れに用いられる「ヨクイニン」が市販薬としても有名です。
しかし、この「薏苡仁湯」に関しては、現在一般用医薬品として販売されているかは不明です。医療用医薬品としては数社より販売されていますが、防已黄耆湯に比べると存在感は低いでしょう。
  
構成生薬は以下の7種類。

薏苡仁(ヨクイニン)、麻黄、桂皮、蒼朮or白朮、当帰、芍薬、甘草

漢方薬名からわかる通り、ヨクイニンが主薬になります。

また、出題の手引きの記載内容は以下のとおりです。

「薏苡仁湯は体力中等度なものの関節や筋肉のはれや痛みがあるものの関節痛、筋肉痛、神経痛に適すとに適すとされ、・・(途中省略)悪心・嘔吐、胃部不快感等の副作用が現れやすい等の理由で、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人には不向きとされる。」