駆風解毒散・駆風解毒湯は、のどの痛み、はれ、扁桃炎に用いられる漢方薬です。

医療用医薬品としては販売されていない、市販薬ならではの漢方薬です。

 


出題の手引きの記載は以下のとおり

「駆風解毒散及び駆風解毒湯は体力に関わらず、喉が腫れて痛む扁桃炎、扁桃周囲炎に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、食欲不振、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。水又はぬるま湯に溶かしてうがいしながら少しずつゆっくり服用するのを特徴とし、駆風解毒湯のトローチ剤もある。」



「いずれも短期間の使用に限られるものでないが、5~6回服用しても症状の改善がみられない場合には、扁桃炎や扁桃周囲炎から細菌等の二次感染を生じている可能性もあるので(特に、高熱を伴う場合)、漫然と使用を継続せずにいったん使用を中止して、医師の診療を受けるなどの対応が必要である。」

→溶連菌感染の疑いを意識した注意点も書かれています。