H30 愛知県(東海・北陸地区共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問31-40)

問31(胃腸薬)は難しい。

問 31 胃腸に作用する薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 消化薬は、胃液の分泌亢進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐きけ等の症状を緩和することを目的とする医薬品である。

b 味覚や嗅覚に対する刺激作用による健胃成分として、乾燥酵母やカルニチン塩化物が配合されている場合がある。

c スクラルファートはアルミニウムを含む成分であるため、透析を受けている人では使用を避ける必要がある。

d 過剰な胃液の分泌を抑える作用を期待して、副交感神経の伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑えるロートエキスやピレンゼピン塩酸塩が配合されている場合がある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


胃腸に作用する薬に関する問題。
bは殆ど出題されたことがなく難しい。

a 誤り。これは制酸薬に関する内容。消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助ける医薬品である。
b 誤り。味覚や嗅覚に対する刺激以外の作用による健胃成分として、乾燥酵母やカルニチン塩化物が配合されている場合がある。 
c 正しい。スクラルファートは胃粘膜保護・修復成分。アルミニウムを含み「透析療法中の方は使用を避ける」は超頻出ポイントである。併せて同様にアルミニウムを含むアルジオキサについても合わせて憶えておきたい。

d 正しい。。ロートエキスは胃液分泌抑制成分であり、アセチルコリンの働きを抑える(抗コリン作用)。胃腸鎮痛鎮痙薬としても登場し、試験では頻出。ピレンゼピン塩酸塩も胃液分泌抑制成分に分類される。

正答・・・1


問 32 瀉下薬の配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 ヒマシ油は、小腸でリパーゼの働きによって生じる分解物が、小腸を刺激することで瀉下作用をもたらすとされる。

2 ピコスルファートナトリウムは、小腸で分解されて、小腸への刺激作用を示す。

3 カルメロースナトリウムは、腸管内で水分を吸収して腸内容物に浸透し、糞便のかさを増やすとともに糞便を柔らかくする。

4 マルツエキスは、主成分である麦芽糖が腸内細菌によって分解(発酵)して生じるガスによって便通を促すとされる。


瀉下薬(便秘薬)の配合成分に関する問題。
カルメロースナトリウムは膨潤性瀉下成分。過去問では殆ど見たことは無いが、知らなくても正答できる。

1 正しい。
2 誤り。ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸では分解されないが、大腸に生息する腸内細菌によって分解されて、大腸への刺激作用を示す。ビューラック・ソフトの主成分である

3 正しい。カルメロースナトリウムは膨潤性瀉下成分。
4 正しい。マルツエキスは乳幼児受けの便秘薬として知られる。

正答・・・2


問 33 胃腸鎮痛鎮痙薬の使用及び医療機関への受診勧奨に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 腎臓や尿路の病気が疑われる血尿を伴う側腹部の痛みは、胃腸鎮痛鎮痙薬の適用となる症状である。

b 原因不明の腹痛が30分以上続く場合は、医師の診療を受けるまでの当座の対処として、安易に胃腸鎮痛鎮痙けい 薬を使用することは好ましくない。

c 下痢に伴う腹痛については、基本的に下痢への対処が優先され、胃腸鎮痛鎮痙薬の適用となる症状でない。

d 小児では、内臓に異常がないにもかかわらず、へその周りに激しい痛み(ときに吐きけを伴う)が繰り返し現れることがあり(反復性臍疝痛)、数時間以内に自然寛解する場合が多いが、長時間頻回に腹痛を訴えるような場合には、医療機関に連れて行くなどの対応が必要である。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


胃腸鎮痛鎮痙薬の使用及び医療機関への受診勧奨に関する問題。

a 誤り。腎臓や尿路の病気が疑われ、胃腸鎮痛鎮痙薬を使用することは適当ではない。 
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・5


問 34 浣腸薬及びその配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 浣腸薬は、便秘の場合に排便を促すことを目的として、直腸内に適用される医薬品であり、剤形には、注入剤(肛門から薬液を注入するもの)のほか、坐剤となっているものもある。

2 注入する薬液は人肌程度に温めておくと、不快感を生じることが少ない。

3 浸透圧の差によって腸管壁から水分を取り込んで直腸粘膜を刺激し、排便を促す効果を期待して、ビサコジルが用いられる。

4 肛門や直腸の粘膜に損傷があり出血しているときに、グリセリンが配合された浣腸薬が使用されると、グリセリンが傷口から血管内に入って、赤血球の破壊(溶血)を引き起こすおそれがある。 


浣腸薬及びその配合成分に関する問題。

1 正しい。浣腸薬の剤形としては注入剤の他に、坐剤タイプもある。例えば、炭酸水素ナトリウム成分の新レシカルボン坐剤があり、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する。
2 正しい。
3 誤り。ビサコジルは大腸刺激性瀉下成分に分類され、特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促すとされる。
4 正しい。グリセリンは、いわゆる「イチジク浣腸」等の代表的な浣腸薬成分。正しい内容である。
↓アマゾンサイト


正答・・・3


問 35 駆虫薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 一般用医薬品の駆虫薬が対象とする寄生虫は、回虫と蟯虫である。

b 駆除した虫体や腸管内に残留する駆虫成分の排出を促すため、瀉下薬であるヒマシ油が併用される。

c サントニンは、アセチルコリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

d パモ酸ピルビニウムは、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされる。また、赤~赤褐色の成分で、尿や糞便が赤く着色することがある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


現在殆ど販売機会はない駆虫薬に関する問題。
現在も販売されている駆虫薬は殆どないが、パモ酸ピルビニウム(商品名:パモキサン)は今でも販売されているので、時間がない受験生も最低限押さえておきたい成分である。
また、 ヒマシ油と駆虫薬の併用を避ける内容は度々出題されている。

a 正しい。
b 誤り。駆虫薬とヒマシ油の併用回避については試験で頻出。
c 誤り。サントニンは回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させる。(現在市販薬としての存在は不明)
d 正しい。パモ酸ピルビニウムは現在でも市販されている駆虫薬(商品名:パモキサン)で、蟯虫の呼吸や栄養分の代謝を抑えて殺虫作用を示すとされる。
↓アマゾンサイト
 

正答・・・2


問 36 強心薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬である。

b センソは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬である。

c ジャコウは、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬である。

d ロクジョウは、ヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬である。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


強心薬に関する問題。具体的な製品として「救心」や「六神丸」に関するものである。

a 正しい。ゴオウ(牛黄)に関する内容。
b 誤り。センソ(蟾酥)はヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬。微量で強い強心作用を示し、一般用医薬品では「1日用量5mg 以下」に用法用量が設定されている。
c 正しい。ジャコウ(麝香)に関する内容。
d 誤り。ロクジョウ(鹿茸)は、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカののまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬。

正答・・・1


問 37 コレステロールに関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a コレステロールは、胆汁酸や副腎皮質ホルモン等の生理活性物質の産生に重要な物質であり、コレステロールの産生及び代謝は、主として腎臓で行われる。

b コレステロールは水に溶けにくい物質であるため、血液中では血漿タンパク質と結合したリポタンパク質となって存在する。

c 血液中のリポタンパク質のうち、低密度リポタンパク質(LDL)が少なく、高密度リポタンパク質(HDL)が多いと、心臓病や肥満、動脈硬化症等の生活習慣病につながる危険性が高くなる。

d 脂質異常症とは、低密度リポタンパク質(LDL)が140㎎/dL以上、高密度リポタンパク質(HDL)が40㎎/dL未満、中性脂肪が150㎎/dL以上のすべてを満たす状態をいう。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 誤


コレステロールに関する問題。
市販薬としては殆ど存在感はないが毎年のように出題されている分野である。

a 誤り。×腎臓→〇肝臓
b 正しい。
c 誤り。低密度リポタンパク質(LDL)と高密度リポタンパク質(HDL)が逆になっている。LDLがいわゆる悪玉コレステロールである。
d 誤り。×すべてを満たす⇒いずれかである。健康診断を受けたことがあれば判断は難しくないはず。

正答・・・5


問 38 貧血用薬の配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 骨髄での造血機能を高める目的で、硫酸コバルトが配合されている場合がある。

2 補充した鉄分を利用してヘモグロビンが産生されるのを助ける目的で、硫酸銅が配合されている場合がある。

3 消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つ目的で、葉酸が配合されている場合がある。

4 エネルギー合成を促進する目的で、硫酸マンガンが配合されている場合がある。


 貧血用薬の配合成分に関する問題。毎年出題される分野ではないが、結構憶えることは多い。

1 正しい。
2 正しい。
3 誤り。×葉酸⇒〇ビタミンC(アスコルビン酸)。市販薬の鉄剤にも、一緒にビタミンCが配合されている製品もある。
4 正しい。
↓アマゾンサイト(鉄分+ビタミンC)


正答・・・3


問 39 痔の薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 内用痔疾用薬は、比較的緩和な抗炎症作用、血行改善作用を目的とする成分のほか、瀉下・ 整腸成分等が配合されたもので、外用痔疾用薬と併せて用いると効果的なものである。

b 外用痔疾用薬のうち坐剤は、成分が直腸粘膜から吸収されて循環血流中に入ることはない。

c リドカインが配合された注入軟膏は、皮膚や粘膜などの局所に適用されると、その周辺の知覚神経に作用して刺激の伝達を不可逆的に遮断する作用を示すが、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることがある。

d ステロイド性抗炎症成分が配合された坐剤及び注入軟膏では、その含有量によらず長期連用を避ける必要がある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


痔の薬及びその配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。成分の一部が直腸粘膜から吸収されて循環血流中に入りやすく、全身的な影響を生じることがある。
c 誤り。局所麻酔成分のリドカインに関する内容。×不可逆的⇒〇可逆的。

d 正しい。

正答・・・2


問 40 外用痔疾用薬の配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 アミノ安息香酸エチルは、痔に伴う痛み・痒みを和らげることを目的として配合される。

2 メチルエフェドリン塩酸塩は、血管収縮作用による止血効果を期待して配合されるが、心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。

3 クロタミトンは、痔疾患に伴う局所の感染を防止することを目的として配合される。

4 タンニン酸は、粘膜表面に不溶性の膜を形成することによる、粘膜の保護・止血を目的として配合される。


外用痔疾用薬の配合成分に関する問題。

1 正しい。アミノ安息香酸エチルは局所麻酔成分。なお、アミノ安息香酸エチルの「メトヘモグロビン血症の恐れ」「6歳未満の小児への使用は避ける」は良く出題され、第5章でも頻出。
2 正しい。メチルエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動成分。気管支拡張成分として知られるが、痔の分野でも登場する。
3 誤り。クロタミトンは局所刺激成分で、温感刺激によって痒みを抑える。
4 正しい。

正答・・・3

(Visited 383 times, 1 visits today)