尿素(保湿剤)

市販薬では代表的保湿成分。角化症(かかと等の皮膚が硬くなる)の改善にも使用される。

尿素は、水分子との親和性が高いことで知られており、保湿剤として外用剤に用いられ、角質の水分保持能力を高めて、角質表面を滑らかにする効果があり、乾燥肌等に用いられます。

また、冬場の乾燥・冷えの影響や、履物の不具合等により、かかとの角質が硬くなることがあります。
これを角化症と呼びますが、このような場合も、尿素クリームが利用され、皮膚をやわらかくする効果が期待されます。

医療用、一般用ともに尿素濃度は10%と20%の製品がありますが、一般に濃度が高い方が効果も高いとされています。

商品名としては、興和の「ケラチナミン」ブランドが有名で、医療用・一般用ともに同じブランド名が使われています。

他にも、佐藤製薬のパスタロン、ロート製薬のメンソレータム皮フ軟化クリーム等、尿素配合製品は各社から多数販売されています。

 

(Visited 148 times, 1 visits today)

Follow me!