R5 関西広域連合 第2章 人体の働きと医薬品 (問71-80)

問71
内服薬の有効成分の吸収に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 内服薬のほとんどは、その有効成分が消化管の中でも主に大腸で吸収される。

b 消化管からの有効成分の吸収は、一般に、濃度の低い方から高い方へ能動的に取り込まれる現象である。

c 有効成分の吸収量や吸収速度は、消化管内容物や他の医薬品の作用によって影響を受ける。

d 全身作用を目的としない内服薬の中には、有効成分が消化管で吸収されて循環血液中に移行することで、好ましくない作用を生じるものもある。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 誤 正 正
3 誤 誤 誤 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 正 誤


内服薬の有効成分の吸収に関する問題

a 誤 「大腸」ではなく「小腸」である。
b 誤 一般に、消化管からの吸収は、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象である。
c 正 
d 正

正解・・・2


問72
薬の代謝、排泄に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 有効成分が体内で代謝を受けると、作用を失ったり、作用が現れたり、あるいは体外へ排泄されやすい水溶性の物質に変化する。

b 経口投与後、消化管で吸収された有効成分は、全身循環に入る前に門脈を経由して肝臓を通過するため、まず肝臓で代謝を受ける。

c 肝機能が低下した人では、正常な人に比べて全身循環に到達する有効成分の量が多くなり、効き目が過剰に現れることがある。

d 有効成分と血漿タンパク質との複合体は、腎臓で濾過されやすくなり、尿中へ速やかに排泄される。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


薬の代謝、排泄に関する問題

a 正
b 正 いわゆる肝初回通過効果 (first-pass effect) に関する内容である。
c 正
d 誤 複合体は腎臓で濾過されないため、有効成分が長く循環血液中に留まることとなり、作用が持続する原因となる。



正解・・・1


問73
内服用医薬品の剤形及びその一般的な特徴に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 錠剤は、飛散せずに服用できる点や、有効成分の苦味や刺激性を口中で感じることなく服用できる点が主な特徴である。

b 腸溶錠は、腸内での溶解を目的として錠剤表面をコーティングしているため、水とともに服用してはならない。

c 経口液剤は、有効成分の血中濃度が上昇しやすいため、習慣性や依存性がある成分が配合されている場合、不適正な使用がなされることがある。

d カプセル剤は、カプセル内に散剤や顆粒剤、液剤等を充填した剤形であり、水なしで服用してもよい。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 誤 誤 誤 誤


内服用医薬品の剤形及びその一般的な特徴に関する問題

a 正 
b 誤 腸溶錠は、腸内での溶解を目的として錠剤表面をコーティングされているため、口の中で噛み砕いて服用してはならない(腸溶性が損なわれる)。適切な量の水(又はぬるま湯)とともに飲み込む。
c 正
d 誤 後半部分が誤り。水なしで服用すると(カプセルの原材料の)ゼラチンが喉や食道に貼り付くことがあるため、必ず適切な量の水とともに服用する。

正解・・・2


問74
外用薬の剤形及びその一般的な特徴に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 軟膏剤は、油性基剤に水分を加えたもので、患部を水で洗い流したい場合に用いる。

b クリーム剤は、油性の基剤で皮膚への刺激が弱く、適用部位を水から遮断したい場合に用いる。

c 外用液剤は、軟膏剤やクリーム剤に比べて、適用部位が乾きにくいという特徴がある。

d 貼付剤は、適用部位に有効成分が一定時間留まるため、薬効の持続が期待できる。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


外用薬の剤形及びその一般的な特徴に関する問題

a 誤 これは「クリーム剤」に関する記述である。軟膏とクリーム剤の違いを参照を
b 誤 これは「軟膏剤」に関する記述である。
c 誤 外用液剤では、軟膏剤やクリーム剤に比べて、患部が乾きやすいという特徴がある。
d 正

正解・・・4


問75
全身的に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a ショック(アナフィラキシー)は、発症後の進行が非常に速やかな(通常、2時間以内に急変する。)ことが特徴である。

b 医薬品により生じる肝機能障害は、有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因の中毒性のものに限定される。

c 偽アルドステロン症は、体内にカリウムが貯留し、ナトリウムと水が失われることによって生じる病態である。

d ステロイド性抗炎症薬や抗癌薬などの使用は、易感染性をもたらすことがある。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 正 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 誤 正


全身的に現れる医薬品の副作用に関する問題
今回は出題されていないが、重篤な副作用皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)及び中毒性表皮壊死融解症(TEN)の違いもしっかり押さえておく。

a 正  ショック(アナフィラキシー)は生体異物に対する即時型のアレルギー反応の一種である。
b 誤 医薬品により生じる肝機能障害は、中毒性のものとアレルギー性のものに大別される。
c 誤 偽アルドステロン症は、体内に塩分(ナトリウム)と水が貯留し、体からカリウムが失われることによって生じる病態である。
d 正

正解・・・4


問76
精神神経系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 医薬品の副作用として現れる精神神経症状は、医薬品の大量服用や長期連用、乳幼児への適用外の使用等の不適正な使用がなされた場合に限って発生する。

b 眠気を催すことが知られている医薬品を使用した後は、乗物や危険な機械類の運転操作に従事しないよう十分注意することが必要である。

c 医薬品の副作用による無菌性髄膜炎では、早期に原因医薬品の使用を中止した場合でも、予後不良となることがほとんどである。

d 医薬品の副作用による無菌性髄膜炎は、過去に軽度の症状を経験した人の場合、再度、同じ医薬品を使用することにより再発し、急激に症状が進行する場合がある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 誤 正 誤 正
3 誤 誤 誤 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 正 誤


精神神経系に現れる医薬品の副作用に関する問題
無菌性髄膜炎は髄膜炎のうち、髄液に細菌・真菌が検出されないものをいう。大部分はウイルスが原因と考えられている。主な症状は、急性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐きけ・嘔吐、意識混濁等。

a 誤 通常の用法・用量でも発生することがある。
b 正
c 誤 早期に原因医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は比較的良好であることがほとんどである。
d 正 再度、同じ医薬品を使用することにより再発し、急激に症状が進行する場合がある。

正解・・・2


問77
消化器系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 消化性潰瘍とは、胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されているが、粘膜組織の欠損は粘膜筋板を超えない状態をいう。

b 医薬品の副作用による消化性潰瘍は、必ず自覚症状があり、胃のもたれ、食欲低下、胸やけ、吐きけ、胃痛、空腹時にみぞおちが痛くなる、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。

c イレウス様症状が悪化すると、腸内細菌の異常増殖によって全身状態の衰弱が急激に進行する可能性がある。

d イレウス様症状は、下痢治癒後の便秘を放置すると、症状を悪化させてしまうことがある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 誤 正


消化器系に現れる医薬品の副作用に関する問題
イレウスとは腸内容物の通過が阻害された状態をいう。

a 誤 消化性潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されて、粘膜組織の一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態である。
b 誤 自覚症状が乏しい場合もあり、貧血症状(動悸や息切れ等)の検査時や突然の吐血・下血によって発見されることもある
c 正 
d 正

正解・・・3


問78
呼吸器系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 間質性肺炎は、気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じたものである。

b 医薬品の副作用による間質性肺炎は、一般的に、医薬品の使用開始から数か月後に発症することが多い。

c 医薬品の副作用による間質性肺炎は、かぜや気管支炎の症状と明らかに異なるため、区別がつきやすい。

d 医薬品の副作用による喘息の症状は、時間とともに悪化し、顔面の紅潮や目の充血、吐きけ、腹痛、下痢等を伴うこともある。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


呼吸器系に現れる医薬品の副作用に関する問題
間質性肺炎は肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こした状態。
発症すると、肺胞と毛細血管の間のガス交換効率が低下して、体内は低酸素状態となる。そのため、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳、発熱等の症状を呈する。

a 誤 (通常の肺炎が気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じたものだが)間質性肺炎は肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こしたものである。
b 誤 一般的に、医薬品の使用開始から1~2週間程度(×数か月後)で起きることが多い。
c 誤 かぜや気管支炎の症状と区別が難しいこともある。
d 正 あまり問われていない内容だが、正しい記述である。

正解・・・4


問79
循環器系に現れる医薬品の副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a うっ血性心不全とは、心筋の自動性や興奮伝導の異常が原因で心臓の拍動リズムが乱れる病態である。

b 不整脈の種類によっては失神(意識消失)することもあり、その場合には自動体外式除細動器(AED)の使用を考慮するとともに、直ちに救急救命処置が可能な医療機関を受診する必要がある。

c 医薬品の副作用としての不整脈は、代謝機能の低下によってその発症リスクが高まることがあるので、腎機能や肝機能の低下、併用薬との相互作用等に留意するべきである。

d 高血圧や心臓病等、循環器系疾患の診断を受けている人は、心臓や血管に悪影響を及ぼす可能性が高い医薬品を使用してはならない。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


循環器系に現れる医薬品の副作用に関する問題

a 誤 これは「心不全」ではなく「不整脈」に関する記述である。
b 正
c 正 あまり問われていない内容だが、正しい記述である。
d 正

正解・・・3


問80
感覚器系に現れる医薬品の副作用に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a コリン作動成分が配合された医薬品によって、眼圧が上昇することがある。

b 眼圧の上昇に伴って、頭痛や吐きけ・嘔吐等の症状が現れることもある。

c 高眼圧を長時間放置すると、視神経が損傷して視野欠損といった視覚障害に至るおそれがあるが、この症状は可逆的である。

d 瞳の拡大(散瞳)を生じる可能性のある成分が配合された医薬品を使用した後は、乗物や機械類の運転操作を避けなければならない。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


感覚器系に現れる医薬品の副作用に関する問題

a 誤「コリン作動成分」ではなく、「抗コリン作用がある成分」である。
b 正 
c 誤 後半部分が誤り。視神経が損傷して不可逆的(×可逆的)な視覚障害(視野欠損や失明)に至るおそれがある。
d 正

正解・・・4

(Visited 55 times, 1 visits today)

Follow me!