デヒドロコール酸(胆汁分泌作用・利胆剤)

デヒドロコール酸は、1881 年コール酸の酸化により合成された化合物で、胆汁分泌促進作用(利胆作用)を持つとされ、消化を助ける効果を期待して用いられる。医療用では「注射剤」として販売されています。


一般用医薬品としては、「イスロ錠」という商品があります。
デヒドロコール酸と、胆汁末、センブリ末との配合剤になっており、消化を助け、胃腸薬としての働きもあるようです。

5歳以上から服用できる商品ですが、「食べすぎ・飲みすぎ・むかつきに」のタイトルがあるように、お酒を飲む機会が多い中年男性がターゲット層なのでしょうか?

登録販売者試験では、たまに出題されているようです。

 

(Visited 132 times, 1 visits today)

Follow me!