フェニトロチオン(MEP・有機リン系殺虫成分)

フェニトロチオン(MEP)は有機リン系殺虫成分です。
日本の代表的なケミカルメーカー「住友化学」が開発した殺虫成分で、農薬ブランド「スミチオン」に含まれています。大変有名な農薬で、農業に携わっている人はまず知らない人はいないでしょう。


また農家向け以外にも、ホームセンターでも、家庭菜園向けのフェニトロチオン(MEP)含有の農薬を購入することも可能です。

登録販売者試験では、同類のジクロルボスと基本的に同じで、特にアセチルコリンエステラーゼと不可逆的に結合することがポイントになります。手引きの記載内容は以下のとおりです。

「殺虫作用は、アセチルコリンを分解する酵素(アセチルコリンエステラーゼ)と不可逆的に結合してその働きを阻害することによる。これらの殺虫成分は、ほ乳類や鳥類では速やかに分解されて排泄されるため毒性は比較的低い。ただし、高濃度又は多量に曝露した場合には、神経の異常な興奮が起こり、縮瞳、呼吸困難、筋肉麻痺等の症状が現れるおそれがある。」

(Visited 24 times, 1 visits today)

Follow me!