身体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含む食品
個別に有効性・安全性の審査を受け、内閣総理大臣消費者庁の許可が必要

(「出題の手引き」平成28年3月改訂版(正誤表反映版)より、トクホの許可承認を行うのが「消費者庁長官→内閣総理大臣」になっています。マークの「消費者庁許可」はそのまま)
トクホマーク毎日テレビCMで、その呼称を聞かない日はないぐらい宣伝に登場していますので、一般の方も名前ぐらいは大抵知っているでしょう。

ごく簡単にいうと、「体脂肪を消費しやすくします」、「腸内環境を良好にし、おなかの調子を整えます」といった、医薬品に近い、保健的働きを表示できる食品です。

 この、特定保健用食品の制度は1991年から始まりました。その後、毎年数件許可された商品が誕生していましたが、98年には、あのヤクルトもトクホの許可を取得しています。
 
しかし、なかなか「トクホ」の知名度は上がりませんでした。許可を取得するには、個別に有効性・安全性の審査を受ける必要があり、企業側にコスト面の障壁が大きかったようです。

審査は医薬品ほど厳しい内容ではありませんが、「血圧をさげる効果があるのか」「脂肪を減らす効果があるのか」等、ヒトによる臨床試験データを、製品ごと個別に作成し、消費者庁及び食品安全委員会の審査を経て、許可を受ける必要があります。
 
しかし、2003年に大きな変換点を迎えます。

この年、花王より発売された「ヘルニア緑茶」が、「エネルギーとして脂肪を消費しやすくする」のメッセージが受け大ヒットし、「トクホ」の知名度が大きく上がりました。

 その後、資金力のある大手食品飲料メーカーを中心に、さまざまな「トクホ」が登場します。とりあえず「トクホ」の言葉を知っている人もどんどん増えました。そして2012年には、許可された商品の累計が1000件を超えています。
 
知名度の高いものでは、「黒烏龍茶」、「伊右衛門・特茶」等の、体脂肪低減系、「グルコケア」等の血糖関連、「胡麻麦茶」等の血圧関連など、生活習慣病に関連した商品ばかりが目立っています。

ただ実際には、商品数・市場ともに整腸関連商品(オリゴ糖・乳酸菌等)の割合が過半数で一番高く、また、最近の「トクホ」市場規模は一進一退のようです。
(参考資料:公益財団法人 日本健康・栄養食品協会 2013年 特定保健用食品の市場規模調査 )
 
また、食品分類としては、整腸系飲料・お茶がメインでしたが、現在では缶コーヒー、ノンアルコールビールなど、あまり健康とは結びつきづらい商品カデゴリーにまで広がっています。


他に、登録販売者試験対策では、特別用途食品制度、保健機能食品制度との関連性を区別しておきましょう。

特定保健食品(トクホ)は、特別用途食品制度、保健機能食品制度の両制度に位置づけられています。

特別用途食品の制度の中にありながら、マークは異なっていることに注意してください。
また、保健機能食品の制度の中では、栄養機能食品と並んだ位置にあります。
 特別用途食品・保健機能食品分類と特定保健用食品の位置づけ

 

参考資料:公益財団法人 日本健康・栄養食品協会 『2013年度 特定保健用食品の市場規模調査結果』