R1 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第2章 人体の働きと医薬品(問31-40)

後半の副作用関連は難易度が高め

問31
医薬品の有効成分の吸収、代謝及び排泄に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 内服以外の用法で使用される医薬品には、適用部位から有効成分を吸収させて、全身作用を発揮させることを目的とするものがある。

b 血漿タンパク質と結合して複合体を形成している有効成分は、排泄の過程において腎臓で濾過されないため、長く循環血液中に留まることとなる。

c 医薬品の有効成分が代謝を受けると、作用を失ったり(不活性化)、作用が現れたり(代謝的活性化)、あるいは体外へ排泄されやすい脂溶性の物質に変化したりする。

d 一般に、消化管からの吸収は、医薬品成分の濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象ではなく、消化管が積極的に医薬品成分を取り込む現象である。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 誤 誤 正 誤


医薬品の有効成分の吸収、代謝及び排泄に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。体外に排出されやすいのは水溶性
d 誤り。消化管が積極的に医薬品成分を取り込むのではなく、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象である。

正答・・・2


問32
医薬品の剤形及び適切な使用方法に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 軟膏剤とクリーム剤は、有効成分が適用部位に留まりやすいという特徴があり、一般的には、適用部位を水から遮断したい場合にはクリーム剤を用いることが多い。

b チュアブル錠は、薬効を期待する部位が口の中や喉であるものが多く、飲み込まずに口の中で舐めて、徐々に溶かして使用する。

c カプセル剤は、水なしで服用するとカプセルの原材料であるゼラチンが喉や食道に貼り付くことがある。

d 外用液剤は、軟膏剤やクリーム剤に比べて、患部が乾きやすい。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、d) 5(c、d)


医薬品の剤形及び適切な使用方法に関する問題

a 誤り。前半部分は正しいが後半に誤り。水から遮断したい場合は軟膏が適する。軟膏とクリーム剤の違いを参照を
b 誤り。チュアブル錠は口腔内での薬効を期待したものではなく飲みやすさを追求したものである。口の中で舐めたり噛み砕いたりして服用する剤形で、水なしでも服用できる。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・5


問33
医薬品の副作用として現れる肝機能障害に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 医薬品の有効成分又はその代謝物の肝毒性による中毒性のものであり、アレルギー性のものはない。

b 軽度の肝機能障害の場合、自覚症状がなく、健康診断等の血液検査(肝機能検査値の悪化)で初めて判明することが多い。

c 黄疸は、ビリルビン(黄色色素)が血液中へ排出されず、胆汁中に滞留することにより生じる。

  a b c
1 誤 正 正
2 誤 誤 正
3 誤 正 誤
4 正 正 誤
5 正 誤 誤


ここから医薬品の副作用に関する問題が続く。
まずは肝機能障害に関する問題。

a 誤り。有効成分又はその代謝物の直接的肝毒性が原因で起きる中毒性のものと、有効成分に対する抗原抗体反応が原因で起きるアレルギー性のものに大別される。
b 正しい。
c 誤り。黄疸とは、ビリルビン(黄色色素)が胆汁中へ排出されず血液中に滞留することにより生じ、皮膚や白眼が黄色くなる病態。

正答・・・3


問34
医薬品の副作用として現れる偽アルドステロン症に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 偽アルドステロン症とは、アルドステロン分泌が増加していないにもかかわらず、体内にカリウムが貯留し、体から塩分(ナトリウム)と水が失われることによって生じる病態である。

b 主な症状には、手足の脱力、血圧上昇、筋肉痛、こむら返り、倦怠感、手足のしびれ等がある。

c 小柄な人や高齢者で生じやすい。

  a b c
1 誤 正 正
2 誤 誤 正
3 誤 正 誤
4 正 正 正
5 正 誤 誤


偽アルドステロン症に関する問題。関連するカンゾウ(甘草)も合わせて学習しておきたい。

a 誤り。ナトリウムとカリウムが逆。体内に塩分(ナトリウム)と水が貯留し、体からカリウムが失われることによって生じる病態
b 正しい。
c 正しい。

正答・・・1


問35
医薬品の副作用として現れる無菌性髄膜炎に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、関節リウマチ等の基礎疾患がある人では、発症リスクが高い。

b 多くの場合、発症は急性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐きけ・嘔吐、意識混濁等の症状が現れる。

c 原因となった医薬品の使用を早期に中止しても、回復は遅く、予後は不良となることがほとんどである。

d 過去に軽度の症状を経験した人の場合、再度、同じ医薬品を使用することにより再発し、急激に症状が進行する場合がある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 正 正 正
3 誤 誤 誤 正
4 誤 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


無菌性髄膜炎に関する問題
無菌性髄膜炎は髄膜炎のうち、髄液に細菌・真菌が検出されないものをいう。大部分はウイルスが原因と考えられている。主な症状は、急性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐きけ・嘔吐、意識混濁等。
なお、cの内容は昨年も出題されている。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。早期に原因医薬品の使用を中止すれば、速やかに回復し、予後は比較的良好であることがほとんどである。(重篤な中枢神経系の後遺症が残った例も報告されている)
d 正しい。

正答・・・5


問36
医薬品の副作用として現れる消化器系の症状等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 消化性潰瘍になると、消化管出血に伴って糞便が黒くなるなどの症状が現れる。

b 消化性潰瘍は、胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されるが、粘膜表面のみの欠損で粘膜筋板までは欠損していない状態である。

c 消化性潰瘍は、貧血症状(動悸や息切れ等)の検査時や突然の吐血・下血によって発見されることもある。

d 浣腸剤や坐剤の使用によって現れる一過性の症状に、肛門部の熱感等の刺激、異物の注入による不快感、排便直後の立ちくらみなどがある。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 誤 誤
3 誤 誤 正 誤
4 正 誤 正 正
5 正 正 正 正


医薬品の副作用として現れる消化器系の症状等に関する問題
bの内容は昨年は「正」の選択枝だったが、「誤」だと判断が難しかったでしょう。

a 正しい。OTC販売に携わる際にも是非押えておきたい知識。
b 誤り。手引きの記載は以下のとおり「医薬品の副作用により胃や十二指腸の粘膜組織が傷害されて、その一部が粘膜筋板を超えて欠損する状態である」
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4


問37
医薬品の副作用として現れる喘息に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 合併症を起こさない限り、原因となった医薬品の有効成分が体内から消失すれば症状は寛解する。

b 内服薬だけでなく、坐薬や外用薬でも誘発されることがある。

c 鼻水、咳及び呼吸困難等の症状を生じるが、顔面の紅潮や目の充血、吐きけ、腹痛、下痢等を伴うことはない。

  a b c
1 正 正 正
2 正 正 誤
3 正 誤 誤
4 誤 正 誤
5 誤 誤 正


医薬品の副作用として現れる喘息に関する問題
なかなか知識が中途半端だと判断に迷う

a 正しい。
b 正しい。アスピリン喘息に関連する記述だが、湿布にも喘息に関する注意が記載されている。

c 誤り。伴うことがある。

正答・・・2


問38
医薬品の副作用として現れる循環器系の症状等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 息切れ、疲れやすい、足のむくみ、急な体重の増加、咳とピンク色の痰などの症状を認めた場合は、鬱血性心不全の可能性を疑い、早期に医師の診療を受ける必要がある。

b 鬱血性心不全とは、全身が必要とする量の血液を心臓から送り出すことができなくなり、肺に血液が貯留して、種々の症状を示す疾患である。

c 不整脈とは、心筋の自動性や興奮伝導の異常が原因で心臓の拍動リズムが乱れる病態である。

d 心不全の既往がある人は、薬剤による心不全を起こしやすい。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 誤 誤
3 正 正 正 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正


医薬品の副作用として現れる循環器系の症状等に関する問題
あまり過去問で問われていた内容ではないので判断に迷ったでしょう

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・3


問39
医薬品の副作用として現れる皮膚の症状等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 光線過敏症の症状は、医薬品が触れた皮膚の部分だけでなく、全身へ広がって重篤化する場合がある。

b アレルギー性皮膚炎は、発症部位が医薬品の接触部位に限定される。

c 接触皮膚炎は、原因となった医薬品との接触がなくなれば、通常は1週間程度で症状は治まり、再びその医薬品と接触しても再発はしない。

d 光線過敏症が現れた場合は、原因と考えられる医薬品の使用を中止し、患部は洗浄せずそのままの状態で、白い生地や薄手の服で遮光し、速やかに医師の治療を受ける必要がある。

  a b c d
1 正 誤 誤 誤
2 正 誤 誤 正
3 正 正 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 正 正 正


医薬品の副作用として現れる皮膚の症状等に関する問題
dはあまり問われたことがない。

a 正しい。なお、光線過敏症の恐れのある成分としてケトプロフェンも合わせて押さえておきたい。
b 誤り。接触皮膚炎は、いわゆる「肌に合わない」という状態で、医薬品が触れた皮膚の部分にのみ生じ、正常な皮膚との境界がはっきりしているのが特徴。一方で、アレルギー性皮膚炎は発症部位は医薬品の接触部位に限定されない。
c 誤り。同じ医薬品が触れても発症するか否かはその人の体質によって異なる。
d 誤り。白い生地や薄手の服は紫外線を透過するおそれがあるので不可

正答・・・1


問40
薬疹に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a 皮膚以外に、眼の充血や口唇・口腔粘膜に異常が見られることもある。

b 限られた少数の医薬品でのみ起きる可能性があり、同じ医薬品でも生じる発疹の型は人によって様々である。

c 医薬品を使用した後に現れた発疹・発赤等に伴う痒みの症状に対して、一般の生活者が自己判断で対症療法を行うことは、原因の特定を困難にするおそれがあるため、避けるべきである。

d 医薬品を使用してから1~2週間までの間に起き、長期間使用してから生じることはない。

1(a、b) 2(a、c) 3(a、d) 4(b、d) 5(c、d)


薬疹に関する問題。
bの判断が難しいが、正しい選択肢は選びやすいので正答できるように。
なおる重篤な副作用皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)及び中毒性表皮壊死融解症(TEN)に関しては、今回出題されていない。

a 正しい。
b 誤り。あらゆる医薬品で起きる可能性がある。
c 正しい。
d 誤り。薬疹は医薬品の使用後1~2週間で起きることが多いが、長期使用後に現れることもある。 

正答・・・2

(Visited 938 times, 6 visits today)

Follow me!