R2 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問31-40)

問34(腸の不調)は迷う

問31
胃腸に作用する薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 消化薬は、炭水化物、脂質、タンパク質等の分解に働く酵素を補う等により、胃や腸の内容物の消化を助けることを目的とする医薬品である。

b 制酸作用を目的とする成分と健胃作用を目的とする成分は、同時に配合されることはない。

c 整腸薬には、医薬部外品として製造販売されている製品はない。

d 制酸成分を主体とする胃腸薬については、酸度の高い食品と一緒に使用すると胃酸に対する中和作用が低下することが考えられるため、炭酸飲料等での服用は適当でない。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


胃腸に作用する薬に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。例えば太田胃散🄬は、制酸成分と権威成分が同時に配合されている。

c 誤り。指定医薬部外品で確認を。
d 正しい。常識的にわかるでしょう。

正答・・・4


問32
健胃薬に配合される生薬成分及び胃の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a オウバクは、ミカン科のキハダ又はフェロデンドロン・キネンセの周皮を除いた樹皮を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。

b センブリは、リンドウ科のセンブリの開花期の全草を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。

c 安中散は、体力中等度以下で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、げっぷ、食欲不振、吐きけなどを伴うものの神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱に適するとされる。

d 六君子湯は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


胃に関する生薬及び漢方処方製剤に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。関連記事:センブリ
c 正しい。安中散に関する内容。「体力中等度以下」「神経性胃炎」辺りがキーワード。なお、CMで有名な大正漢方胃腸薬は安中散と芍薬甘草湯の合剤である。
d 正しい。関連記事:六君子湯

正答・・・5


問33
腸の薬の配合成分とその成分を配合する目的との関係の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

(配合成分) (配合目的)
a ピコスルファートナトリウム - 小腸を刺激して排便を促す。
b オウレン - 腸粘膜を保護する。
c 炭酸カルシウム - 抗菌作用により下痢の症状を鎮める。
d ビフィズス菌 - 腸内細菌のバランスを整える。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


腸の薬の配合成分に関する問題。
b,cは細かい知識で迷うが、判断しやすいa,dがわかれば正答できる。

a 誤り。×小腸→〇大腸。ピコスルファートナトリウムは大腸刺激性成分。

b 正しい。
c 誤り。腸の薬としては、炭酸カルシウムは吸着成分。
d 正しい。ビフィズス菌は整腸成分。これは簡単でしょう。

正答・・・3


問34
第1欄の記述は、腸の不調を改善する目的で用いられ、構成生薬としてカンゾウを含む漢方処方製剤に関するものである。該当する漢方処方製剤は第2欄のどれか。

第1欄
体力に関わらず広く応用され、便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常発酵、痔などの症状の緩和に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、本剤を使用している間は、他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。

第2欄
1 大黄甘草湯
2 桂枝加芍薬湯
3 七物降下湯
4 白虎加人参湯
5 平胃散


腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する問題。これは学習量が多い受験生ほど迷ったかもしれない。

「腸の不調を改善する目的」と書かれていると、いわゆる便秘薬(瀉下薬)と素直に選びにくいが、第1欄の最後「他の瀉下薬の使用を避ける必要がある。」から、まず便秘薬(瀉下薬)だろうと判断できれば、あとは容易に大黄甘草湯が選べる。

但し、色々学習している受験生ほど、「湿疹」や「ふきでもの(にきび)」などから、迷ったかもしれない。
↓タケダ漢方便秘薬(大黄甘草湯)のパッケージ
  

正答・・・1


問35
胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 抗コリン成分であるメチルベナクチジウム臭化物の副交感神経系の働きを抑える作用は消化管に限定されないため、散瞳による目のかすみや異常な眩しさ、顔のほてり、頭痛、眠気、口渇、便秘、排尿困難等の副作用が現れることがある。

2 パパベリン塩酸塩は、消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すが、抗コリン成分と異なり、眼圧を上昇させる作用がないため、緑内障の症状の悪化を招くおそれはない。

3 鎮痛鎮痙作用を期待して、エンゴサク(ケシ科のエンゴサクの塊茎)、シャクヤクが配合されている場合がある。

4 消化管の粘膜及び平滑筋に対する麻酔作用による鎮痛鎮痙の効果を期待して、アミノ安息香酸エチルが配合されている場合がある。


胃腸鎮痛鎮痙薬に配合される成分に関する問題。

1 正しい。メチルベナクチジウム臭化物はマイナーな成分。恐らく現在市販薬として配合されている製品はない。抗コリン成分であり、副作用はブチルスコポラミン臭化物と同様と読み取ればよい。
2 誤り。パパベリン塩酸塩は抗コリン成分と異なり自律神経系を介した作用ではないが、眼圧を上昇させる作用を示すことが知られている。
3 正しい。
4 正しい。アミノ安息香酸エチルは局所麻酔成分。

正答・・・2


問36
強心薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 一般に、強心薬を5~6日間使用して症状の改善がみられない場合には、心臓以外の要因、例えば、呼吸器疾患、貧血、高血圧症、甲状腺機能の異常等のほか、精神神経系の疾患も考えられる。

b 強心薬には、心筋を弛緩させる成分が主体として配合されている。

c センソは、有効域が比較的狭い成分であり、1日用量中センソ5mgを超えて含有する医薬品は劇薬に指定されている。

d ジャコウは、強心薬のほか、小児五疳薬にも配合されている場合がある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


強心薬に関する問題。具体的な製品として「救心」や「六神丸」に関するものである。

a 正しい。
b 誤り。強心薬は、心筋の収縮力を高めるとされる成分(強心成分)を主体に配合されている。
c 正しい。センソに関する内容。有効域が比較的狭い成分であり、一般用医薬品での「1日用量5mg 以下」については数字も押さえておく。
d 正しい。関連記事:ジャコウ(麝香)

正答・・・5


問37
浣腸薬に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 浣腸薬は、繰り返し使用しても直腸の感受性の低下(いわゆる慣れ)が生じないため効果が弱くなることはない。

b 便秘については、便秘になりやすい食生活等の生活習慣の改善が図られることが重要であり、浣腸薬の使用は一時的なものにとどめるべきである。

c グリセリンが配合された浣腸薬では、排便時に血圧低下を生じて、立ちくらみの症状が現れるとの報告があり、そうした症状は体力の衰えている高齢者や心臓に基礎疾患がある人で特に現れやすい。

d 坐剤を挿入した後は、すぐに排便を試みる必要がある。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


浣腸薬に関する問題。

a 誤り。繰り返し使用すると直腸の感受性の低下(いわゆる慣れ)が生じて効果が弱くなるため、連用しないこととされている。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。すぐに排便を試みると、坐剤が排出されて効果が十分得られず、便意が強まるまでしばらく我慢する。

正答・・・2


問38
高コレステロール改善薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 生活習慣の改善を図りつつ、しばらくの間(1~3か月)、高コレステロール改善薬の使用を続けてもなお、検査値に改善がみられない時には、遺伝的又は内分泌的要因も疑われるため、いったん使用を中止して医師の診療を受けるなどの対応が必要である。

b 大豆油不鹸化物(ソイステロール)には、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされる。

c ビタミンEは、コレステロールからの過酸化脂質の生成を抑えるほか、末梢血管における血行を促進する作用があるとされ、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として用いられる。

d 高コレステロール改善薬は、ウエスト周囲径(腹囲)を減少させるなどの痩身効果を目的とした医薬品である。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


高コレステロール改善薬及びその配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。関連記事:ビタミンE
d 誤り。

正答・・・4


問39
貧血症状及び貧血用薬(鉄製剤)に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 鉄分の摂取不足を生じると、初期段階からヘモグロビン量が減少するため、ただちに動悸、息切れ等の貧血の症状が現れる。

b 鉄欠乏性貧血を予防するため、貧血の症状がみられる以前から継続的に鉄製剤を使用することが適当である。

c 鉄製剤を服用すると便が黒くなることがある。これは使用の中止を要する副作用等の異常ではないが、服用前から便が黒い場合は貧血の原因として消化管内で出血している場合もあるため、服用前の便の状況との対比が必要である。

d 鉄製剤の主な副作用として、悪心(吐きけ)、嘔吐、食欲不振、胃部不快感、腹痛、便秘、下痢等の胃腸障害が知られている。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


貧血用薬に関する問題。

a 誤り。鉄分の摂取不足を生じても、ただちに貧血の症状は現れない。しかし、持続的に鉄が欠乏するとヘモグロビンが減少して貧血症状が現れる。
b 誤り。予防的に貧血用薬(鉄製剤)を使用することは適当でない。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4


問40
循環器用薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ルチンは、ビタミン様物質の一種で、高血圧等における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられる。

b ヘプロニカートは、末梢の血液循環を改善する作用を示し、ビタミンEと組み合わせて用いられる場合が多い。

c 高血圧や心疾患に伴う諸症状を改善する一般用医薬品は、体質の改善又は症状の緩和を目的とするものではなく、高血圧や心疾患そのものの治療を目的とするものである。

d 三黄瀉心湯は、構成生薬としてダイオウが含まれていないので、瀉下薬の併用に留意する必要がない。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


循環器用薬に関する問題。細かい知識でやや面倒。
bの判断ができないと正答できない。

a 正しい。関連記事:ルチン
b 正しい。
c 誤り。
d 誤り。 三黄瀉心湯はダイオウ(大黄)が含まれている。

正答・・・1

(Visited 118 times, 1 visits today)

Follow me!