R2 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問41-50)

問44(ケイガイ)以外は、標準的な内容・知識

問41
痔及び痔疾用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 裂肛は、肛門に存在する細かい血管群が部分的に拡張し、肛門内にいぼ状の腫れが生じたもので、出血や痛みを生じる。

b 痔は、肛門部に過度の負担をかけることやストレス等により生じる生活習慣病である。

c 内用痔疾用薬には、止血効果を期待してカルバゾクロムが配合されている場合がある。

d 痔の悪化等により細菌感染が起きると、異なる種類の細菌の混合感染が起こり、膿瘍や痔瘻を生じ、その周囲の組織に重大なダメージをもたらすことがある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


痔及び痔疾用薬に関する問題。

a 誤り。これは裂肛(切れ痔)ではなく、いぼ痔に関する内容である。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・5


問42
第1欄の記述は、泌尿器用薬として用いられる漢方処方製剤に関するものである。該当する漢方処方製剤は第2欄のどれか。

第1欄
体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少し、むくみがあり、ときに口渇があるものの下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、痒み、排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人、のぼせが強く赤ら顔で体力の充実している人では、胃部不快感、腹痛、のぼせ、動悸等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

第2欄
1 牛車腎気丸
2 猪苓湯
3 当帰芍薬散
4 葛根湯加川芎辛夷
5 十味敗毒湯


泌尿器用薬に関する問題。

排尿困難・頻尿」や「下肢痛・腰痛」などの、いわゆる「腎虚」の症状から、牛車腎気丸とわかる。
なお、似たような「しばり表現」「効能」を持つ、牛車腎気丸と八味地黄丸の両方が選択肢に含まれていない為、難易度は高くない。もし両方が選択枝に入っている場合、試験テクニック的な鑑別ポイントとして「夜間尿」「尿漏れ」があると八味地黄丸になる。
また、CMでも良く見かけた「ハルンケア」=八味地黄丸=オシッコトラブル向け、と結び付けると記憶は定着しやすいかもしれない。
参考:令和元年の東京エリア(問83)も余裕があれば確認を。

正答・・・1


問43
婦人薬及び月経等に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 月経前症候群は、月経の約10~3日前に現れ、月経開始と共に消失する腹部膨満感、頭痛、乳房痛などの身体症状が現れるが、精神症状は現れない。

b 閉経の前後には、更年期(閉経周辺期)と呼ばれる移行的な時期があり、体内の女性ホルモンの量が大きく変動することがある。

c 月経周期は、種々のホルモンの複雑な相互作用によって調節されており、視床下部や下垂体で産生されるホルモンと、卵巣で産生される女性ホルモンが関与する。

d 人工的に合成された女性ホルモンの一種であるエチニルエストラジオールは、膣粘膜に適用されるものがあるが、この場合、女性ホルモン成分は、循環血液中に移行することはない。

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)


婦人薬及び月経等に関する問題。

a 誤り。月経前症候群では、身体症状と、感情の不安定、興奮、抑鬱などの精神症状も現れることがある。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。詳しくはエチニルエストラジオールで確認を。

正答・・・2


問44
鼻炎用内服薬に配合される成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a プソイドエフェドリン塩酸塩は、鼻粘膜の充血や腫れを和らげることを目的として配合されている場合がある。

b ジフェンヒドラミン塩酸塩等のジフェンヒドラミンを含む成分については、吸収されたジフェンヒドラミンの一部が乳汁に移行して乳児に昏睡を生じるおそれがあるため、母乳を与える女性は使用を避けるか、使用する場合には授乳を避ける必要がある。

c 排尿困難の症状がある人、緑内障の診断を受けた人では、クレマスチンフマル酸塩が配合された内服薬の服用により、症状の悪化を招くおそれがあるため、使用する前にその適否につき、治療を行っている医師又は処方薬の調剤を行った薬剤師に相談がなされるべきである。

d ケイガイは、シソ科のケイガイの花穂を基原とする生薬で、発汗、解熱、鎮痛等の作用を有するとされ、鼻閉への効果を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


鼻炎用内服薬に配合される成分に関する問題。
ケイガイの判断が正誤の分かれ目となる。

a 正しい。プソイドエフェドリン塩酸塩は超頻出のアドレナリン作動性成分。特に市販薬では、鼻づまりの症状緩和を期待して用いられいている。

b 正しい。ジフェンヒドラミン塩酸塩服用中の授乳回避はよく出題されています。
c 正しい。クレマスチンフマル酸塩は抗ヒスタミン薬。抗ヒスタミン薬の抗コリン作用(排尿困難や緑内障と関連)についてはリンク記事で確認を。
d 正しい。ケイガイ(荊芥)に関する内容。なお、蓄膿症や慢性鼻炎の効能も持つ荊芥連翹湯に主薬として含まれています。

正答・・・5


問45
鼻炎及び鼻に用いる薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a リドカイン塩酸塩は、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑えることを目的として配合されている場合がある。

b アレルギー性鼻炎は、鼻腔内に付着したウイルスや細菌が原因となって生じる鼻粘膜の炎症で、かぜの随伴症状として現れることが多い。

c 鼻粘膜が腫れてポリープ(鼻茸)となっている場合には、一般用医薬品を長期間使用することにより、回復が期待できるため、医療機関を受診する必要がない。

d かぜ症候群等に伴う鼻炎症状の場合、鼻炎が続くことで副鼻腔炎や中耳炎などにつながることがある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


鼻炎及び鼻に用いる薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。
c 誤り。常識的におかしいとわかるでしょう。
d 正しい。

正答・・・2


問46
眼科用薬に配合される成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a コンドロイチン硫酸ナトリウムは、結膜や角膜の乾燥を防ぐことを目的として用いられる。

b スルファメトキサゾールは、細菌に対して効果はないが、ウイルスや真菌の感染に対する効果はある。

c クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からのヒスタミン遊離を促進する作用を示す。

d プラノプロフェンは、炎症の原因となる物質の生成を抑える作用を示し、目の炎症を改善する効果を期待して用いられる。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


眼科用薬に配合される成分に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。スルファメトキサゾールはサルファ剤(抗菌成分)。すべての細菌に対して効果があるというわけではなく、ウイルスや真菌の感染に対する効果はない。
↓スルファメトキサゾール含有の目薬

c 誤り。 クロモグリク酸ナトリウムは、肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑える作用を示す。
d 正しい。プラノプロフェンは非ステロイド性抗炎症成分。
↓クロモグリク酸ナトリウム、プラノプロフェン含有の目薬


正答・・・4


問47
外皮用薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 非ステロイド性抗炎症成分であるインドメタシンは、殺菌作用があるため、皮膚感染症に用いられる。

b スプレー剤は、強い刺激を生じるおそれがあるため、目の周囲や粘膜(口唇等)への使用は避けることとされている。

c カプサイシンは、皮膚表面に冷感刺激を与え、軽い炎症を起こして反射的に血管を拡張させることで患部の血行を促す効果を期待して用いられる。

d 貼付剤は、同じ部位に連続して貼付すると、かぶれ等を生じやすくなる。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


外皮用薬及びその配合成分に関する問題。

a 誤り。インドメタシンは非ステロイド性抗炎症成分。筋肉痛、関節痛、打撲等の鎮痛を目的として用いられる。
b 正しい。
c 誤り。唐辛子由来のカプサイシンは温感刺激成分。皮膚に温感刺激を与え、末梢血管を拡張させて患部の血行を促す効果を期待して用いられる。いわゆる「温タイプ」の湿布に配合されている。
d 正しい。

正答・・・4


問48
みずむし・たむし等の治療及びその治療に用いる薬に関する記述のうち、正しいものはどれか。

1 シクロピロクスオラミンは、イミダゾール系抗真菌成分のひとつで、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。

2 湿疹か皮膚糸状菌による皮膚感染かはっきりしない場合、抗真菌成分が配合された一般用医薬品を使用することが望ましい。

3 一般的に、液剤は有効成分の浸透性が高く、皮膚が厚く角質化している部分に適している。

4 みずむしやたむしに対する基礎的なケアと併せて、みずむし・たむし用薬を2週間位使用しても症状が良くならない場合には、自己の判断により別の抗真菌成分が配合された一般用医薬品に切り換えて使用することが望ましい。


みずむし・たむし等の治療及び薬に関する問題。

1 誤り。 シクロピロクスオラミンはイミダゾール系ではない。イミダゾール系としてはクロトリマゾール、オキシコナゾール硝酸塩、ミコナゾール硝酸塩あたりを押さえておく。
2 誤り。
3 正しい。一方で、じゅくじゅくと湿潤している患部には、(刺激の少ない)軟膏又はクリームが適すとされる。
4 誤り。他のみずむし・たむし用薬に切り換えるようなことはせず、使用を中止して、医療機関(皮膚科)を受診する。

正答・・・3


問49
口内炎及び口内炎用薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 口内炎は、口腔粘膜に生じる炎症で、口腔の粘膜上皮に水疱や潰瘍ができて痛み、ときに口臭を伴う。

b 一般用医薬品の副作用として口内炎を生じることはない。

c 口内炎は、通常であれば1~2週間で自然寛解するが、一度に複数箇所に発生して食事に著しい支障を来すほどの状態であれば、医療機関を受診するなどの対応が必要である。

d 口腔粘膜の炎症を和らげることを目的として、グリチルレチン酸が配合されている場合がある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


口内炎及び口内炎用薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。一般用医薬品も副作用として口内炎等が現れることがある。
c 正しい。
d 正しい。グリチルレチン酸はカンゾウ由来の抗炎症成分です。

正答・・・2


問50
一般用医薬品の禁煙補助剤のうち咀嚼剤に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 菓子のガムのように噛むことで唾液が多く分泌され、ニコチンが唾液とともに飲み込まれてしまい、吐きけや腹痛等の副作用が現れやすくなるため、ゆっくりと断続的に噛むこととされている。

b コーヒーや炭酸飲料など口腔内を酸性にする食品を摂取した後、しばらくは使用を避けることとされている。

c 妊婦又は妊娠していると思われる女性であっても、使用を避ける必要はない。

d 喫煙を完全に止めたうえで使用することとされており、特に、使用中又は使用直後の喫煙は避ける必要がある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


禁煙補助剤(ニコチン置換療法)に関する問題。

a 正しい。「断続的に噛む」(≒ずっと噛み続けないということ)が気になるかもしれないが、手引きのとおりなのでOK。
b 正しい。酸性でOK。アルカリ性でひっかけの場合があるので注意。
c 誤り。妊娠中は使用を避ける。
d 正しい。使用中は喫煙を避ける必要がある。
↓アマゾンサイト


正答・・・5

(Visited 858 times, 1 visits today)

Follow me!