キーワードは「便秘するものの蕁麻疹、口内炎」。カンゾウを含まない。

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)は、登録販売者試験では、蕁麻疹や体の痒みの緩和等、「皮膚の症状」に用いられる漢方薬として登場します。また、口内炎への使用についても、割と出題されています(H27.東京)。



手引の記載内容は以下の通り

「体力中等度以上で口渇があり、尿量少なく、便秘するものの蕁麻疹口内炎皮膚の痒みに適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。」

また、構成生薬は少なく

インチンコウ(茵蔯蒿)、サンシシ(山梔子)、ダイオウ(大黄)の3種類です。

ダイオウ(大黄)を含んでおり、「便秘するものの蕁麻疹」とも結び付けやすいでしょう。
また、試験対策上の知識として、「カンゾウ」を含まない漢方薬として問われることがあります。

一般用医薬品としては、販売しているメーカーも少なく、(皮膚病に関する漢方は全般的にそうですが)販売する側も、相当知識・販売経験がないと売りずらい漢方薬かもしれまん。

なお、一般医薬品では対象外ですが、医療医薬品としては皮膚疾患意外に、肝機能の悪い方に使われる漢方薬として知られています。