R1 福岡県(九州・沖縄地区共通) 第2章 人体の働きと医薬品(問21-30)

過去問頻出のポイントばかりで対応しやすい

問21
小腸及び大腸に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 十二指腸で分泌される腸液に含まれる成分の働きによって、膵液中のペプシノーゲンがペプシンになる。

イ 炭水化物とタンパク質は、消化酵素の作用によってそれぞれ単糖類、アミノ酸に分解されて、小腸から吸収される。

ウ 大腸は盲腸、虫垂、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸からなる管状の臓器で、内壁粘膜に絨毛がある。

エ 大腸内には腸内細菌が多く存在し、それらの腸内細菌は、血液凝固や骨へのカルシウム定着に必要なビタミンKを産生している。

1(ア、イ) 2(ア、ウ) 3(イ、エ) 4(ウ、エ)


小腸及び大腸に関する問題。

ア 誤り。ペプシノーゲン胃酸により、タンパク質を消化する酵素であるペプシンとなり、胃酸とともに胃液として働く。
イ 正しい。
ウ 誤り。前半部分は正しいが、大腸は内壁粘膜に絨毛がない。一方で、小腸の内壁には輪状のひだがあり、その粘膜表面は絨毛に覆われてビロード状になっており、吸収効率を高めている。
エ 正しい。

正答・・・3


問22
胆嚢及び肝臓に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 胆嚢は、肝臓で産生された胆汁を濃縮して蓄える器官で、十二指腸に内容物が入ってくると収縮して腸管内に胆汁を送り込む。

イ 腸内に放出された胆汁酸塩の大部分は、小腸で再吸収されて肝臓に戻される。

ウ 肝臓は脂溶性ビタミンであるビタミンA、Dの貯蔵臓器であるが、水溶性ビタミンであるビタミンB6やB12の貯蔵臓器ではない。

エ 小腸で吸収されたブドウ糖は、血液によって肝臓に運ばれてグルコースとして蓄えられる。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 正


胆嚢及び肝臓に関する問題。

ア 正しい。
イ 正しい。
ウ 誤り。これは過去問頻出。知識がある受験生ほど「水溶性ビタミンも貯蔵されるの?」と迷うかもしれないが、手引きの記述通り。なお、ビタミンは第3章でも出題されるので、余裕があれば確認を(ビタミンAビタミンDビタミンB6ビタミンB12
エ 誤り。×グルコース→〇グリコーゲン

正答・・・1


問23
呼吸器系に関する以下の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 咽頭は鼻腔と口腔につながっており、気道に属するが消化管には属さない。

2 鼻腔の内壁から分泌される鼻汁には、リゾチームが含まれ、気道の防御機構の一つとなっている。

3 肺には筋組織があり、筋組織が拡張・収縮することで呼吸運動が行われる。

4 肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から酸素が肺胞気中に拡散し、代わりに二酸化炭素が血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。


呼吸器系に関する問題。

1 誤り。「咽頭」は消化管と気道の両方に属する点はよく出題される。なお、「喉頭(のどぼとけ)」とのひっかけに注意。
2 正しい。リゾチームは3章でも出題される抗炎症成分。
3 誤り。
4 誤り。酸素と二酸化炭素が逆になっている。中学理科レベルの知識だが、文章がややイメージしづらいので注意。

正答・・・2


問24
血液に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 血漿は90%以上が水分からなり、血液の浸透圧を保持する働きのあるアルブミンを含む。

2 血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や赤血球の量で決まり、血中脂質量はほとんど影響を与えない。

3 リンパ球は白血球の約60%を占め、感染が起きた組織に遊走して集まり、細菌やウイルスを食作用によって取り込んで分解する。

4 血小板は血管の損傷部位に粘着、凝集して傷口を覆い、このとき血小板から放出される酵素によって血液を凝固させる一連の反応が起こる。


血液に関する問題。
白血球に関しては白血球に関する出題ポイントも参照を。

1 正しい。
2 正しい。過去問頻出ポイント。血液の粘稠性は、主として血漿の水分量や赤血球の量で決まり、血中脂質量はほとんど影響を与えないとされている。
3 誤り。これは好中球に関する内容。リンパ球白血球の約1/3を占め、リンパ節、脾臓等のリンパ組織で増殖し、細菌、ウイルス等の異物を認識したり、それらに対する抗体を産生する。
4 正しい。

正答・・・3


問25
腎臓に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。なお、同じ記号の( )内には同じ字句が入ります。

腎臓に入る動脈は細かく枝分かれして、毛細血管が小さな球状になった( ア )を形成する。
( ア )の外側を袋状のボウマン嚢が包み込んでおり、これを( イ )という。ボウマン嚢から1本の尿細管が伸びて、( イ )と尿細管とで腎臓の基本的な機能単位である( ウ )を構成している。

  ア イ ウ
1 腎小体 ネフロン 糸球体
2 ネフロン 糸球体 腎小体
3 糸球体 腎小体 ネフロン
4 糸球体 ネフロン 腎小体
5 ネフロン 腎小体 糸球体


腎臓に関する問題。
今回は出題されていないが、副腎(副腎髄質、副腎皮質)も良く出題されるので学習を。

ア 糸球体
イ 腎小体
ウ ネフロン

正答・・・3


問26
目に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 網膜にある視細胞が光を感じる反応には、ビタミンEが不可欠であるため、ビタミンEが不足すると夜間視力の低下(夜盲症)を生じる。

イ 睡眠中は涙液分泌が多いため、滞留した老廃物に粘液や脂分が混じって眼脂(目やに)となる。

ウ 眼瞼(まぶた)は、素早くまばたき運動ができるよう、皮下組織が少なく薄くできているため、内出血や裂傷を生じやすい。

エ 目の充血は血管が拡張して赤く見える状態であるが、結膜の充血では白目の部分だけでなく眼瞼(まぶた)の裏側も赤くなる。

1(ア、イ) 2(ア、ウ) 3(イ、エ) 4(ウ、エ)


目に関する問題。

ア 誤り。×ビタミンE→〇ビタミンA。夜盲症ときたらビタミンA
イ 誤り。涙液分泌がほとんどない睡眠中に、滞留した老廃物に粘液や脂分が混じって眼脂(目やに)となる。
ウ 正しい。
エ 正しい。

正答・・・4


問27
内耳に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 聴覚器官である蝸牛と、平衡器官である前庭の2つの部分からなる。

イ 蝸牛は渦巻き形をした器官で、内部はリンパ液で満たされている。

ウ 前庭は、水平・垂直方向の加速度を感知する部分(耳石器官)と、体の回転や傾きを感知する部分(半規管)に分けられており、内部はリンパ液で満たされている。

エ 乗り物酔い(動揺病)は、乗り物に乗っているとき反復される加速度刺激や動揺によって、平衡感覚が混乱して生じる身体の変調である。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正


内耳に関する問題。

ア 正しい。
イ 正しい。前庭・蝸牛の内部はリンパ液で満たされており、リンパ液の動きが平衡感覚として感知される。
ウ 正しい。
エ 正しい。

耳の構造は憶えるポイントが多いので、図でイメージできるように。


正答・・・1


問28
鼻に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 鼻腔上部の粘膜にある特殊な神経細胞(嗅細胞)を、においの元となる物質の分子(におい分子)が刺激すると、その刺激が脳の嗅覚中枢へ伝えられる。

2 鼻腔は、薄い板状の軟骨と骨でできた鼻中隔によって左右に仕切られている。

3 鼻腔に隣接した目と目の間、額部分、頬の下、鼻腔の奥に空洞があり、それらを総称して副鼻腔というが、鼻腔とはつながっていない。

4 鼻中隔の前部は、毛細血管が豊富に分布していることに加えて粘膜が薄いため、傷つきやすく鼻出血を起こしやすい。


鼻に関する問題。

1 正しい。
2 正しい。
3 誤り。鼻腔と細い管でつながっている。
4 正しい。

正答・・・3


問29
外皮系に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 角質層は、細胞膜が丈夫な線維性のセラミド(リン脂質の一種)でできた板状の角質細胞と、タンパク質(ケラチン)を主成分とする細胞間脂質で構成されており、皮膚のバリア機能を担っている。

イ メラニン色素は、表皮の最下層にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生され、太陽光に含まれる紫外線から皮膚組織を防護する役割がある。

ウ 皮膚の色は、表皮や真皮に沈着したメラニン色素によるものであるが、毛の色についてはメラニン色素の量による影響を受けない。

エ 汗腺には、アポクリン腺とエクリン腺の二種類があり、アポクリン腺は手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布する。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 正


外皮系に関する問題。
皮膚は、表面から順に表皮、真皮、皮下組織の3層構造からなる。

ア 誤り。セラミド(リン脂質の一種)とタンパク質(ケラチン)が入れ替わっている。
イ 正しい。メラニン色素は、表皮の最下層にあるメラニン産生細胞(メラノサイト)で産生される。
ウ 誤り。メラニン色素の量によって毛の色が決まる。
エ 誤り。汗腺には、腋窩(わきのした)などの毛根部に分布するアポクリン腺(体臭腺)と、手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布するエクリン腺の二種類がある。

正答・・・4


問30
骨格系及び筋組織に関する次の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 骨の基本構造は、主部となる骨髄、骨髄表面を覆う骨膜、骨髄内部の骨質、骨の接合部にある関節軟骨の四組織からなる。

イ 骨には造血機能があり、骨髄で産生される造血幹細胞から赤血球、白血球、血小板が分化することにより、体内に供給する。

ウ 平滑筋は、筋線維を顕微鏡で観察すると横縞模様(横紋)が見えるので横紋筋とも呼ばれる。

エ 平滑筋は、消化管壁、血管壁、膀 胱等に分布し、比較的弱い力で持続的に収縮する特徴がある。

1(ア、イ) 2(ア、ウ) 3(イ、エ) 4(ウ、エ)


骨格系及び筋組織に関する問題。

ア 誤り。
イ 正しい。
ウ 誤り。×平滑筋→〇骨格筋
エ 正しい。

正答・・・3

(Visited 231 times, 1 visits today)

Follow me!