R1 関西広域連合 第2章 人体の働きと医薬品 (問61-70)

問61
小腸に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 小腸は、全長6~7mの臓器で3部分に分かれ、その部分は、回腸、十二指腸、空腸の順に長い。

b 炭水化物とタンパク質は、消化酵素によってそれぞれ二糖類、アミノ酸に分解されて吸収される。

c 小腸の運動によって、内容物が消化液と混和されながら、大腸へと送られ、その間に消化と栄養分の吸収が行われる。

d 脂質(トリグリセリド)は、消化酵素(リパーゼ)の作用によって分解を受ける。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 誤 正 正


小腸・大腸の長さに関する記事も参照を。

a 誤り。前半部分は正しい。小腸は十二指腸空腸回腸の3部分からなるが、十二指腸が一番短い。十二指腸に続く部分の、概ね上部40%が空腸、残り約60%が回腸であるが、明確な境目はない。
b 誤り。×二糖類→〇単糖類。消化酵素によって、炭水化物は単糖類(ブドウ糖、ガラクトース、果糖)まで分解される。タンパク質はアミノ酸まで分解される点は正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・5


問62
呼吸器系に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 咽頭は消化管と気道の両方に属する。

b 気道のうち、咽頭・喉頭までを上気道、気管から気管支までを中気道、肺を下気道という。

c 肺自体には肺を動かす筋組織がないため、横隔膜や肋間筋によって拡張・収縮して呼吸運動が行われている。

d 肺では、肺胞の壁を介して、心臓から送られてくる血液から二酸化炭素が肺胞気中に拡散し、代わりに酸素が血液中の赤血球に取り込まれるガス交換が行われる。

  a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


a 正しい。
b 誤り。まず、呼吸器系鼻腔、咽頭、喉頭、気管、気管支、肺からなる点を押さえておく。その中で、「鼻腔・咽頭・喉頭」までの部分を上気道「気管・気管支・肺」までの部分を下気道という。
c 正しい。良く出題されているポイント。肺自体には肺を動かす筋組織がなく、自力で膨らんだり縮んだりせず、横隔膜や肋間筋によって拡張・収縮している。
d 正しい。

正答・・・1


問63
循環器系に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 消化管では生体に悪影響を及ぼす物質が取り込まれることがあるため、吸収された物質は、代謝や解毒を受けた後に全身を循環する。

b 毛細血管の血管壁を通して酸素と栄養分が血液中から組織へ運び込まれ、それと交換に窒素や老廃物が血液中に取り込まれる。

c 心臓が収縮したときの血圧を最大血圧、弛緩したときの血圧を最小血圧という。

d 心臓の上部左右の心房には、血液を取り込む側と送り出す側にそれぞれ弁があり、拍動と協調して交互に開閉する。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


a 正しい。
b 誤り。×窒素→〇二酸化炭素
c 正しい。
d 誤り。×心房→〇心室。あまり問われているポイントではなく迷った方も多いでしょう。

正答・・・2


問64
血液に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a アルブミンは、血液の浸透圧を保持する働きがあるほか、ホルモンや医薬品の成分等と複合体を形成して、それらが血液によって運ばれるときに代謝や排泄を受けにくくする。

b ヘモグロビンは鉄分と結合した細胞で、肺胞の毛細血管で酸素分子と結合し、末梢組織の毛細血管で酸素分子を放出する性質がある。

c 免疫グロブリンは、免疫反応において、体内に侵入した細菌やウイルス等の異物を特異的に認識する抗体としての役割を担う。

d 好中球は白血球の約3分の1を占め、細菌やウイルス等の異物を認識したり、それらに対する抗体を産生する。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 誤 誤 正 正
5 正 誤 誤 正


白血球に関しては白血球に関する出題ポイントも参照を。

a 正しい。
b 誤り。ヘモグロビンは鉄分と結合したタンパク質(×細胞)である。
c 正しい。
d 誤り。これはリンパ球に関する内容。好中球白血球の約60%を占め、感染が起きた組織に遊走して集まり、細菌やウイルス等を食作用によって取り込んで分解する

正答・・・2


問65
腎臓に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 食品から摂取あるいは体内で生合成されたビタミンDは、腎臓で活性型ビタミンDに転換されて、骨の形成や維持の作用を発揮する。

b 心臓から拍出される血液の50~70%が腎臓に流れ込んでいる。

c 尿細管では水分と電解質のみが再吸収される。

d 腎臓には内分泌腺としての機能があり、骨髄における赤血球の産生を促進するホルモンを分泌する。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


a 正しい。
b 誤り。腎臓には、心臓から拍出される血液の1/5~1/4が流れている。
c 誤り。尿細管では、原尿中のブドウ糖やアミノ酸等の栄養分水分や電解質再吸収される。
d 正しい。

正答・・・3


問66
感覚器官に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 雪眼炎は、紫外線を含む光に長時間曝されることにより、網膜の上皮が損傷を起こした状態である。

b 眼精疲労は、眼筋の疲労や、毛様体の疲労、涙液の供給不足等により生じ、全身症状を伴わない生理的な目の疲れである。

c 鼻炎は、鼻腔の粘膜に炎症を起こして腫れた状態であり、鼻汁過多や鼻閉(鼻づまり)などの症状が生じる。

d 乗り物酔いは、蝸牛で感知する平衡感覚が混乱して生じる身体の変調である。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


a 誤り。×網膜→〇角膜
b 誤り。肩こり、頭痛等の全身症状を伴う場合を眼精疲労という。
c 正しい。
d 誤り。×蝸牛→〇前庭

正答・・・5


問67
皮膚又は皮膚の付属器とその機能の記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

[器 官] [機 能]
a 角質層   角質細胞と細胞間脂質で構成された表皮の最も外側にある層で、皮膚のバリア機能を担っている。

b アポクリン腺   全身に分布しており、体温が上がり始めると汗を分泌し、その蒸発時の気化熱を利用して体温を下げる。

c 立毛筋   気温や感情の変化などの刺激により収縮し、毛穴が隆起するいわゆる「鳥肌」を生じさせる。

d 皮膚の毛細血管   体温が下がり始めると、血管は弛緩し、放熱を抑えることにより体温を一定に保っている。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


a 正しい。
b 誤り。汗腺には、腋窩(わきのした)などの毛根部に分布するアポクリン腺(体臭腺)と、手のひらなど毛根がないところも含め全身に分布するエクリン腺の二種類がある。
c 正しい。
d 誤り。×弛緩→〇収縮

正答・・・2


問68
筋組織に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せを一つ選べ。

顕微鏡で観察すると横縞模様が見える( a )は、随意筋である。一方、( b )神経系に支配されている( c )は、血管壁や膀胱等に分布する意識的にコントロールできない筋で、比較的弱い力で持続的に収縮する特徴がある。

  a b c
1 骨格筋 自律 平滑筋
2 骨格筋 体性 心筋
3 平滑筋 自律 心筋
4 心筋 体性 骨格筋
5 心筋 自律 平滑筋


a 骨格筋
b 自律
c 平滑筋

正答・・・1


問69
中枢神経系に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 脳の血管は、末梢に比べて物質の透過に関する選択性が高く、タンパク質などの大分子やイオン化した物質は、血液中から脳の組織へ移行しにくい。

b 中枢神経系は、脳と脊髄から構成されており、人間の身体の個々の部位の動きを総合的に制御している。

c 脳の下部(視床下部)には、心臓中枢や呼吸中枢が存在する。

d 延髄は、ホルモン分泌の調節機能を担っている。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 誤 正 正


a 正しい。「血液脳関門」に関する内容である。
b 正しい。
c 誤り。脳の下部には、自律神経系、ホルモン分泌等の様々な調節機能を担っている部位(視床下部など)がある。
d 誤り。延髄には、心拍数を調節する心臓中枢、呼吸を調節する呼吸中枢等がある。

正答・・・1


問70
末梢神経系に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 末梢神経系は、体性神経系と自律神経系からなる。

b 全身に広く分布する汗腺を支配する交感神経線維の末端では、例外的にアセチルコリンが放出される。

c 交感神経系が活発になると、唾液分泌が亢進し、気管や気管支は収縮する。

d 副交感神経が働くと、瞳孔収縮、心拍数の減少、胃液分泌や腸運動の亢進等が起こる。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 正 正 正 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正


末梢神経系(自律神経、体性神経系)に関する内容。
自律神経系については、以下のイメージでその働きを憶える。
交感神経系=体が闘争や恐怖等の緊張状態に対応した態勢をとるように働く
副交感神経=体が食事や休憩等の安息状態となるように働く

a 正しい。末梢神経系は、随意運動、知覚等を担う体性神経系と、呼吸や血液循環等の生命や身体機能の維持のため無意識に働いている自律神経系に分類される。
b 正しい。
c 誤り。副交感神経系が優位になると、唾液分泌が亢進し、気管や気管支は収縮する。
d 正しい。

正答・・・1

(Visited 833 times, 1 visits today)

Follow me!