R1 関西広域連合 第2章 人体の働きと医薬品 (問71-80)

問71
内服薬の吸収に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 有効成分は主に小腸で吸収される。

b 有効成分の吸収量や吸収速度は、消化管内容物や、他の医薬品の作用による影響を受ける。

c 全身作用を現すには、一般に注射薬と比べある程度の時間が必要である。

d 消化管では、医薬品濃度の低い方から高い方へ能動的に吸収される。

  a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。消化管が積極的に医薬品成分を取り込むのではなく、濃度の高い方から低い方へ受動的に拡散していく現象である。

正答・・・2


問72
薬の代謝に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せを一つ選べ。

経口投与された医薬品の多くは、その有効成分が消化管の毛細血管から血液中に移行する。その後全身循環に入る前に、( a )を経由して、( b )に存在する酵素の働きで代謝を受ける。

  a b
1 下大静脈 肝臓
2 腸間膜静脈 膵臓
3 門脈 肝臓
4 腸間膜静脈 脾臓
5 門脈 膵臓


いわゆる肝初回通過効果 (first-pass effect) に関する内容である。

a 門脈
b 肝臓

正答・・・3


問73
口腔粘膜からの吸収によって効果を発揮する医薬品として用いられている成分について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a ニコチン
b アスピリン
c ニトログリセリン
d アセトアミノフェン

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


抗狭心症薬のニトログリセリン(舌下錠、スプレー)や禁煙補助薬のニコチン(咀嚼剤)のように、有効成分が口腔粘膜から吸収されて全身作用を現すものもある。

正答・・・2


問74
皮膚粘膜眼症候群(SJS)と中毒性表皮壊死融解症(TEN)に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 両疾患ともに、38℃以上の高熱を伴って、火傷様の水疱が生じる。

b 両疾患ともに、発生頻度は人口100万人当たり年間100人程度である。

c 中毒性表皮壊死融解症の多くは、皮膚粘膜眼症候群の進展型とみられる。

d 両疾患ともに、原因医薬品の使用開始後、1か月以上経たなければ発症しない。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


全身的に現れる副作用に関する問題。
 重篤な皮膚粘膜障害に関しては、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)と中毒性表皮壊死融解症(TEN)の微妙な違いはしっかり押さえておこう。

a 正しい。
b 誤り。手引きによると、皮膚粘膜眼症候群の発生頻度は人口100万人当たり年間1~6人、皮膚粘膜眼症候群は人口100万人当たり年間0.4~1.2人と報告されている。
c 正しい。
d 誤り。いずれも原因医薬品の使用開始後2週間以内に発症することが多いが、1ヶ月以上経ってから起こることもある。

正答・・・3


問75
アルドステロン及び偽アルドステロン症に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 偽アルドステロン症は、アルドステロンの分泌が増加していないにもかかわらず、体からカリウムが失われることによって生じる病態である。

b 偽アルドステロン症の疑いが生じたら、医薬品の販売等に従事する専門家は医薬品の使用者に対し、直ちに原因と考えられる医薬品の使用を中止し、速やかに医師の診療を受けるよう勧めることが重要である。

c 甘草湯のようなグリチルリチン酸を含む漢方処方製剤では、偽アルドステロン症の発症に注意するべきである。

d 副腎髄質からのアルドステロン分泌が増加すると、むくみや血圧上昇がみられる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


偽アルドステロン症に関する知識は当試験では頻出。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。甘草湯は、構成生薬がカンゾウのみからなる漢方処方製剤で、カンゾウ(甘草)の含有量が多く、偽アルドステロン症には注意が必要。但し、第3章かぜ薬の分野で登場するものの、実際に店頭でみかけることはまず無い。
d 誤り。×副腎髄質ホルモン→〇副腎皮質ホルモン。アルドステロンは、体内に塩分と水を貯留し、カリウムの排泄を促す作用がある。後半は正しく、アルドステロンの分泌が過剰になると、高血圧、むくみ(浮腫)、カリウム喪失などを生じる(アルドステロン症)。

正答・・・1


問76
精神神経系に現れる副作用のうち、無菌性髄膜炎に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 無菌性髄膜炎は、大部分はウイルスが原因と考えられているが、マイコプラズマ感染症やライム病、医薬品の副作用等によって生じることもある。

b 医薬品の副作用が原因の場合、全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、関節リウマチ等の基礎疾患がある人で発症リスクが高い。

c 多くの場合、発症は緩やかで、頭痛、めまい、浮動感、不安定感の症状が現れる。

d 過去に軽度の症状を経験した人の場合、再度、同じ医薬品を使用しても再発することはない。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


無菌性髄膜炎に関する問題
無菌性髄膜炎は髄膜炎のうち、髄液に細菌・真菌が検出されないものをいう。大部分はウイルスが原因と考えられている。主な症状は、急性で、首筋のつっぱりを伴った激しい頭痛、発熱、吐きけ・嘔吐、意識混濁等。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。多くの場合、発症は急性である。
d 誤り。、再度、同じ医薬品を使用することにより再発し、急激に症状が進行する場合がある。

正答・・・1


問77
消化器系に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 消化性潰瘍は、自覚症状が乏しい場合もあり、貧血症状(動悸や息切れ等)の検査時や突然の吐血・下血によって発見されることがある。

b 浣腸剤や坐剤の使用によって現れる一過性の症状に、排便直後の立ちくらみなどがある。

c イレウス様症状では、腹痛などの症状のために水分や食物の摂取が抑制され、嘔吐がない場合でも脱水状態となることがある。

d イレウス様症状は、普段から便秘傾向にある人だけが発症リスクが高く、小児や高齢者はなりにくい。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 正 正 正 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正


イレウスとは腸内容物の通過が阻害された状態で、激しい腹痛やガス排出の停止、嘔吐、腹部膨満感を伴う著しい便秘が現れる。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。小児や高齢者のほか、普段から便秘傾向のある人は、発症のリスクが高い。

正答・・・3


問78
呼吸器系に現れる副作用のうち、間質性肺炎に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 間質性肺炎は、気管支又は肺胞が細菌に感染して炎症を生じたものである。

b 間質性肺炎を発症すると、肺胞と毛細血管の間のガス交換効率が低下して血液に酸素を十分取り込むことができず、体内は低酸素状態になる。

c 間質性肺炎を発症すると、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳(痰の出ない咳)、発熱等の症状を呈する。

d 一般的に、間質性肺炎は医薬品の使用開始から1〜2か月程度経ってから起きることが多い。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 誤 正


間質性肺炎は肺の中で肺胞と毛細血管を取り囲んで支持している組織(間質)が炎症を起こした状態。
発症すると、肺胞と毛細血管の間のガス交換効率が低下して、体内は低酸素状態となる。そのため、息切れ・息苦しさ等の呼吸困難、空咳、発熱等の症状を呈する。(この病名は新コロナウイルスに関連して耳にする機会も増えているでしょう)

a 誤り。これは通常の「肺炎」に関する内容。間質性肺炎とは区別される。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。(あくまで薬剤起因のものについてだが)一般的に、医薬品の使用開始から1~2週間程度で起きることが多い。

正答・・・2


問79
循環器系に現れる副作用に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せを一つ選べ。

( a )とは、全身が必要とする量の血液を心臓から送り出すことができなくなり、肺に血液が貯留して、種々の症状を示す疾患である。
( b )とは、心筋の自動性や興奮伝導の異常が原因で心臓の拍動リズムが乱れる病態で、めまい、立ちくらみ、全身のだるさ(疲労感)、動悸、息切れ、胸部の不快感、脈の欠落等の症状が現れる。

  a b
1 狭心症 不整脈
2 心筋梗塞 狭心症
3 鬱血性心不全 不整脈
4 鬱血性心不全 心筋梗塞
5 不整脈 心筋梗塞


a 鬱血性心不全
b 不整脈

正答・・・3


問80
泌尿器系に現れる副作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 副交感神経系の機能を抑制する作用がある成分が配合された医薬品を使用すると、尿が出にくい、尿が少ししか出ない、残尿感がある等の症状を生じることがある。

b 医薬品による排尿困難や尿閉は、前立腺肥大の基礎疾患がある男性のみに現れる。

c 初期段階で適切な対応が図られるよう、尿勢の低下等の兆候に留意することが重要である。

d 尿の回数増加(頻尿)、排尿時の疼痛、残尿感等の膀胱炎様症状が現れることがある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


a 正しい。胃腸鎮痛鎮痙薬など、抗コリン薬にはこれらの使用の注意が記載されている。
b 誤り。前立腺肥大等の基礎疾患がない人でも現れることが知られており、男性に限らず女性においても報告されている。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・2

(Visited 114 times, 5 visits today)

Follow me!