R1 福岡県(九州地区・沖縄共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問81-90)

問84 手引きに記載のない漢方薬が登場し戸惑ったかも

問81
婦人薬の女性ホルモン成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア エチニルエストラジオール、エストラジオールを補充するもので、膣粘膜または外陰部に適用されるものがある。

イ 妊娠中に摂取することによって胎児の成長を促す作用が報告されており、妊婦又は妊娠していると思われる女性では使用を続けるべきである。

ウ 吸収された成分の一部が乳汁中に移行することが考えられるため、母乳を与える女性では使用を避けるべきである。

エ 長期連用により乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性があるため、継続して使用する場合には、医療機関を受診するよう促すべきである。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 誤 正 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


婦人薬の女性ホルモン成分に関する問題。

ア 正しい。エチニルエストラジオール、エストラジオールを含有する軟膏剤「ヒメロス」の存在を知っていれば容易に判断できる。
「ヒメロス」は不感症や冷感症、婦人更年期障害(のぼせ、ほてり、冷え、イライラ等)に効能を持つ外用薬。ヒメロスを、直接膣粘膜・外陰部に塗布することで、女性ホルモン(卵胞ホルモン)を補充し、諸症状の改善が期待でされもちられる。この場合、外陰部への局所的な働きのほか、粘膜から吸収されることで全身的な作用も期待されている。
イ 誤り。常識的におかしいとわかるでしょう。妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって胎児の先天性異常の発生が報告されており、使用を避ける。
ウ 正しい。
エ 正しい。
↓アマゾンサイト


答え・・・2


問82
以下の記述にあてはまる漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

体力中等度以下で、手足がほてり、唇が乾くものの月経不順、月経困難、こしけ(おりもの)、更年期障害、不眠、神経症、湿疹・皮膚炎、足腰の冷え、しもやけ、手あれに適すとされるが、胃腸の弱い人では、不向きとされる。

1 小柴胡湯
2 麦門冬湯
3 六味丸
4 温経湯
5 竜胆瀉肝湯


婦人薬の漢方処方製剤に関する問題。

漢方薬の問題で、特徴的な「こしけ(おりもの)」のキーワードがある漢方薬は泌尿器用薬の竜胆瀉肝湯婦人用薬の温経湯の2つのみである。
そして、こしけ(おりもの)以外を見ると、婦人用薬の分野のキーワードが並んでいることより温経湯を選択できる。

正答・・・4


問83
内服アレルギー用薬の成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア ケトチフェンは、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを妨げることにより、ヒスタミンの働きを抑える。

イ ジフェンヒドラミン塩酸塩は、母乳を与える女性は使用を避けるか、使用する場合には授乳を避ける必要がある。

ウ ベラドンナ総アルカロイドは、交感神経系の働きを抑えることによって、鼻汁分泌や、くしゃみを抑える。

エ プソイドエフェドリン塩酸塩は、交感神経系を刺激して鼻粘膜の血管を拡張させることによって鼻粘膜の充血や腫れを和らげる。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 誤
3 正 誤 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


内服アレルギー用薬の成分に関する問題。

ア 正しい。ケトチフェンは「ザジテン」ブランドで知られる抗ヒスタミン成分。
イ 正しい。ジフェンヒドラミン塩酸塩の授乳回避については頻出。母乳中に移行し、乳児に昏睡を起こすおそれがあるため、服用中は授乳を避ける(第5章でも出題される)なお、ジフェンヒドラミン塩酸塩は「ドリエル」などの睡眠改善薬としての方が有名。
ウ 誤り。×交感神経→〇副交感神経。ベラドンナ総アルカロイドは抗コリン成分。鼻水を抑える成分として用いられる。
↓ベラドンナ総アルカロイド含有のかぜ薬。

エ 誤り。×鼻粘膜の血管を拡張→〇鼻粘膜の血管を収縮プソイドエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動性成分で第5章でも頻出。

正答・・・2


問84
以下の記述にあてはまる内服アレルギー用薬の漢方処方製剤として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

体力中等度以上の人の皮膚疾患で、痒みが強くて分泌物が多く、ときに局所の熱感があるものの湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、水虫、あせもに適すとされるが、体の虚弱な人、胃腸が弱く下痢をしやすい人では、胃部不快感、腹痛等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

1 大建中湯
2 五苓散
3 黄連解毒湯
4 消風散
5 清上防風湯


内服アレルギー用薬の漢方処方製剤に関する問題。
大建中湯、五苓散ともに非常に有名な漢方薬であるが、手引きには記載されておらず多少戸惑ったかもしれない。

とりあえず、「皮膚炎」「蕁麻疹」等より皮膚疾患向けの漢方というのがわかれば、大建中湯や五苓散は除外できるが、名称自体知らない受験生も多かったかもしれない。(大建中湯は腸疾患向けに処方薬として結構使用されている。五苓散は二日酔い向けの漢方薬として有名。黄連解毒湯の記事も参照)

残った漢方薬の中から「分泌物が多く・・」「熱感があるものの湿疹」のキーワードから消風散を選択できる。また、清上防風湯といえば「にきび」、黄連解毒湯は「鼻出血」「二日酔い」などの特徴的キーワードを知っていれば消去法的にも選ぶことができる。

正答・・・4


問85
次の表は、ある鼻炎用点鼻薬に含まれている成分の一覧である。

1mL 中
テトラヒドロゾリン塩酸塩 1 mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 5 mg
ベンゼトニウム塩化物 0.2 mg
リドカイン 5 mg

この医薬品に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア テトラヒドロゾリン塩酸塩は、肥満細胞からヒスタミンの遊離を抑える作用を示す。
イ ベンゼトニウム塩化物は、殺菌消毒作用を示し、細菌、ウイルスに効果がある。
ウ リドカインは、鼻粘膜の過敏性や痛み、痒みを抑えることを目的として配合されている。
エ この点鼻薬を過度に使用すると、逆に鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすい。

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)


点鼻薬に関する問題。これは少し迷う。

ア 誤り。テトラヒドロゾリン塩酸塩はアドレナリン作動性成分。点鼻薬より点眼薬の成分としての方が知られている。
イ 誤り。ベンゼトニウム塩化物は殺菌消毒成分。細菌類やカンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示すが、結核菌やウイルスには効果がないとされてる。なお、マキロンの成分としても知られる。
ウ 正しい。リドカインは局所麻酔成分。「麻酔」と直接的に結びつくような表現ではないので迷ったかもしれない。
エ 正しい。アドレナリン作動性成分による二次充血(過度に使用されると鼻粘膜の血管が反応しなくなり、鼻づまりがひどくなる)に関するもの。ナファゾリンの記事も確認を。

正答・・・4


問86
眼科用薬に配合される成分に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

( ア )の乾燥を防ぐことを目的として、コンドロイチン硫酸ナトリウムが用いられる。
( イ )は、有効成分としてではなく添加物として用いられ、コンドロイチン硫酸ナトリウムと結合することにより、その( ウ )を高める。

  ア イ ウ
1 結膜や角膜   ヒアルロン酸ナトリウム   粘稠性
2 網膜  リゾチーム塩酸塩   粘稠性
3 結膜や角膜  リゾチーム塩酸塩  流動性
4 網膜  ヒアルロン酸ナトリウム  流動性
5 結膜や角膜  ヒアルロン酸ナトリウム  流動性


眼科用薬に関する問題。

ア 結膜や角膜   
ヒアルロン酸ナトリウム   
ウ 粘稠性

正答・・・1


問87
皮膚に用いる薬の成分に関する以下の記述について、誤っているものを一つ選びなさい。

1 デキサメタゾンは、外用の場合、末梢組織(患部局所)における炎症を抑える作用を示し、特に痒みや発赤などの皮膚症状を抑えるステロイド性抗炎症成分である。

2 サリチル酸メチルは、皮膚表面に冷感刺激を与え、軽い炎症を起こして反射的な血管の拡張による患部の血行を促す効果がある。

3 酸化亜鉛は、患部のタンパク質と結合して皮膜を形成し、皮膚を保護する作用を示す。

4 尿素は、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善する作用がある。


皮膚に用いる薬の成分に関する問題。

1 正しい。デキサメタゾンはステロイド性抗炎症成分
2 誤り。これはメントール、カンフル、ハッカ油などの局所冷感成分に関する内容。
3 正しい。
4 正しい。尿素OTCでは代表的な保湿成分であり、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善する。保湿成分としては尿素の他、グリセリンやオリーブ油、ワセリン、ヘパリン類似物質がある。

正答・・・2


問88
一般的な創傷への対応に関する以下の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。

1 出血しているときは、創傷部に清潔なガーゼやハンカチ等を当てて、創傷部を心臓より低くして圧迫すると止血効果が高い。

2 火傷(熱傷)で水疱(水ぶくれ)ができた場合は、なるべく早くこれを破り、乾燥させることが細胞を活性化させ、治癒を早くする。

3 創傷部に殺菌消毒薬を繰り返し適用すると、皮膚常在菌が殺菌されてしまい、また、殺菌消毒成分により組織修復が妨げられて、かえって治癒しにくくなったり、状態を悪化させることがある。

4 水洗が不十分で創傷面の内部に汚れが残ったままでも、創傷表面を乾燥させるタイプの医薬品を使用した方がよい。


一般的な創傷への対応に関する問題。
OTC販売に携わるには大事な知識ですが、あまり試験では問われたことはない分野です。しかし、「湿潤療法」の知識は割と浸透してきているので、一般知識で正答できた方も多いでしょう。

1 誤り。×創傷部を心臓より低く→創傷部を心臓より高く
2 誤り。火傷の場合、水疱(水ぶくれ)を破らないようにする。
3 正しい。
4 誤り。創傷表面を乾燥させるタイプの医薬品を使用すると、内部で雑菌が増殖して化膿することがある。その為、ひと昔前はよく使用されていたパウダースプレー式消毒液は殆ど売れなくなっている。

正答・・・3


問89
頭皮及び毛根に作用する成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア カルプロニウム塩化物は、末梢組織において抗コリン作用を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すことによる発毛効果が期待される。

イ エストラジオール安息香酸エステルは、女性ホルモンによる脱毛抑制効果を期待して用いられる。

ウ ヒノキチオールは、抗菌、血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

エ カシュウは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 誤


頭皮及び毛根に作用する成分に関する問題。

ア 誤り。×抗コリン作用⇒コリン作用カルプロニウム塩化物は、使用部位においてアセチルコリンに類似した作用(コリン作用)を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すとされる。カロヤン等の毛髪用薬にも配合されている。
イ 正しい。「男性ホルモン」で引っ掛けの場合があるので注意。関連記事:エストラジオール安息香酸エステル
ウ 正しい。ヒノキチオールに関する内容。ヒノキ科のタイワンヒノキ、ヒバ等から得られた精油成分で、育毛生薬成分として知られる。
エ 正しい。カシュウ(何首烏)に関する内容。ツルドクダミの塊根由来の生薬であり、育毛生薬成分として知られる。

↓アマゾンサイト(ヒノキチオール、カルプロニウム塩化物、カシュウすべて配合されています)


正答・・・4


問90
歯痛及び歯周病に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 歯痛は、多くの場合、歯の齲蝕(むし歯)とそれに伴う歯髄炎によって起こる。

イ 歯痛は基本的に歯科診療を受けることが優先され、歯痛薬による対処は最小限にとどめる必要がある。

ウ 歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)については、状態が軽いうちは自己治療が可能とされるが、日頃の十分な歯磨き等によって歯肉溝での細菌の繁殖を抑えることが重要である。

エ 一般用医薬品の歯痛薬を適切に使用することで歯の齲蝕(むし歯)が修復される。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 誤 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


歯痛及び歯周病に関する問題。

ア 正しい。
イ 正しい。
ウ 正しい。
エ 誤り。歯痛薬としては「新今治水」の成分で知られるチョウジ油は憶えておきたい。常識的に歯痛薬による対処は最小限(旅行中や夜夜間など)にとどめる。

正答・・・2


(Visited 411 times, 1 visits today)

Follow me!