R1 福岡県(九州地区・沖縄共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問91-100)

問93(ビタミン)問95(生薬)など、幅広い知識が求められる

問91
歯槽膿漏薬に含まれている成分及びその作用の関係について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

成分 作用
ア イソプロピルメチルフェノール - 歯肉溝での細菌の繁殖を抑える
イ 銅クロロフィリンナトリウム - 歯肉炎に伴う口臭を抑える
ウ グリチルリチン酸二カリウム - 歯周組織の出血を抑える
エ クロルヘキシジングルコン酸塩 - 歯周組織の炎症を和らげる

1(ア、イ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(ウ、エ)


歯槽膿漏薬に含まれている成分に関する問題。

ア 正しい。
イ 正しい。銅クロロフィリンナトリウムに関する内容。
ウ 誤り。グリチルリチン酸二カリウムは抗炎症成分。
エ 誤り。クロルヘキシジングルコン酸塩は殺菌消毒成分。

正答・・・1


問92
禁煙補助剤に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア ニコチン置換療法は、喫煙を継続しながら徐々に禁煙補助剤に換えていく方法で、離脱症状の軽減を図りながら徐々に摂取量を減らし、最終的にニコチン摂取をゼロにする方法である。

イ 禁煙に伴うニコチン離脱症状が現れた場合は、1度に2個の咀嚼剤を摂取し、ニコチン離脱症状を抑えるとよい。

ウ 禁煙補助剤は長期間にわたって使用されるべきものではなく、添付文書で定められた期限を超える使用は避けるべきである。

エ 非喫煙者が禁煙補助剤を使用した場合、吐き気、めまい、腹痛などの症状が現れやすい。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 誤
2 正 誤 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


禁煙補助剤(ニコチン置換療法)に関する問題。

ア 誤り。ニコチンの摂取方法を喫煙以外に換えて、離脱症状の軽減を図りながら徐々に摂取量を減らし、最終的に禁煙を目指す。
イ 誤り。
ウ 正しい。
エ 正しい。

正答・・・5


問93
ビタミン主薬製剤に関する以下の関係の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ビタミン成分 主薬 用途
ア ビタミンB2 ― シアノコバラミン ― 貧血用薬
イ ビタミンB6 ― ピリドキサールリン酸エステル ― 口内炎
ウ ビタミンE ― トコフェロール ― 肩こり
エ ビタミンA ― レチノール酢酸エステル ― くる病の予防

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 誤 正


ビタミン主薬製剤に関する問題。
今まで見たことのないタイプの問題で、それなりに幅広い知識が求められる。

ア 誤り。ビタミンB2→リボフラビン。シアノコバラミン・貧血用薬はビタミンB12に関する内容。
イ 正しい。ビタミンB6→ピリドキサール
ウ 正しい。ビタミンE→トコフェロール
エ 誤り。ビタミンA→レチノールは正しいが、くる病はビタミンD(カルシフェロール)に関する内容。

正答・・・3


問94
滋養強壮保健薬に含まれている成分に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア システインは、肝臓においてアルコールを分解する酵素の働きを助け、アセトアルデヒドと直接反応して代謝を促す働きがあるとされる。

イ アスパラギン酸ナトリウムは、乳酸の分解を促す働きを期待して用いられる。

ウ アミノエチルスルホン酸(タウリン)は、体のあらゆる部分に存在し、細胞の機能が正常に働くために重要な物質であり、肝臓機能を改善する働きがあるとされている。

エ グルクロノラクトンは、肝臓の働きを助け、肝血流を促進する働きがあり、全身倦怠感や疲労時の栄養補給を目的として配合されている場合がある。

  ア イ ウ エ
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 誤
5 誤 誤 正 誤


滋養強壮保健薬に含まれている成分に関する問題。
特にアミノ酸類に分類される成分(タウリン、アスパラギン酸ナトリウム、システイン)が複数登場する。

ア 正しい。なお、システインは他に皮膚におけるメラニンの生成を抑えたり、皮膚の新陳代謝を活発にしてメラニンの排出を促す作用があるとされ、いわゆるシミ・そばかす向けの医薬品にビタミンCと一緒に配合されている。
イ 正しい。アスパラギン酸ナトリウムに関する内容。
ウ 正しい。アミノエチルスルホン酸(タウリン)に関する内容。栄養ドリンクでお馴染みの成分。
エ 正しい。グルクロノラクトンは栄養ドリンク・グロンサンの主成分として知られ、肝臓の働きを助け、肝血流を促進する働きがあるとされる。



正答・・・1


問95
以下の 防風通聖散の構成生薬による副作用について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 妊婦に対しては、腸の急激な動きに刺激されて流産・早産を誘発するおそれがある。

イ 大量摂取により、偽アルドステロン症を起こすおそれがある。

ウ 心臓病、高血圧、糖尿病又は甲状腺機能障害の診断を受けた人では、症状を悪化させるおそれがある。

  ア イ ウ
1 マオウ  カンゾウ  ダイオウ
2 ダイオウ  カンゾウ  マオウ
3 マオウ  ダイオウ  カンゾウ
4 ダイオウ  マオウ  カンゾウ
5 カンゾウ  ダイオウ  マオウ


防風通聖散の構成生薬による副作用に関する問題。
それぞれの関連記事で各生薬の特徴や関連する副作用を確認を。

ダイオウ(大黄)
カンゾウ(甘草)
マオウ(麻黄)

正答・・・2


問96
消毒薬に関する以下の記述について、( )の中に入れるべき字句の適切な組み合わせを下から一つ選びなさい。

( ア )・消毒は生存する微生物の数を減らすために行われる処置であり、また( イ )は物質中のすべての微生物を殺滅又は除去することである。消毒薬の効果は、温度による影響を( ウ )。

  ア イ ウ
1 殺菌  滅菌  受けない
2 殺菌  滅菌  受ける
3 殺菌  除菌  受ける
4 滅菌  殺菌  受けない
5 滅菌  殺菌  受ける


消毒薬に関する問題。
殺菌・消毒は生存する微生物の数を減らすために行われる処置。滅菌は物質中のすべての微生物を殺滅又は除去することである。

ア 殺菌
イ 滅菌
ウ 受ける

正答・・・2


問97
塩素系殺菌消毒成分に関する以下の記述のうち、正しいものの組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 次亜塩素酸ナトリウムやサラシ粉は、一般細菌類、真菌類、ウイルス全般に対する殺菌消毒作用を示すが、皮膚刺激性が強いため、通常人体の消毒には用いられない。

イ 塩素系殺菌消毒成分は、アルカリ性の洗剤・洗浄剤と反応して有毒な塩素ガスを発生するため、混ざらないように注意する。

ウ 有機塩素系殺菌消毒成分であるジクロルイソシアヌル酸ナトリウム、トリクロルイソシアヌル酸は、塩素臭や刺激性、金属腐食性が比較的抑えられているので、プールの殺菌・消毒に用いられることが多い。

エ 塩素系殺菌消毒成分は、有機物の影響を受けにくいので、殺菌消毒の対象物を洗浄しなくても十分な効果を示す。

1(ア、ウ) 2(ア、エ) 3(イ、ウ) 4(イ、エ)


塩素系殺菌消毒成分に関する問題。

ア 正しい。塩素系殺菌消毒成分の次亜塩素酸ナトリウムやサラシ粉は、ウイルスに対しても殺菌消毒作用があることがポイントになる。(他の消毒薬はウイルスに効果がないものが多い)
イ 誤り。×アルカリ性→〇酸性

ウ 正しい。ジクロルイソシアヌル酸ナトリウム、トリクロルイソシアヌル酸等の有機塩素系殺菌消毒成分は、プール等の大型設備の殺菌・ 消毒に用いられている。
エ 誤り。

正答・・・1


問98
以下の記述にあてはまる殺虫剤の成分として、最も適切なものを下から一つ選びなさい。

除虫菊の成分から開発された成分で、比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられている。

1 ジクロルボス
2 オルトジクロロベンゼン
3 フェニトロチオン
4 プロポクスル
5 ペルメトリン


殺虫剤の配合成分に関する問題。
ペリメトリンは出題頻度の低い成分だが、九州地区では昨年に続き出題されたので、過去問対策をしていた場合は対応できたでしょう。

ペルメトリンはピレスロイド系の殺虫成分。
ピレスロイド系殺虫成分は除虫菊の成分から開発された成分で、比較的速やかに自然分解して残効性が低いため、家庭用殺虫剤に広く用いられている。
なお、この中で出題頻度が高いのは有機リン系の殺虫成分ジクロルボスである。(バポナ殺虫プレートの主成分)
 


正答・・・5


問99
一般用検査薬に関する以下の記述の正誤について、正しい組み合わせを下から一つ選びなさい。

ア 専ら疾病の診断に使用されることが目的とされる医薬品のうち、人体に直接使用されるものを体外診断用医薬品という。

イ 悪性腫瘍、心筋梗塞や遺伝性疾患など重大な疾病の診断にも使用される。

ウ 検体中に対象物質が存在しているにもかかわらず、検出反応が起こらなかった場合を擬陽性という。

エ 正しい方法で検体を採取し、一般用検査薬を正しく使用しても、擬陰性・擬陽性を完全に排除することは困難である。

  ア イ ウ エ
1 正 正 誤 正
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 正 正
4 誤 正 正 誤
5 誤 誤 誤 正


一般用検査薬に関する問題。
今回は出題されていないが、尿糖・尿タンパク検査薬や次問の妊娠検査薬などをイメージすればよい。

ア 誤り。×人体に直接使用される→〇人体に直接使用されることのない
イ 誤り。重大な疾患の診断に関係するものは一般用検査薬の対象外。
ウ 誤り。×擬陽性→〇擬陰性
エ 正しい。

正答・・・5


問100
妊娠検査薬及びヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(以下「hCG」という。)に関する以下の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1 妊娠検査薬は高温になる場所に放置されたり、冷蔵庫内に保管されていたりすると、設計どおりの検出感度を発揮できなくなるおそれがある。

2 実際に妊娠が成立してから4週目前後における尿中のhCG濃度を検出感度としている。

3 検体としては、尿中のhCGが検出されやすい早朝尿(起床直後の尿)が向いているが、尿が濃すぎると、かえって正確な結果が得られないこともある。

4 妊娠検査薬は、その結果をもって直ちに妊娠しているか否かを断定するための医薬品である。


妊娠検査薬に関する問題。まあサービス問題でしょう。

1 正しい。尿中hCGの検出反応は、hCGと特異的に反応する抗体や酵素を用いた反応であるため、温度の影響を受けることがある。その為、保管も冷蔵庫内や高温になる場所での保管は不適とされている。
2 正しい。
3 正しい。
4 誤り。妊娠の早期判定の補助として尿中hCGの有無を調べるものであり、直ちに妊娠しているか否かを断定することはできない。

正答・・・4

(Visited 185 times, 1 visits today)

Follow me!