R1 関西広域連合 第5章 医薬品の適正使用と安全対策(問111-120)

問111
医薬品の副作用等による健康被害の救済に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 生物由来製品感染等被害救済制度は、2004年4月1日以降に生物由来製品を適正に使用したにもかかわらず、それにより生じた感染等による疾病、障害又は死亡について、医療費等の給付が行われる制度である。

b (独)医薬品医療機器総合機構は、国や製薬企業からの委託を受けて、裁判上の和解が成立したスモン患者に対する健康管理手当や介護費用の支払業務も行っている。

c 医薬品副作用被害救済制度は、製品不良等の製薬企業に損害賠償責任がある場合の健康被害についても救済対象になる。

d 無承認無許可医薬品や個人輸入により入手された医薬品による健康被害については、救済制度の対象から除外されている。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 正 誤 正
4 正 誤 誤 誤
5 正 正 誤 誤


主に医薬品副作用被害救済制度に関する問題。
市販薬では、殺虫剤・殺鼠剤、殺菌消毒剤(人体に直接使用するものを除く)、一般用検査薬、一部の日局収載医薬品(精製水、ワセリン等)は対象とならない。また、個人輸入医薬品や健康食品も対象外である。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。製薬企業に損害賠償責任がある場合は救済制度の対象にならない。このようなケースは医薬品PLセンターが相談窓口になる。
d 正しい。

正答・・・3


問112
医薬品副作用被害救済制度に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 医薬品の販売等に従事する専門家は、医療用医薬品による副作用被害についてのみ、救済事業を運営する(独)医薬品医療機器総合機構の相談窓口を紹介すべきである。

b 救済給付の対象になるには、添付文書や外箱等に記載された用法・用量や使用上の注意に従って使用されたことが基本となる。

c 救済給付の対象となる健康被害の程度は、入院を必要とする程度の医療を受ける場合や重い後遺障害が残った場合である。

d 一般用医薬品のうち、殺虫剤や殺鼠剤、一般用検査薬は、救済制度の対象にはならない。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 正 誤


医薬品副作用被害救済制度に関する問題。

a 誤り。要指導医薬品・一般用医薬品についても紹介すべき。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4


問113
医薬品の適正使用のための啓発活動に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 登録販売者には、薬剤師とともに、適切なセルフメディケーションの普及定着、医薬品の適正使用の推進のための啓発活動に積極的に参加、協力することが期待されている。

b 「薬と健康の週間」は、医薬品の持つ特質など正しい知識を生活者に浸透させるために、国、自治体、関係団体等が取り組んでいる。

c 「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は、「6・26国際麻薬乱用撲滅デー」を広く普及し、薬物乱用防止を推進するため、国、自治体、関係団体等が取り組んでいる。

d 薬物乱用や薬物依存は、違法薬物(麻薬、覚せい剤、大麻等)によってのみ引き起こされるのではなく、一般用医薬品によっても生じ得る。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


医薬品の適正使用及びその啓発活動に関する問題。
10月17日~23日の1週間「薬と健康の週間」と、6月20日~7月19日の1か月「ダメ。ゼッタイ。」普及運動は押さえておく。


a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・5


問114
一般用医薬品の使用上の注意における主な成分と「次の人は使用(服用)しないこと」の関係の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

[主な成分] [次の人は使用(服用)しないこと]
a カフェイン  激しい腹痛又は吐き気・嘔吐の症状がある人
b 芍薬甘草湯 高血圧の診断を受けた人
c プソイドエフェドリン塩酸塩 糖尿病の診断を受けた人
d スクラルファート  透析療法を受けている人

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 正 誤 誤 正
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 正 誤


使用上の注意の「してはいけないこと」に関する問題。
第5章ではプソイドエフェドリン塩酸塩は頻出なので優先的に学習を。

a 誤り。激しい腹痛又は吐き気・嘔吐の症状がある人→ヒマシ油に関する内容。
b 誤り。高血圧→プソイドエフェドリン塩酸塩に関する内容。こむら返りの漢方として有名な芍薬甘草湯は、心臓病の症状を悪化させるおそれがあるため、「心臓病」の人は使用しないことと記載されている(カンゾウを多く含んでいるため) 。
c 正しい。糖尿病→プソイドエフェドリン塩酸塩に関する内容。
d 正しい。「透析療法」ときたら、アルミニウムを含有するスクラルファートアルジオキサはすぐに思いつくように


正答・・・4


問115
一般用医薬品の使用上の注意において、イブプロフェン(以下、本剤)を成分とする内服薬で、「次の人は服用しないこと」とされている対象について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 本剤又は本剤の成分により胃・十二指腸潰瘍にかかったことがある人

b 本剤又は他の解熱鎮痛薬、かぜ薬を服用して、ぜんそくを起こしたことがある人

c 心臓病、腎臓病、肝臓病の診断を受けたことのある人

d 15歳未満の小児

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


イブプロフェンの使用上の注意「してはいけないこと」に関する問題。
aの内容を誤り選択肢にしているのは、かなり厳しい。直前期ならあまり気にしない。他の過去問でこのような微妙な知識を問われることは稀。

a 誤り。この内容については(「服用しないこと」よりランクが落ちる)「相談すること」の「次の病気にかかったことのある人」に記載されている。
b 正しい。理由は、アスピリン喘息を誘発するおそれがあるため。
c 誤り。
d 正しい。理由は、イブプロフェン含有の一般用医薬品では、小児向けの製品はないため。


正答・・・3


問116
一般用医薬品の使用上の注意において、透析療法を受けている人は使用(服用)しないことと記載されている成分について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 水酸化アルミニウムゲル
b セトラキサート塩酸塩
c ジメチルポリシロキサン
d 合成ヒドロタルサイト

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(c、d)


これも難しい。
「透析療法を受けている人」に関する問題は超頻出。
透析療法中にアルミニウムを含む医薬品を長期間服用した場合に、過剰のアルミニウムイオンが体内に貯留し、アルミニウム脳症及びアルミニウム骨症を発症したとの報告があるため使用しないこととされている。 
まず、胃粘膜保護成分のスクラルファートアルジオキサは出題頻度が高く、すぐに思いつくように。今回はそれ以外の成分が問われており非常に難しい。

a 正しい。
b 誤り。
c 誤り。
d 正しい。

正答・・・2


問117
アスピリンの「してはいけないこと」に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せを一つ選べ。

アスピリンは、妊娠期間の( a )、胎児の動脈管の( b )・早期閉鎖、子宮収縮の抑制、分娩時出血の増加のおそれがあるため、出産予定日( c )週以内の妊婦に対して、使用(服用)しないこととされている。

  a b c
1 延長 拡張 12
2 短縮 収縮 12
3 延長 収縮 12
4 短縮 拡張 24
5 延長 拡張 24


アスピリンの「してはいけないこと」に関する問題。なお、イブプロフェンについても同様である。

a 延長
b 収縮
c 12

正答・・・3


問118
一般用医薬品の使用上の注意に関する記述について、「服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと」と添付文書に記載されているものを一つ選べ。

1 インドメタシン
2 コデインリン酸塩水和物
3 スクラルファート
4 アスピリン
5 グリチルリチン酸二カリウム


眠気の出やすい成分をまずは探してみる。
そうなると、麻薬性鎮咳成分のコデインリン酸塩水和物が容易に選択できる。

正答・・・2


問119
一般用医薬品の連用に関する注意について、海外において、長期連用した場合に精神神経症状が現れたとの報告があるため、「1週間以上継続して服用しないこと」とされている成分を一つ選べ。

1 ステロイド性抗炎症成分
2 アルミニウムを含む成分
3 グリチルリチン酸を含む成分
4 ビスマスを含む成分
5 カフェインを含む成分


「海外において、長期連用した場合に精神神経症状が現れたとの報告」よりビスマスを選ぶ。
現在、市販薬としては(恐らく)使用されている製品はないが、この内容について時折出題されている。

正答・・・4


問120
一般用医薬品の添付文書で、「相談すること」とされている基礎疾患と、主な医薬品成分の関係の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

 [基礎疾患] [成分]
a 甲状腺疾患 - ポビドンヨード
b 高血圧 - フェニレフリン塩酸塩
c 肝臓病 - マオウ
d てんかん - ジプロフィリン

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


使用上の注意の「相談すること」に関する問題。

a 正しい。理由はポビドンヨードに含まれるヨウ素が、甲状腺疾患の治療に影響を及ぼすおそれがあるため。
b 正しい。
c誤り。マオウ(麻黄)は高血圧では「相談すること」とされている。(交感神経刺激作用があるため)
d 正しい。ジプロフィリンは鎮暈薬に使用されるキサンチン系成分。脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させる作用があるが、中枢神経系の興奮作用により、てんかんの発作を引き起こすおそれがあるとされる。

正答・・・2

(Visited 906 times, 2 visits today)

Follow me!