R3 関西広域連合 第3章 主な医薬品とその作用 (問21-30)

問30(小児鎮静薬)は新傾向

問21
かぜ(かぜ症候群)に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a かぜの約8割は、細菌の感染が原因となる。

b 冬場に、発熱や頭痛を伴った悪心・嘔吐や下痢等の消化器症状が現れる場合、ウイルス性胃腸炎である場合が多い。

c 急激な発熱を伴う場合や、症状が4日以上続くとき、又は症状が重篤なときは、かぜではない可能性が高い。

d 発熱、咳、鼻水などのうち、いずれかの症状がはっきりしている場合には、必ずしもかぜ薬(総合感冒薬)が選択されるのが最適とは限らない。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 正 誤 正


かぜ(かぜ症候群)に関する問題。
bは過去問ではあまり問われておらずで迷ったかもしれないが、他がわかれば正答できる。

a 誤り。手引きには、かぜの原因として、約8割はウイルスの感染(ライノウイルス,コロナウイルス,アデノウイルスなど)が原因とされている。それ以外に細菌の感染や、まれに冷気や乾燥、アレルギーのような非感染性の要因による場合もあると記載されている。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4


問22
一般用医薬品のかぜ薬(総合感冒薬)の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a チペピジンヒベンズ酸塩は、気管・気管支を拡げる成分である。

b エテンザミドは、インフルエンザにかかっている15歳未満の小児には使用を避ける必要がある。

c プソイドエフェドリン塩酸塩は、依存性に留意する必要がある。

d 去痰成分として、グアイフェネシンがある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


一般用医薬品のかぜ薬(総合感冒薬)の配合成分に関する問題。

a 誤り。チペピジンヒベンズ酸塩は非麻薬性鎮咳成分。
b 正しい。エテンザミドは解熱鎮痛成分。
c 正しい。プソイドエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動成分。
d 正しい。グアイフェネシンは去痰成分。

正答・・・3


問23
かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 葛根湯は、体力中等度以上のものの感冒の初期(汗をかいていないもの)、鼻かぜ、鼻炎、頭痛、肩こり、筋肉痛、手や肩の痛みに適すとされる。

b 麻黄湯は、胃腸の弱い人、発汗傾向の著しい人では、悪心、胃部不快感、発汗過多、全身脱力感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

c 小柴胡湯は、体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様の痰を伴う咳や鼻水が出るものの気管支炎、気管支喘息、鼻炎、感冒、花粉症に適すとされる。

d 桂枝湯は、マオウを含有するため、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)は使用を避ける必要がある。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


かぜの症状緩和に用いられる漢方処方製剤に関する問題。

a 正しい。葛根湯のキーワードとしては、「体力中等度以上」「感冒の初期(汗をかいていないもの)」「肩こり」「頭痛」など。

b 正しい。関連記事:麻黄湯
c 誤り。これは小青竜湯に関する内容。

d 誤り。桂枝湯はマオウ(麻黄)は含まない。

正答・・・1


問24
発熱が起こる仕組み及び解熱鎮痛薬とその配合成分に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 解熱鎮痛薬の効果は、一部の漢方処方製剤を除き、痙攣性の内臓痛には、期待できない。

b アセトアミノフェンは、解熱鎮痛作用の他に、血液を凝固しにくくさせる作用があるため、医療用医薬品の血栓予防成分としても用いられている。

c 解熱鎮痛薬は、なるべく空腹時を避けて服用することとなっている場合が多く、また、服用期間中は、飲酒は避けることとされている。

d プロスタグランジンは、脳の下部にある体温を調節する部位(温熱中枢)に作用して、体温を通常よりも下げる方向に調節する。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


発熱が起こる仕組み及び解熱鎮痛薬に関する問題。

a 正しい。なお、月経痛(生理痛)は解熱鎮痛薬の効能・効果に含まれているので併せて押さえておきたい。
b 誤り。✖アセトアミノフェン⇒〇アスピリン
c 正しい。
d 誤り。 プロスタグランジンは、体温を通常よりも高く維持するように調節する。

正答・・・2


問25
一般用医薬品において用いられる解熱鎮痛成分(アセトアミノフェン及び生薬成分を除く。)の副作用に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 循環血流量を増加させる作用があるため、心臓の負担を増大させる可能性がある。

b 腎血流量を減少させる作用があるため、腎機能に障害があると、その症状を悪化させる可能性がある。

c プロスタグランジンの産生を介した胃腸粘膜保護作用があるため、胃粘膜障害は生じにくい。

d アスピリンは、ピリン系の成分ではないため、薬疹等のアレルギー症状が生じることはない。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


解熱鎮痛成分(アセトアミノフェン及び生薬成分を除く。)の副作用に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。プログラスタンジンによる胃粘膜保護作用は弱まる。
d 誤り。前半部分は正しく、アスピリンは非ピリン系である。後半の薬疹可能性の完全否定については誤りと容易に判断できるでしょう。

正答・・・1


問26
解熱又は鎮痛の目的で用いられる漢方処方製剤及び生薬成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 桂枝加朮附湯は、体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの慢性頭痛、神経症、高血圧傾向のあるものに適すとされる。

b 芍薬甘草湯は、筋肉の痙攣や腹痛、腰痛といった症状があるときのみの服用にとどめ、連用は避ける。

c シャクヤクは古くから「熱さまし」として用いられ、エキスを製剤化した製品には、「感冒時の解熱」の効能・効果がある。

d 生薬成分が解熱又は鎮痛をもたらす仕組みは、化学的に合成された成分と異なるものと考えられている。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 誤
3 誤 正 正 正
4 正 誤 誤 正
5 誤 正 誤 正


解熱又は鎮痛の目的で用いられる漢方処方製剤及び生薬成分に関する問題。

a 誤り。これは釣藤散に関する内容。「慢性頭痛」「高血圧」あたりがキーワード。
b 正しい。関連記事:芍薬甘草湯
c 誤り。これはジリュウ(地竜)に関する内容。
d 正しい。

正答・・・5


問27
眠気を促す薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 小児や若年者では、抗ヒスタミン成分により眠気とは反対の神経過敏や中枢興奮などが現れることがある。

b ジフェンヒドラミン塩酸塩は、抗ヒスタミン成分の中でも特に中枢作用が弱い。

c ブロモバレリル尿素は、脳内におけるヒスタミン刺激を低下させることにより眠気を促す。

d ブロモバレリル尿素は、反復摂取により依存が生じることが知られているため、乱用に注意が必要である。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正


眠気を促す薬及びその配合成分に関する問題。
市販の睡眠改善薬に使用される抗ヒスタミン薬はジフェンヒドラミン塩酸塩であることも押させておきたい(代表例:ドリエル)

a 正しい。
b 誤り。✖中枢作用が弱い⇒〇中枢作用が強い
c 誤り。ブロモバレリル尿素は脳の興奮を抑え、痛覚を鈍くする作用があるが、抗ヒスタミン作用ではない。
d 正しい。

正答・・・2


問28
一般用医薬品の眠気防止薬とその配合成分のカフェインに関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a カフェインが含まれている医薬品、医薬部外品、食品を同時に摂取するとカフェインが過量となり、中枢神経系や循環器系等への作用が強く現れるおそれがある。

b カフェインは心筋を興奮させる作用もあるが、心臓病のある人でも服用できる。

c 妊娠中に服用した場合、カフェインが胎児の発達に影響を及ぼす可能性がある。

d カフェインの眠気防止の作用は弱いため、長期反復服用が推奨される。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 誤 正


眠気防止薬としてのカフェインに関する問題。

a 正しい。
b 誤り。心筋を興奮させる作用もあり、副作用として動悸が現れることがある。心臓病のある人は、服用を避ける。
c 正しい。
d 誤り。カフェインは作用は弱いながら反復摂取により依存を形成するという性質があり、「短期間の服用にとどめ、連用しないこと」とされている。

正答・・・1


問29
乗物酔い防止薬とその成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 乗物酔い防止薬には、吐きけを抑える成分も配合されているため、つわりに伴う吐きけへの対処にも使用される。

b ジフェニドール塩酸塩は、アセチルコリン様の作用により、排尿困難や緑内障の症状を悪化させる恐れがある。

c メクリジン塩酸塩は、乗物酔い防止薬に配合される抗ヒスタミン成分である。

d ジプロフィリンは、消化管の緊張を低下させることにより、乗物酔いに伴う吐きけを抑える。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正


乗物酔い防止薬とその成分に関する問題。

a 誤り。乗物酔い防止薬は、つわりに伴う吐きけへの対処として使用することは不適切。
b 誤り。「アセチルコリン様の作用」が誤り。ジフェニドール塩酸塩は抗めまい成分で、抗ヒスタミン成分と共通する類似の薬理作用を示す。副作用も抗ヒスタミン成分や抗コリン成分と同様な症状が現れることがある。
c 正しい。
メクリジン塩酸塩は乗り物酔い防止薬として使用される抗ヒスタミン成分で、他の抗ヒスタミン成分と比べて作用が現れるのが遅く持続時間が長い。
また、スコポラミン臭化水素酸塩水和物は乗り物酔い防止薬として使用される抗コリン成分で、肝臓で速やかに代謝されてしまうため、抗ヒスタミン成分等と比べて作用の持続時間は短い。もセットで学習を。
↓「トラベルミンファミリー」

d 誤り。キサンチン系のジプロフィリンは、脳に軽い興奮を起こさせて平衡感覚の混乱によるめまいを軽減させることを目的に配合されることがある。

正答・・・3


問30
小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)及びその配合生薬に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 柴胡加竜骨牡蛎湯を小児の夜泣きに用いる場合は、症状の原因となる体質の改善を主眼としているため、症状の改善がみられるまで比較的長期間(1ヶ月位)継続して服用する必要がある。

b カンゾウを含有する漢方処方製剤を乳幼児に使用する場合、体格の個人差から体重当たりのグリチルリチン酸の摂取量が多くなることがあるので注意する必要がある。

c 小建中湯は、体力中等度をめやすとして幅広く用いることができ、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの小児虚弱体質、慢性胃腸炎、腹痛、神経質、小児夜尿症、夜なきに適すとされる。

d ゴオウ、ジャコウは、いずれも動物を基原とする生薬で、緊張や興奮を鎮め、また、血液の循環を促す作用等を期待して配合される。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


小児鎮静薬に関する問題。
これは新傾向の出題方式で対応はやや迷ったでしょう。
これまで、漢方製剤に関する問題は、その漢方製剤に特徴的なキーワードの有無によって正誤を判断できる問題が殆どだったが、今回は説明文中に複数の漢方製剤に関する内容を混ぜて作成されており、幅広い知識がないと正答できなかった。

関連記事:抑肝散 ・抑肝散加陳皮半夏、 小建中湯柴胡加竜骨牡蠣湯

a 誤り。1週間位服用しても症状の改善がみられないときには、専門家に相談する等、使用が適しているかどうか見直す。
b 正しい。
c 誤り。これは新傾向の出題形式なので迷ったでしょう。
まずキーワードで見ると、当試験で「小児夜尿症」のキーワードがあるのは小建中湯のみである。(なお、「夜尿症」でも、六味丸、小建中湯、桂枝加竜骨牡蛎湯の3つのみ)
このキーワードだけで判断すると、「正しい」を選んでしまい不正解となる。

しかし、小建中湯のしばり表現等は手引きより引用すると
体力虚弱で疲労しやすく腹痛があり、血色がすぐれず、ときに動悸 、手足のほてり、冷え、ねあせ、鼻血、頻尿及び多尿などを伴うものの小児虚弱体質、疲労倦怠、慢性胃腸炎、腹痛、神経質、小児夜尿症、夜なきに適すとされる」
⇒これより、体力虚弱者向けの漢方薬であることから、誤りと判断できる。
⇒なお、前半部分の記述「体力中等度をめやすとして幅広く用いることができ、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの・・」は抑肝散加陳皮半夏に関する内容である。

但し、このタイプの出題はこれまでの過去問ではほぼ皆無であり、今回間違ってしまってもあまり気にしなくように。(満点を取る必要はない)

d 正しい。関連記事:ゴオウ(牛黄)ジャコウ(麝香)

正答・・・3

(Visited 1,041 times, 1 visits today)

Follow me!