このサイトでは登録販売者に必要な知識・販売する上で重要なノウハウ、さらに受験対策情報を提供しています。
最新記事
  • HOME »
  • 最新記事 »
  • 生薬

生薬

ダイオウ(大黄)・・大腸刺激性瀉下成分

ダイオウ(大黄)は、タデ科のダイオウ属植物、または種間雑種の根茎を基原とする生薬です。 大腸刺激性瀉下成分であり、主に便秘向けの漢方薬に用いられます。 その瀉下作用は、ダイオウ(大黄)中に含まれているセンノシドによるもの …

コウカ(紅花)・・血行の改善

コウカ(紅花)はキク科のベニバナの管状花であり、中医学では活血化瘀薬に分類されます。 ベニバナと言えば、種子から得られた食用油(紅花油・サフラワー油)が知られていますが、生薬としては花の部分を使用します。 また、活血化瘀 …

マオウ(麻黄)に関する出題ポイント(登録販売者試験)

アドレナリン作動性成分と同様の作用を示す。 麻黄(マオウ)は、マオウ科のマオウ、チュウマオなどの地上茎を基原とする生薬です。 主に感冒や咳の症状緩和に用いられる漢方薬に含まれている生薬であり、特徴として、発汗作用に優れ、 …

甘草(カンゾウ)に関する出題ポイント(登録販売者試験)

甘草(カンゾウ)は、マメ科のウラルカンゾウ又はグリキルリザ・グラブラの根及びストロンを基原とする生薬です。 その名のとおり、生薬を嗅ぐと甘い匂いが漂い、実際かじってみると甘い味がします。この甘さ由来の成分はグリチルリチン …

1 2 3 5 »




カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 医薬品 登録販売者DX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.