R1 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問31-40)

解説は作成中。幅広い知識が求められている。

問31
第1欄の記述は、健胃薬に配合されることがある生薬成分に関するものである。該当する生薬成分は第2欄のどれか。

第1欄
クマ科のヒグマその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられるほか、消化補助成分として配合される場合もある。

第2欄
1 リュウタン
2 ユウタン
3 レイヨウカク
4 ゴオウ
5 ケイヒ


健胃作用のある生薬成分に関する問題。

ユウタン(熊胆)に関する内容である。
名前が似ているリュウタン(竜胆)はリンドウ科のトウリンドウ等の根及び根茎を基原とする生薬で、こちらも苦味による健胃作用を期待して用いられる。

正答・・・2


問32
胃腸に作用する薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a ベルべリン塩化物は、腸粘膜のタンパク質と結合して不溶性の膜を形成し、腸粘膜をひきしめること(収斂)により、腸粘膜を保護することを目的として配合されている場合がある。

b トリメブチンマレイン酸塩は、消化管(胃及び腸)の平滑筋に直接作用して、消化管の運動を調整する作用(消化管運動が低下しているときは亢進的に、運動が亢進しているときは抑制的に働く。)があるとされる。

c タンニン酸アルブミンは、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることを目的として配合されている場合がある。

d ロペラミド塩酸塩は、腸管の運動を低下させる作用を示し、胃腸鎮痛鎮痙薬との併用は避ける必要がある。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


胃腸に作用する薬の配合成分に関する問題。
a,cの判断が結構迷う。

a 誤り。ベルべリン塩化物は腸内殺菌成分。収斂作用のある成分としては タンニン酸アルブミンやビスマスを含む成分などが該当する。
b 正しい。トリメブチンマレイン酸塩は消化管(胃及び腸)の平滑筋に直接作用し、消化管の運動を調整する。
c 誤り。タンニン酸アルブミンは収斂成分なので説明が不適切。これは吸着成分に関する内容なので、炭酸カルシウム、沈降炭酸カルシウムなどが該当する。
d 正しい。ロペラミド塩酸塩は代表的な止瀉薬成分。なお、食あたりや水あたりによる下痢(感染性胃腸炎)が疑われる場合は適応対象ではない点も憶えておきたい。市販薬ではトメダインが有名。

正答・・・3


問33
瀉下薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 酸化マグネシウムは、腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増し、また、大腸を刺激して排便を促すことを目的として配合されている場合がある。

b ヒマシ油は、比較的作用が穏やかなため、主に3歳未満の乳幼児の便秘に用いられる。

c ビサコジルは、大腸のうち特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促すと考えられている。

d マルツエキスは、腸内容物に水分を浸透しやすくする作用があり、水分不足に起因する便秘に効果がある。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 誤


瀉下薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。酸化マグネシウムは腸内容物の浸透圧を高めることで糞便中の水分量を増やす。また、大腸を刺激して排便を促す働きがある。

b 誤り。ヒマシ油は、腸内容物の急速な排除を目的として用いられる。妊婦や3歳未満の乳幼児では使用を避けることとされている。現在、瀉下薬として販売することはまずないが、駆虫薬とヒマシ油の併用回避については試験で頻出。
c 正しい。ビサコジルは大腸刺激性瀉下成分に分類され、特に結腸や直腸の粘膜を刺激して、排便を促すとされる。
d 誤り。マルツエキスは乳幼児受けの便秘薬として知られる。主成分の麦芽糖が腸内細菌で発酵して生じるガスにより便通が促される。腸内容物に水分を浸透しやすくする作用がある成分としてはジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS)がある。

正答・・・4


問34
胃腸鎮痛鎮痙薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 複数の胃腸鎮痛鎮痙薬が併用された場合、泌尿器系や循環器系、精神神経系などに対する作用(副作用)が現れやすくなるため、胃腸鎮痛鎮痙薬を使用している間は、他の胃腸鎮痛鎮痙薬の使用を避けることとされている。

b パパベリン塩酸塩は、抗コリン成分であり、胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛、癪)を鎮める作用を示すほか、胃酸過多や胸やけに対する効果も期待して用いられる。

c オキセサゼインは、局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされている。また、妊娠中や小児における安全性が確立されている。

d ブチルスコポラミン臭化物については、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることが知られている。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


胃腸鎮痛鎮痙薬及びその配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 誤り。パパベリン塩酸塩については「抗コリン成分と異なり胃液分泌を抑える作用は見出されない」の内容は良く問われる。それを知っていれば誤りと判断できる。
c 誤り。オキセサゼインは局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされている。OTCでは「サクロンQ」ぐらい。5章でも出題されることがあり、妊婦又は妊娠していると思われる女性、15歳未満の小児では使用を避けることも合わせて押さえておきたい。
d 正しい。ブチルスコポラミン臭化物は代表的な胃腸鎮痛鎮痙薬。アナフィラキシーに関するこのような出題はまず正しいと思って良いでしょう(100%生じないと断言できる成分は基本的にない)

正答・・・4


問35
浣腸薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 浣腸薬は、便秘の場合に排便を促すことを目的として、小腸及び大腸内に適用される医薬品である。

b 乳幼児では、浣腸薬の安易な使用を避けることとされている。

c 腹痛が著しい場合や便秘に伴って吐きけや嘔吐が現れた場合には、急性腹症(腸管の狭窄、閉塞、腹腔内器官の炎症等)の可能性があり、浣腸薬の配合成分の刺激によってその症状を悪化させるおそれがある。

d 注入剤を半量等使用した場合、残量を密封して冷所に保存すれば、感染のおそれがないので再利用できる。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


浣腸薬に関する問題。

a 誤り。×小腸及び大腸内→○直腸内
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。常識的に不衛生なのは理解できるでしょう。

正答・・・1


問36
駆虫薬及びその配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 駆虫薬は、消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、食後に使用することとされているものが多い。

2 ピペラジンリン酸塩は、アセチルコリン伝達を妨げて、回虫及び蟯虫の運動筋を麻痺させる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

3 カイニン酸は、回虫に痙攣を起こさせる作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。

4 サントニンは、回虫の自発運動を抑える作用を示し、虫体を排便とともに排出させることを目的として用いられる。


駆虫薬に関する問題。
現在のOTC販売現場では殆ど活用できない知識分野だが、ほぼ毎年出題されている。
パモ酸ピルビニウムは現在でもOTCとして販売されており出題頻度も高いが、それ以外の成分が出題され一見難易度は高そうだが、実はそうでもない。

1 誤り。駆虫薬は消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、空腹時に使用することとされているものが多い。
2 正しい。ピペラジンリン酸塩に関する内容。
3 正しい。カイニン酸に関する内容。
4 正しい。サントニンに関する内容。
↓アマゾンサイト


正答・・・1


問37
強心薬に配合される生薬成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a センソが配合された丸薬、錠剤等の内服固形製剤は、口中で噛み砕くと舌等が麻痺することがあるため、噛
まずに服用することとされている。

b 一般用医薬品では、センソの1日用量が5mg以下となるよう用法・用量が定められており、それに従って適正に使用される必要がある。なお、通常用量においても、悪心(吐きけ)、嘔吐の副作用が現れることがある。

c ジャコウは、シカ科のマンシュウアカジカ又はマンシュウジカの雄のまだ角化していない、若しくは、わずかに角化した幼角を基原とする生薬で、強心作用の他、強壮、血行促進等の作用があるとされる。

d リュウノウは、心筋に直接刺激を与え、その収縮力を高める作用(強心作用)があるとされる。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


強心薬に関する問題。具体的な製品として「救心」や「六神丸」に配合されている成分である。

a 正しい。
b 正しい。センソ(蟾酥)はヒキガエル科のシナヒキガエル等の毒腺の分泌物を集めたものを基原とする生薬。微量で強い強心作用を示し、一般用医薬品では「1日用量5mg 以下」に用法用量が設定されている。
c 誤り。これはロクジョウ(鹿茸)に関する内容。ジャコウ(麝香)は、シカ科のジャコウジカの雄の麝香腺分泌物を基原とする生薬である。
d 誤り。

正答・・・1


問38
血中コレステロール及び高コレステロール改善薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a リポタンパク質は比重によっていくつかの種類に分類されるが、そのうち低密度リポタンパク質(LDL)は、末梢組織のコレステロールを取り込んで肝臓へと運ぶリポタンパク質である。

b ポリエンホスファチジルコリンは、コレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成するとされ、肝臓におけるコレステロールの代謝を促す効果を期待して用いられる。

c ビタミンB2(リボフラビン酪酸エステル等)は、コレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、中性脂肪抑制作用、過酸化脂質分解作用を有すると言われている。

d ビタミンE(トコフェロール酢酸エステル)は、LDL等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされる。

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)


コレステロールに関する問題。

a 誤り。これは善玉コレステロールとされる高密度リポタンパク質(HDL)に関する内容。LDLがいわゆる悪玉コレステロール。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。これはパンテチンに関する内容。

正答・・・2


問39
貧血用薬(鉄製剤)及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 貧血は、その原因によりビタミン欠乏性貧血、鉄欠乏性貧血等に分類されるが、鉄製剤で改善できるのは、鉄欠乏性貧血のみである。

b 鉄分の吸収は空腹時のほうが高いとされているが、消化器系への副作用を軽減するには、食後に服用することが望ましい。

c 服用の前後30分以内に緑茶やコーヒーを摂取すると、それらに含まれているタンニン酸によって、鉄の吸収が良くなる。

d コバルトは、糖質・脂質・タンパク質の代謝をする際に働く酵素の構成物質であり、エネルギー合成を促進する目的で、硫酸コバルトが配合されている場合がある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正

貧血用薬の配合成分に関する問題。昨年に引き続いてこの分野が出題されています。

a 正しい。「のみ」が気になるが正しい内容である。
b 正しい。
c 誤り。鉄剤とタンニン酸を含む飲食物を時間をあけず摂取すると、タンニン酸を反応して鉄の吸収が悪くなるとされている。(但し、実際には影響は小さく、それ程気にしなくても良いとも言われている。)
d 誤り。コバルトは赤血球ができる過程で必要不可欠なビタミンB12(~コバラミン) の構成成分である。

正答・・・3


問40
循環器用薬に配合されるユビデカレノンに関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

肝臓や心臓などの臓器に多く存在し、エネルギー代謝に関与する( a )の働きを助ける成分で、摂取された栄養素からエネルギーが産生される際に( b )とともに働く。
( c )の酸素利用効率を高めて収縮力を高めることによって血液循環の改善効果を示すとされる。
  a b c
1 ホルモン ビタミンC 平滑筋
2 ホルモン ビタミンB群 心筋
3 酵素 ビタミンB群 平滑筋
4 酵素 ビタミンC 心筋
5 酵素 ビタミンB群 心筋


循環器用薬に関する問題。この分野ではユビデカレノン(コエンザイムQ10)は頻出なので落とさないように。
ビタミンはどれか忘れないように。

a 酵素
b ビタミンB群
c 心筋

正答・・・5

(Visited 949 times, 1 visits today)

Follow me!