R3 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問41-50)

出題頻度の低い成分も登場し、やや迷う(問47,問49)

問41
痔及び痔疾用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 痔は、肛門付近の血管が鬱血し、肛門に負担がかかることによって生じる肛門の病気の総称で、その主な病態としては、痔核、裂肛、痔瘻がある。

b 一般用医薬品の痔疾用薬には、肛門部又は直腸内に適用する外用薬(外用痔疾用薬)と内服して使用する内用薬(内用痔疾用薬)がある。

c 外用痔疾用薬は、痔核(いぼ痔)又は裂肛(切れ痔)による痛み、痒み、腫れ、出血等の緩和、患部の消毒を目的とする坐剤、軟膏剤(注入軟膏を含む。)又は外用液剤である。

d 外用痔疾用薬の坐剤及び注入軟膏は、成分が循環血流中に入ることはないため、痔疾用薬の成分と同種の作用を有する成分を含む内服薬の併用による影響はない。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


痔及び痔疾用薬に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 正しい。
d 誤り。外用痔疾用薬は、成分の一部が直腸粘膜から吸収されて循環血流中に入りやすく、全身的な影響を生じることがある。なお、内用・外用痔疾患薬は併せて用いることはある。

正答・・・4


問42
1~5で示される生薬成分のうち、ツツジ科のクマコケモモの葉を基原とし、利尿作用のほかに、尿路の殺菌消毒効果を期待して用いられるものはどれか。

1 カゴソウ
2 ブクリョウ
3 モクツウ
4 ウワウルシ
5 ソウハクヒ


泌尿器用薬の分野で登場する生薬成分に関する問題。

この分野では、ウワウルシとカゴソウの出題頻度が高めだが、「尿路の殺菌消毒効果」からウワウルシを選択できるように。

正答・・・4


問43
婦人薬の適用対象となる体質・症状及び婦人薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 更年期(閉経周辺期)においては、月経周期が不規則になるほか、不定愁訴として血の道症(臓器・組織の形態的異常がなく、抑鬱や寝つきが悪くなる、神経質、集中力の低下等の精神神経症状が現れる病態)の症状が起こることがある。

b 女性ホルモン成分の長期連用により血栓症を生じるおそれがあり、また、乳癌や脳卒中などの発生確率が高まる可能性がある。

c 女性ホルモン成分は、妊婦又は妊娠していると思われる女性に対して安心して使用できる。

d 鎮静、鎮痛のほか、女性の滞っている月経を促す作用を期待して、カヤツリグサ科のハマスゲの根茎を基原とする生薬であるトウキが配合される場合がある。

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)


婦人薬の適用対象となる体質・症状及び婦人薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。妊娠中の女性ホルモン成分の摂取によって胎児の先天性異常の発生が報告されおり、妊娠中は使用を避ける。
d 誤り。トウキ(当帰)はセリ科のトウキ又はホッカイトウキの根を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬。

正答・・・1


問44
鼻炎用内服薬及びその配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 鼻粘膜の炎症による腫れを和らげることを目的として、グリチルリチン酸二カリウムが配合されている場合がある。

2 ケトチフェンは、肥満細胞から遊離したヒスタミンが受容体と反応するのを促すことにより、ヒスタミンの働きを助ける作用を示す。

3 鼻腔内の粘液分泌腺からの粘液の分泌を抑えるとともに、鼻腔内の刺激を伝達する副交感神経系の働きを抑えることによって、鼻汁分泌やくしゃみを抑えることを目的として、抗コリン成分のヨウ化イソプロパミドが配合されている場合がある。

4 内服薬として摂取されたアドレナリン作動成分は、吸収されて循環血流に入り全身的に作用する。


鼻炎用内服薬及びその配合成分に関する問題。

1 正しい。グリチルリチン酸二カリウムは抗炎症成分。
2 誤り。ケトチフェンは抗ヒスタミン成分なので、ヒスタミンが受容体と反応するのを妨げる。
3 正しい。関連記事:ヨウ化イソプロパミド
4 正しい。

正答・・・2


問45
鼻炎用点鼻薬の配合成分とその配合目的との関係のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

(配合成分) (配合目的)
a クロモグリク酸ナトリウム - 鼻粘膜を清潔に保ち、細菌による二次感染を防止する。
b ナファゾリン塩酸塩 - 鼻粘膜の充血や腫れを和らげる。
c リドカイン塩酸塩 - 鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑える。
d ベンゼトニウム塩化物 - 結核菌やウイルスを殺菌・不活化する。

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)


鼻炎用点鼻薬の配合成分に関する問題。

a 誤り。クロモグリク酸ナトリウムは抗アレルギー成分で、肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑える作用を示す。
↓クロモグリク酸ナトリウム含有の目薬

b 正しい。ナファゾリン塩酸塩は点鼻薬に良く使用されているアドレナリン作動成分
c 正しい。リドカインは局所麻酔成分。
d 誤り。ベンゼトニウム塩化物は殺菌消毒成分だが、結核菌やウイルスには効果がない。

正答・・・2


問46
点眼薬の使用に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 点眼の際に容器の先端が眼瞼(まぶた)や睫毛(まつげ)に触れると、雑菌が薬液に混入して汚染を生じる原因となるため、触れないように注意しながら1滴ずつ正確に点眼する。

b 人工涙液は、涙液成分を補うことを目的とするもので、目の疲れや乾き、コンタクトレンズ装着時の不快感等に用いられる。

c 点眼薬の使用によって、全身性の副作用が現れることはない。

d コンタクトレンズをしたままでの点眼は、ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズに関わらず、添付文書に使用可能と記載されてない限り行うべきでない。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


点眼薬の使用に関する問題。

a 正しい。
b 正しい。人工涙液は、目の疲れやコンタクトレンズ装着時の不快感等に用いられる。代表製品は「ソフトサンティア」

c 誤り。全身性の副作用が現れることがある。
d 正しい。

正答・・・5


問47
眼科用薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a ヒドロキシプロピルメチルセルロースは、結膜や角膜の乾燥を防ぐことを期待して配合される。

b スルファメトキサゾールナトリウムは、目の疲れを改善することを期待して配合される。

c アズレンスルホン酸ナトリウム(水溶性アズレン)は、炎症を生じた眼粘膜の組織修復を促す作用を期待して配合される。

d ホウ酸は、眼粘膜のタンパク質と結合して皮膜を形成し、外部の刺激から保護する作用を期待して配合される。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


眼科用薬の配合成分に関する問題。

a 正しい。ヒドロキシプロピルメチルセルロースは目の乾きを改善する成分。出題頻度はかなり低いので迷ったでしょう。
b 誤り。スルファメトキサゾールはサルファ剤(抗菌成分)。
↓スルファメトキサゾール含有の目薬

c 正しい。
d 誤り。ホウ酸は洗眼薬として用時水に溶解し、結膜嚢の洗浄・消毒に用いられる(高齢者ではこのような使い方を経験した方も多い)。なお、最近は既に点眼タイプになった便利な製品も登場している。他にも、ホウ酸は点眼薬の防腐剤としても使用される。


正答・・・1


問48
第1欄の記述は、きず口等の殺菌消毒成分に関するものである。第1欄の記述に該当する成分として正しいものは第2欄のどれか。

第1欄
黄色の色素で、一般細菌類の一部(連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などの化膿菌)に対する殺菌消毒作用を示すが、真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない。比較的刺激性が低く、創傷患部にしみにくい。衣類等に付着すると黄色く着色し、脱色しにくくなることがある。

第2欄
1 オキシドール(過酸化水素水)
2 ベンザルコニウム塩化物
3 エタノール(消毒用エタノール)
4 ヨウ素系殺菌消毒成分
5 アクリノール


きず口等の殺菌消毒成分に関する問題。

「衣類等に付着すると黄色く着色」から、容易にアクリノールを選択できるように。なお、アクリノールは真菌、結核菌、ウイルスに対しては効果がない。 


正答・・・5


問49
外皮用薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ヘパリン類似物質には、血液凝固を抑える働きがあるため、出血しやすい人、出血が止まりにくい人、出血性血液疾患(血友病、血小板減少症等)の診断を受けた人では、使用を避ける必要がある。

b ステロイド性抗炎症成分が配合された一般用医薬品の外皮用薬を使用して症状が抑えられた場合には、長期間にわたって使用することが適切である。

c 紫外線により、使用中又は使用後しばらくしてから重篤な光線過敏症が現れることがあるため、ケトプロフェンが配合された外皮用薬を使用している間及び使用後も当分の間は、天候にかかわらず、戸外活動を避けるとともに、日常の外出時も塗布部を衣服、サポーター等で覆い、紫外線に当たるのを避ける必要がある。

d きり傷、擦り傷等の創傷面の痛みや、あせも、虫さされ等による皮膚の痒みを和らげることを目的として、局所麻酔成分であるポリエチレンスルホン酸ナトリウムが配合されている場合がある。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


外皮用薬及びその配合成分に関する問題。

a 正しい。ヘパリン類似物質は血行促進や保湿を目的に用いられる(医療用ではヒルドイドが超有名)。血液凝固を抑える働きがあるため、出血しやすい人、出血が止まりにくい人、出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑症など)の診断を受けた人では、使用を避ける。

b 誤り。ステロイド性抗炎症成分は長期連用を避ける必要がある。
c 正しい。ケトプロフェンの光線過敏症に関する内容は、5章でも頻出。
d 誤り。ポリエチレンスルホン酸ナトリウムは血行促進成分。殆ど出題されていない成分で迷ったでしょう。

正答・・・4


問50
抗菌作用を示す成分及び抗真菌作用を示す成分に関する記述のうち、正しいものはどれか。

1 オキシコナゾール硝酸塩は、細菌のDNA合成を阻害することにより抗菌作用を示す。

2 クロラムフェニコールは、皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げることにより、その増殖を抑える。

3 バシトラシンは、細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を示す。

4 ピロールニトリンは、細菌のタンパク質合成を阻害することにより抗菌作用を示す。


抗菌作用を示す成分及び抗真菌作用を示す成分に関する問題。
抗菌成分と抗真菌成分の複合問題で、知識不足だと迷う。

1 誤り。オキシコナゾールはイミダゾール系の抗真菌成分。皮膚糸状菌の細胞膜を構成する成分の産生を妨げたり、細胞膜の透過性を変化させることにより、その増殖を抑える。(作用機序が2つ記載されているは、イミダゾール系の大きな特徴)
2 誤り。クロラムフェニコールは抗菌成分で、細菌のタンパク質合成を阻害することにより抗菌作用を示す。市販薬では「クロマイN軟膏」に配合されている。
3 正しい。バシトラシンは細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を示す。
4 誤り。ピロールニトリンは、菌の呼吸や代謝を妨げることにより、皮膚糸状菌の増殖を抑える。単独での抗真菌作用は弱く、他の抗真菌成分と組み合わせて配合される点も合わせて押さえておきたい。例えば「ピロエースW」はクロトリマゾールと一緒に配合されている。


正答・・・3

(Visited 81 times, 1 visits today)

Follow me!