R3 関西広域連合 第3章 主な医薬品とその作用 (問51-60)

問58(消毒薬)は難しい。他も幅広い知識が求められている。

問51
毛髪用薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a カルプロニウム塩化物は、頭皮における抗菌、抗炎症作用を期待して用いられる。

b エストラジオール安息香酸エステル配合の毛髪用薬は、局所的に作用するため、妊婦又は妊娠していると思われる女性でも、医薬品の販売等に従事する専門家に相談することなく使用することができる。

c カシュウは、頭皮における脂質代謝を高めて、余分な皮脂を取り除く作用を期待して用いられる。

d チクセツニンジンは、頭皮の血行促進、抗炎症などの作用を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


毛髪用薬の配合成分に関する問題。

a 誤り。カルプロニウム塩化物は、使用部位においてアセチルコリンに類似した作用(コリン作用)を示し、頭皮の血管を拡張、毛根への血行を促すとされる。カロヤン等の毛髪用薬にも配合されている。
b 誤り。 エストラジオール安息香酸エステルは、女性ホルモンによる脱毛抑制効果を期待して用いられる。局所的な作用を目的とするが、頭皮から吸収されて循環血流中に入る可能性を考慮し、妊婦又は妊娠していると思われる女性では使用を避ける。
c 正しい。カシュウ(何首烏)はツルドクダミの塊根由来の生薬であり、育毛生薬成分として知られる。
d 正しい。
↓アマゾンサイト(カルプロニウム塩化物、カシュウ、チクセツニンジンも配合されています)


正答・・・3


問52
歯槽膿漏薬の配合成分とその配合目的としての作用に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

  配合成分/配合目的としての作用
a グリチルリチン酸二カリウム / 歯肉溝での細菌の繁殖を抑える
b カルバゾクロム / 歯周組織の血行を促す
c フィトナジオン(ビタミンK1) / 歯周組織からの出血を抑える
d 銅クロロフィリンナトリウム / 歯周組織の修復を促す

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 正 誤


歯槽膿漏薬の配合成分とその配合目的としての作用に関する問題。

a 誤り。グリチルリチン酸二カリウムは抗炎症成分。
b 誤り。歯槽膿漏薬には、止血成分のカルバゾクロム(医療用ではアドナとして知られる)が配合されることがある。他に痔疾患用薬でも登場します。
c 正しい。
d 正しい。銅クロロフィリンナトリウムは組織修復成分。

正答・・・4


問53
一般用医薬品の禁煙補助剤に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a ニコチン置換療法は、喫煙しながら禁煙補助剤を使用し、段階的に喫煙量を減らして、最終的に禁煙に導く方法である。

b 禁煙補助剤には、咀嚼剤とパッチ製剤があり、ニコチンが口腔粘膜から吸収又は皮膚を透過して血中に移行する。

c 咀嚼剤は、ゆっくりと断続的に噛むこととされているが、噛みすぎて唾液が出過ぎたときは、飲み込まずにティッシュ等に吐き出すとよい。

d ニコチンは、インスリンの血糖降下作用に拮抗して、効果を妨げるおそれがあるため、インスリン製剤を使用している人は使用前に医師等に相談する必要がある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 正 正 正
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


禁煙補助剤(ニコチン置換療法)に関する問題。

a 誤り。禁煙補助剤は喫煙を完全に止めたうえ使用することとされている。特に使用中又は使用直後の喫煙は、血中ニコチン濃度が急激に高まるおそれがあり避ける必要がある。
b 正しい。
c 正しい。咀嚼剤は、菓子のガムのように噛むと唾液が多く分泌され、ニコチンが唾液とともに飲み込まれてしまい、口腔粘膜からの吸収が十分なされず、また、吐きけや腹痛等の副作用が現れやすくなるため、ゆっくりと断続的に噛むこととされている。
d 正しい。
↓アマゾンサイト


正答・・・3


問54
滋養強壮保健薬及び配合される生薬成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a インヨウカクは、強壮、血行促進、強精等の作用を期待して用いられる。

b タイソウは、主に強壮作用を期待して配合されている場合がある。

c 数種類の生薬をアルコールで抽出した薬用酒は、手術や出産の直後等の滋養強壮を目的として用いられる。

d ヨクイニンは、肌荒れやいぼに用いられる。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


滋養強壮保健薬及び配合される生薬成分に関する問題。
薬用酒の出題は珍しい。bがわからなくても正答できる。

a 正しい。
b 正しい。
c 誤り。薬用酒は滋養強壮を目的として用いられるが、血行を促進させる作用があることから、手術や出産の直後等で出血しやすい人では使用を避ける。
d 正しい。「ハトムギの種皮を除いた種子」「肌荒れ・いぼ」ときたらヨクイニン


正答・・・5


問55
滋養強壮保健薬とその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a システインは、下垂体や副腎系に作用し、ホルモン分泌の調節に関与するとされ、主薬製剤の服用後、ときに生理(月経)が早く来たり、経血量が多くなったりする。

b ガンマ-オリザノールは、妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる女性および妊娠を希望する女性では、新生児の先天異常の割合が上昇したとの報告があるため、過剰摂取に留意する必要がある。

c 十全大補湯は、胃腸の弱い人では、胃部不快感の副作用が現れやすい等、不向きとされる。

d 補中益気湯は、まれではあるが、重篤な副作用として間質性肺炎や肝機能障害が生じることがある。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 誤 正 正
3 誤 誤 誤 正
4 正 正 誤 誤
5 正 誤 正 誤


滋養強壮保健薬とその配合成分に関する問題。

a 誤り。難しい内容がかかれているが、これはビタミンEに関する内容。関連記事:システイン
b 誤り。妊婦中の過剰摂取への留意、新生児の先天異常から容易にビタミンAに関する内容とわかる。
c 正しい。十全大補湯は「病後・術後の体力低下」が特徴的キーワード。
d 正しい。補中益気湯は「胃腸の働きが衰えて」「食欲不振」などが特徴的キーワード。

正答・・・2


問56
漢方の特徴、漢方薬使用時における基本的な考え方に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 漢方処方製剤は、用法用量において特に適用年齢に定めがない場合は、乳児であっても月齢に関係なく使用できる。

b 漢方薬は、現代中国で利用されている中医学に基づく中薬とは、考え方等が異なっている。

c 漢方処方は、処方全体としての適用性等、その性質からみて処方自体が一つの有効成分として独立したものという見方をすべきものである。

d 漢方処方製剤は、患者の「証」に合わないものが選択された場合、副作用を招きやすくなる。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 正 正
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 正 誤 正


漢方の特徴、漢方薬使用時における基本的な考え方に関する問題。

a 誤り。これは頻出の内容。漢方処方製剤は、用法用量において適用年齢の下限が設けられていない場合(実際殆どないが)であっても、生後3ヶ月未満の乳児には使用しないことになっている。
b 正しい。
c 正しい。
d 正しい。

正答・・・4


問57
肥満症又は肥胖症に用いられる漢方処方製剤に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 防已黄耆湯は、体力が充実して脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの肥満症に適すとされる。

b 防風通聖散は、体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの高血圧や肥満症に適すとされる。

c 大柴胡湯は、体力中等度以下で、疲れやすく、汗のかきやすい傾向があるものの肥満に適すとされる。

d 防已黄耆湯及び防風通聖散は、いずれも構成生薬としてカンゾウを含まない。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 誤 正 正


肥満症又は肥胖症に用いられる漢方処方製剤に関する問題。
なお、肥胖症(ひとんしょう)とは脂肪過多症(肥満症)の漢方医学における呼称で、問題ではあまり使われていない。
これまでも頻出の内容ですが、最近は特徴的なキーワードを使わずに作問されている。

a 誤り。これは大柴胡湯に関する内容。「常習便秘」が特徴的なキーワードだが、そこまで記載されていない。
b 正しい。防風通聖散は「腹部に皮下脂肪」「肥満症」が特徴的なキーワード。
c 誤り。これは防已黄耆湯に関する内容。これまで「関節痛」「水ぶとり」「多汗症」あたりがキーワードだが、そこまで記載されていない。
d 誤り。いずれもカンゾウ(甘草)を含んでいる。

正答・・・3


問58
消毒薬とその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 器具等の殺菌・消毒を目的とする消毒薬は、配合成分やその濃度等があらかじめ定められた範囲内であれば、医薬部外品として流通することが認められている。

b イソプロパノールは、エタノールよりも粘膜刺激性が低いため、粘膜面や傷がある皮膚の殺菌・消毒によく用いられる。

c 有機塩素系殺菌消毒成分は、塩素臭や刺激性、金属腐食性が比較的抑えられており、プール等の大型設備の殺菌・消毒に用いられることが多い。

d アルカリ性の消毒薬が誤って皮膚に付着した場合には、水洗するよりも、できるだけ早く酸で中和することが重要である。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 誤 誤 正 誤
3 正 正 正 誤
4 正 誤 正 誤
5 誤 正 誤 正


消毒薬とその配合成分に関する問題。
これはaの判断が難しかったでしょう。

a 誤り。まず、手指や皮膚の殺菌・消毒目的の消毒薬のうち、配合成分やその濃度等があらかじめ定められた範囲内である製品については、医薬部外品として流通することが認められている。(コロナ禍で、医薬部外品の消毒薬も沢山見たことがあるでしょう)
一方で、器具等の殺菌・消毒を併せて目的とする製品については、医薬品としてのみ製造販売されている。(器具の消毒目的は基準が厳しい)
b 誤り。イソプロパノールは、ウイルスに対する不活性効果はエタノールよりも低いが、粘膜刺激性はエタノール同様に記載されている。
c 正しい。関連記事:トリクロルイソシアヌル酸
d 誤り。(常識的におかしいとわかるでしょうが)中和する処置は、熱を発生して刺激をかえって強め、状態が悪化するおそれがあるため不適切。念入りに水洗いする。

正答・・・2


問59
殺虫剤・忌避剤及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 殺虫剤や忌避剤の中には、原液を用時希釈して用いる等、取扱い上、人体に対する作用が緩和とはいえない製品がある。

b 燻蒸にてゴキブリの駆除を行う場合、卵は殺虫剤成分が浸透しない殻で覆われているため、孵化後にもう一度燻蒸処理を行う必要がある。

c メトプレンは、幼若ホルモンに類似した作用を有するため、ダニの駆除に用いられる。

d フェニトロチオンは、シラミの駆除を目的とする場合は、人体に直接適用されるものである。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


殺虫剤・忌避剤に関する問題。殺虫成分の出題ポイントも確認を。
cは分からなくても正答できる。

a 正しい。
b 正しい。3週間位後にもう一度燻蒸処理を行い、孵化した幼虫を駆除する必要がある。
c 誤り。メトプレンは昆虫成長阻害成分であり幼虫が蛹になるのを妨げるが、蛹にならず成虫になる不完全変態の昆虫やダニには無効。
d 誤り。✖フェニトロチオン⇒〇フェノトリン。シラミとくればピレスロイド系のフェノトリン(殺虫成分では、シラミ駆除用シャンプーとして唯一人体に直接適応される)

正答・・・1


問60
一般用検査薬及びその販売に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 一般の生活者が、自らの健康状態を把握し、医療機関の受診につなげていくためのもので、悪性腫瘍の診断に関するものも販売されている。

b 薬局又は薬局を併設する店舗販売業においてのみ、取り扱うことが認められている。

c 検査に用いる検体として認められるのは、尿や糞便のように、侵襲なく採取できるものである。

d 販売する際、適切な情報提供が求められる事項の一つとして、検査結果に影響を及ぼす物質の説明がある。

  a b c d
1 正 誤 正 正
2 正 正 正 誤
3 正 正 誤 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 正


一般用検査薬に関する問題。
尿糖・尿タンパク検査薬妊娠検査薬などの販売をイメージすればよい。

a 誤り。(常識的にわかるが)悪性腫瘍、心筋梗塞や遺伝性疾患など重大な疾患の診断に関係するものは対象外。
b 誤り。薬局又は医薬品の販売業(店舗販売業、配置販売業)において取り扱うことが認められている。
尿糖・尿タンパク検査薬妊娠検査薬は第二類医薬品扱いであり、薬局機能のない店舗販売業でも販売可能である。(配置販売業も可能だが、まずやっているところはない)
c 正しい。検査に用いる検体は、尿、糞便、鼻汁、唾液、涙液など採取に際して侵襲(採血や穿刺等)のないものである。
d 正しい。
尿糖・尿タンパク検査薬


正答・・・5

(Visited 740 times, 1 visits today)

Follow me!