R5 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問31-40)

問 31
胃の薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a 酸化マグネシウムは、中和反応によって胃酸の働きを弱めること(制酸)を目的として配合されている場合がある。

b テプレノンは、胃粘膜の炎症を和らげることを目的として配合されている場合があるが、まれに重篤な副作用として肝機能障害を生じることがある。

c アカメガシワは、味覚や嗅覚を刺激して反射的な唾液や胃液の分泌を促すことにより、弱った胃の働きを高めることを目的として配合されている場合がある。

d ウルソデオキシコール酸は、胆汁の分泌を促す作用(利胆作用)があるとされ、消化を助ける効果を期待して用いられる。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


胃の薬の配合成分に関する問題。
アカメガシワは殆ど出題されていない成分で判断は難しい。

a 正 なお、酸化マグネシウムは瀉下薬(便秘薬)としても出題されます。
↓瀉下薬(便秘薬)として配合された製品

b 誤 テプレノン胃粘膜保護・修復成分で、胃粘液の分泌、胃粘膜の保護、荒れた胃粘膜の修復を促す等の作用を期待して用いられる。なお、市販薬では「セルベール🄬」の成分として知られる。

c 誤 これは、オウバク、オウレン、センブリ等の健胃成分に関する記述。アカメガシワ胃粘膜保護作用を期待して用いられる。
d 正

正解・・・4


問 32
腸の薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ベルベリンは、生薬のオウバクやオウレンの中に存在する物質のひとつであり、抗菌作用のほか、抗炎症作用も併せ持つとされる。

b 木クレオソートは、瀉下作用のほか、局所麻酔作用もあるとされる。

c 乳酸カルシウムは、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることを目的として配合されている場合がある。

d ピコスルファートナトリウムは、胃や小腸では分解されないが、大腸に生息する腸内細菌によって分解されて、大腸への刺激作用を示すようになる。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


腸の薬の配合成分に関する問題。

a 正
b 誤 「瀉下作用(便秘薬)」ではなく「止瀉作用(下痢止め)」である。木クレオソートは、過剰な腸管の(蠕動)運動を正常化し、あわせて水分や電解質の分泌も抑える止瀉作用がある。(木クレオソートは正露丸の成分)
c 正
d 正 関連記事:ピコスルファートナトリウム  「小腸で分解されて・・」ときたらひっかけなので注意。
↓ピコスルファートナトリウムが主成分の便秘薬


正解・・・5


問 33
胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a メチルベナクチジウム臭化物は、抗コリン作用により、胃痛、腹痛、さしこみ(疝痛、癪)を鎮めること(鎮痛鎮痙)のほか、胃酸過多や胸やけに対する効果も期待して用いられる。

b パパベリン塩酸塩は、消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用と、胃液分泌を抑える作用を示す。

c オキセサゼインは、消化管の粘膜及び平滑筋に対する麻酔作用による鎮痛鎮痙の効果を期待して配合されている場合がある。

d ロートエキスは、吸収された成分の一部が母乳中に移行して乳児の脈が遅くなるおそれがある。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分に関する問題。
パパベリン塩酸塩は頻出で「胃酸分泌を抑える作用はない」「(抗コリン成分には分類されないが)眼圧を上昇させる作用を示す」点が良く問われている。

a 正
b 誤 パパベリン塩酸塩は消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すとされるが、抗コリン成分と異なり胃液分泌を抑える作用は見出されない
c 正 オキセサゼイン局所麻酔成分で、消化管の粘膜及び平滑筋に対する麻酔作用による鎮痛鎮痙の効果を期待して用いられる。
なお、市販薬では「サクロン🄬Q」の主成分として知られる。
他に胃液分泌を抑える作用もあるとされている。オキセサゼインは5章でも出題されることがあり、妊婦又は妊娠していると思われる女性、15歳未満の小児では使用を避けることも合わせて押さえておきたい。
d 誤 「乳児の脈が遅くなる」ではなく「乳児の脈が速くなる頻脈)」。ロートエキス抗コリン成分(相対的に交感神経系を優位≒脈が速くなる)であることと、結びつけると覚えやすい。

正解・・・2


問 34
浣腸薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 浣腸薬は一般に、直腸の急激な動きに刺激されて流産・早産を誘発するおそれがあるため、妊婦又は妊娠していると思われる女性では使用を避けるべきである。

b 腹痛が著しい場合や便秘に伴って吐きけや嘔吐が現れた場合には、急性腹症(腸管の狭窄、閉塞、腹腔内器官の炎症等)の可能性があり、浣腸薬の配合成分の刺激によってその症状を悪化させるおそれがある。

c 炭酸水素ナトリウムを主薬とする坐剤では、浸透圧の差によって腸管壁から水分を取り込んで直腸粘膜を刺激し、排便を促すが、まれに重篤な副作用としてショックを生じることがある。

d 注入剤の半量等を使用する用法がある場合、残量を再利用するためには冷蔵庫で保管する必要がある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


浣腸薬及びその配合成分に関する問題。

a 正
b 正
c 誤 これはグリセリンやソルビトールに関する記述。炭酸水素ナトリウムを主薬とする坐剤は、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激し排便を促す。

d 誤 残量を再利用すると感染のおそれがあり、使用後は廃棄する。

正解・・・3


問 35
駆虫薬に関する記述のうち、正しいものはどれか。

1 一般用医薬品の駆虫薬が対象とする寄生虫は、回虫、蟯虫及び条虫(いわゆるサナダ虫など)である。

2 腸管内に生息する虫体にのみ作用し、虫卵や腸管内以外に潜伏した幼虫(回虫の場合)には駆虫作用が及ばない。

3 消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、食後に使用することとされているものが多い。

4 駆虫効果を高めるため、複数の駆虫薬を併用することが望ましい。


駆虫薬に関する問題。

1 誤 一般用医薬品の駆虫薬が対象とする寄生虫は、回虫と蟯虫である。(条虫は対象外)
2 正 
3 誤 食後に使用すると、消化管内容物の消化・吸収に伴って駆虫成分の吸収が高まることから、空腹時に使用することとされているものが多い。
4 誤 複数の駆虫薬を併用しても駆虫効果が高まることはなく、副作用が現れやすくなり、組合せによっては駆虫作用が減弱することもある。

正解・・・2


問 36
強心薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a センソが配合された丸薬、錠剤等の内服固形製剤は、口中で噛み砕いて服用することとされている。

b ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を静める等の作用があるとされる。

c リュウノウは、中枢神経系の刺激作用による気つけの効果を期待して用いられる。

d 苓桂朮甘湯には、強心作用が期待される生薬が含まれているため、通常用量においても、悪心(吐きけ)、嘔吐の副作用が現れることがある。

1(a、c) 2(b、c) 3(b、d) 4(a、d)


強心薬及びその配合成分に関する問題。
生薬については、具体的な製品として「救心」や「六神丸」に含まれる生薬についての知識が問われている。

a 誤 センソ(蟾酥)は、皮膚や粘膜に触れると局所麻酔作用を示し、口中で噛み砕くと舌等が麻痺することがあるため、噛まずに服用する。また、有効域が比較的狭い成分であり、一般用医薬品での「1日用量5mg 以下」については数字も押さえておく。
b 正 関連記事:ゴオウ(牛黄)
c 正
d 誤 苓桂朮甘湯は(手引きでは強心薬の分野で登場するが)強心作用が期待される生薬は含まれず、主に利尿作用により、水毒(漢方では、体の水分が停滞・偏在して、その循環が悪いことを意味する)の排出を促すことで、動悸・息切れ等への効果が期待される。

正解・・・2


問 37
脂質異常症に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

医療機関で測定する検査値として、低密度リポタンパク質(LDL)が( a )mg/dL 以上、高密度リポタンパク質(HDL)が( b )mg/dL 未満、中性脂肪が( c )mg/dL 以上のいずれかである状態を、脂質異常症という。

  a b c
1 140  40  150
2 140  40  140
3 140  50  150
4 150  40  140
5 150  50  140


脂質異常症に関する問題。
細かい数値まで覚えている必要があるので、やや対応しづらかったでしょう。
また、LDLコレステロールを「悪玉コレステロール」、HDLコレステロールを「善玉コレステロール」と呼ぶことは是非知っておこう。

a 140
b 40
c 150

正解・・・1


問 38
高コレステロール改善薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 高コレステロール改善薬は、血中コレステロール異常に伴う末梢血行障害(手足の冷え、痺れ)の緩和等を目的として使用される。

b ビタミンB2は、コレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、中性脂肪抑制作用、過酸化脂質分解作用を有すると言われている。

c パンテチンは、低密度リポタンパク質(LDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を低下させて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされている。

d リノール酸には、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされている。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


高コレステロール改善薬及びその配合成分に関する問題。

a 正
b 正
c 誤 「リポタンパクリパーゼ活性を低下させて」ではなく、「リポタンパクリパーゼ活性を高めて」である。
d 誤 リノール酸はコレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成するとされ、肝臓におけるコレステロールの代謝を促す。なお、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされるは大豆油不けん化物(ソイステロール)。

正解・・・1


問 39
貧血用薬(鉄製剤)には、貧血を改善するためビタミン成分が配合されている場合がある。次の1~5で示されるビタミンのうち、鉄が消化管内で吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられるものはどれか。

1 ビタミンA
2 ビタミンB1
3 ビタミンB6
4 ビタミンB12
5 ビタミンC


ビタミンC(アスコルビン酸等)は、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。
他にも、貧血用薬にはへモグロビン産生に必要なビタミンB6、正常な赤血球の形成に働くビタミンB12や葉酸などのビタミン成分が配合されている場合がある。

正解・・・5


問 40
循環器用薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ユビデカレノンは、心筋の酸素利用効率を高めて収縮力を高めることによって血液循環の改善効果を示すとされ、15歳未満の小児向けの製品もある。

b 三黄瀉心湯を鼻血に用いる場合には、漫然と長期の使用は避け、5~6回使用しても症状の改善がみられないときは、いったん使用を中止して専門家に相談がなされるなどの対応が必要である。

c イノシトールヘキサニコチネートは、ニコチン酸が遊離し、そのニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を改善する作用を示すとされ、ビタミンEと組み合わせて用いられる場合が多い。

d 七物降下湯は、体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)に適すとされるが、15歳未満の小児への使用は避ける必要がある。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


循環器用薬及びその配合成分に関する問題。
この分野でユビデカレノンは頻出。
別名コエンザイムQ10 とも呼ばれ、エネルギーが産生される際にビタミンB群とともに働くことも押さえておく。

a 誤 小児において、心疾患は医師の診療を受けることが優先されるべきであることから、15歳未満の小児向けの製品はない。
b 正 関連記事:三黄瀉心湯
c 正
d 正 関連記事:七物降下湯

正解・・・4

(Visited 60 times, 1 visits today)

Follow me!