R5 愛知県(東海・北陸地区共通)第3章 主な医薬品とその作用(問41-50)

問 41
痔の薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 局所への穏やかな刺激によって痒みを抑える効果を期待して、熱感刺激を生じさせるクロタミトンが配合されている場合がある。

b 酸化亜鉛は、粘膜表面に不溶性の膜を形成することによる、粘膜の保護・止血を目的として、外用痔疾用薬に配合されている場合がある。

c 組織修復成分であるアラントインは、痔による肛門部の創傷の治癒を促す効果を期待して、外用痔疾用薬に配合されている場合がある。

d カイカクは、主に麻酔作用を期待して内用痔疾用薬に配合されている場合がある。

  a b c d
1 誤 誤 正 正
2 正 誤 誤 正
3 正 正 誤 誤
4 正 正 正 誤
5 誤 正 正 正


痔の薬及びその配合成分に関する問題。
出題頻度の低い酸化亜鉛やカイカクの知識が問われており判断しづらい。
ここで登場する、温感刺激成分のクロタミトン、収斂・皮膚保護成分の酸化亜鉛、組織修復成分のアラントインは、皮膚に用いる薬としても出題される。

a 正
b 正
c 正
d 誤 カイカクはマメ科のエンジュの成熟果実を基原とする生薬で、止血効果を期待して用いられる。

正解・・・4


問 42
第1欄の記述は、泌尿器用薬として使用される漢方処方製剤に関するものである。該当する漢方処方製剤は第2欄のどれか。

第1欄
体力に関わらず使用でき、排尿異常があり、ときに口が乾くものの排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿、むくみに適すとされる。

第2欄
1 八味地黄丸
2 竜胆瀉肝湯
3 猪苓湯
4 牛車腎気丸
5 六味丸


泌尿器用薬として使用される漢方処方製剤に関する問題。
選択肢が、すべて泌尿器用薬として登場する漢方であり絞りづらいが、「体力に関わらず使用できる」ことと、「排尿異常」「排尿痛」「頻尿」といった膀胱炎様症状のキーワードから、猪苓湯を選べるように。

正解・・・3


問 43
婦人薬及びその配合成分に関する記述のうち、誤っているものはどれか。

1 漢方処方製剤である温経湯は、構成生薬としてマオウを含む。

2 鎮痛・鎮痙の作用を期待して、シャクヤク、ボタンピが配合されている場合がある。

3 エチニルエストラジオールは、長期連用により血栓症を生じるおそれがある。

4 センキュウは、血行を改善し、血色不良や冷えの症状を緩和するほか、強壮、鎮静、鎮痛等の作用を期待して用いられる。


婦人薬及びその配合成分に関する問題。
温経湯のマオウの有無を問われることは珍しく、1だけでの判断は難しい。
なお当ブロックではマオウの有無は3年連続出題されており、前年は葛根湯で有無が問われていた。
但し、全ての漢方でカンゾウやマオウの有無を覚えることは現実的ではないので、直前期であればあまり深追いしない。

1 誤 温経湯にはマオウ(麻黄)は含まれていない。
2 正 シャクヤク(芍薬)の鎮痛・鎮痙作用は、こむら返りで使用されることで有名な芍薬甘草湯と結びつけて覚えると良い。
3 正 関連記事:エチニルエストラジオール
4 正

正解・・・1


問 44
次の表は、ある一般用医薬品のビタミン主薬製剤に含まれている主な有効成分の一覧である。
この医薬品に関する記述のうち、正しい組み合わせはどれか。

2錠中
レチノールパルミチン酸エステル 2.354mg
チアミン硝酸塩 10mg
ピリドキシン塩酸塩 15mg
シアノコバラミン 10µg
ニコチン酸アミド 25mg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 12mg

a この製剤はビタミン主薬製剤であり、多く摂取しても過剰症が生じるおそれはない。

b レチノールパルミチン酸エステルは、夜間視力を維持したり、皮膚や粘膜の機能を正常に保つために重要である。

c この製剤は、授乳婦の使用を避ける必要がある。

d シアノコバラミンは、赤血球の形成を助け、また、神経機能を正常に保つために重要である。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


一般用医薬品のビタミン主薬製剤に関する問題。
ビタミン類の名称は主要な部分だけ覚えれば試験対策上十分です。例えばビタミンA群のレチノール酢酸エステル、パルミチン酸レチノール等は、「レチノール」だけ覚えれば十分です。それよりも、どのビタミン群(A、B1,B2・・・)に分類されるかをしっかり覚えること。

レチノールはビタミンA,チアミンはビタミンB1、ピリドキシンはビタミンB6、シアノコバラミンはビタミンB12、トコフェロールはビタミンEであることは押さえておく。

a 誤 (ビタミンAビタミンD等の)脂溶性ビタミンでは、過剰摂取により過剰症を生じるおそれがある。
b 正 なお、ビタミンA(レチノール)は目の乾燥感、夜盲症(とり目)の症状の緩和に用いられる。
c 誤 ここは判断に迷いやすいでしょう。ビタミン類については、授乳」に関して使用上の注意の記載はない。但し、「妊娠」に関しては、ビタミンAについては、過剰摂取により先天異常の報告があることから「妊娠3ヶ月以内の妊婦、妊娠していると思われる人又は妊娠を希望する人」は「相談すること」とされているので、知識が混乱しないように注意したい。
d 正

正解・・・4


問 45
内服アレルギー用薬及びその配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a ジフェンヒドラミン塩酸塩は、母乳を与える女性は使用を避けるか、使用する場合には授乳を避ける必要がある。

b メキタジンは、まれに重篤な副作用として血小板減少を生じることがある。

c 生薬成分であるサイシンは、鼻づまり(鼻閉)への効果を期待して用いられる。

d プソイドエフェドリン塩酸塩は、高血圧の診断を受けた人では症状を悪化させるおそれがあるため、使用を避ける必要がある。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 正
4 誤 正 正 正
5 正 正 正 正


内服アレルギー用薬及びその配合成分に関する問題。

a 正 ジフェンヒドラミン塩酸塩は、乳児に昏睡を起こすおそれがあるため、使用する場合は授乳を避ける必要がある。
b 正 メキタジンは抗ヒスタミン成分です。
c 正
d 正 主に鼻づまりの症状緩和で配合されるアドレナリン作動成分のプソイドエフェドリン塩酸塩は超頻出で毎年出題されると思って良い。高血圧以外にも、心臓病、甲状腺機能障害、糖尿病の診断を受けた人でも使用を避ける必要がある。(第5章でも頻出)
↓プソイドエフェドリン塩酸塩を配合した鼻炎薬
 

正解・・・5


問 46
鼻炎と鼻炎用点鼻薬及びその配合成分に関する記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

a ヒスタミンの働きを抑えることにより、鼻アレルギー症状の緩和を目的として、フェニレフリン塩酸塩が配合されている場合がある。

b 急性鼻炎は、かぜの随伴症状として現れることが多く、鼻粘膜が刺激に対して敏感になることから、肥満細胞からヒスタミンが遊離してくしゃみや鼻汁等の症状を生じやすくなる。

c テトラヒドロゾリン塩酸塩が配合された点鼻薬は、過度に使用されると鼻粘膜の血管が反応しなくなり、血管が拡張して鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすくなる。

d ベンザルコニウム塩化物などの陽性界面活性成分は、ウイルスによる二次感染を防止することを目的として配合されている場合があるが、カンジダ等の真菌類には効果がない。

1(a、b) 2(b、c) 3(c、d) 4(a、d)


鼻炎と鼻炎用点鼻薬及びその配合成分に関する問題。

a 誤 フェニレフリン塩酸塩アドレナリン作動成分で、交感神経系を刺激して鼻粘膜を通っている血管を収縮させることにより、鼻粘膜の充血や腫れを和らげる。
b 正
c 正 テトラヒドロゾリン塩酸塩アドレナリン作動成分で、過度に使用されると鼻粘膜の血管が反応しなくなり、逆に血管が拡張して二次充血を招き、鼻づまり(鼻閉)がひどくなりやすくなる。
d 誤 ベンザルコニウム塩化物は、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌又はカンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示すが、結核菌やウイルスには効果がない

正解・・・2


問 47
眼科用薬に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a 一般用医薬品の点眼薬は、その主たる配合成分から、人工涙液、一般点眼薬、抗菌性点眼薬、アレルギー用点眼薬、緑内障用点眼薬に大別される。

b 点眼薬の1滴の薬液の量は、結膜嚢の容積よりも少ないため、副作用を抑えて、より高い効果を得るには、薬液が結膜嚢内に行き渡るよう一度に数滴点眼することが効果的とされる。

c 洗眼薬は、目の洗浄や眼病予防に用いられるものであり、抗炎症成分や抗ヒスタミン成分が配合されているものはない。

d 1回使い切りタイプとして防腐剤を含まない点眼薬では、ソフトコンタクトレンズ装着時にも使用できるものがある。

  a b c d
1 正 正 誤 誤
2 誤 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 誤 誤


眼科用薬に関する問題。
cの洗眼液は判断に迷う。

a 誤 一般用医薬品の点眼薬は、人工涙液、一般点眼薬、抗菌性点眼薬、アレルギー用点眼薬に大別されるが、緑内障の症状改善を目的としたものはない。(常識的にわかるでしょう)
b 誤 1滴の薬液の量は約50μL に対して、結膜嚢の容積は30μL 程度とされており、一度に何滴も点眼しても効果が増すわけではない
c 誤 洗眼薬は主な配合成分として、涙液成分、抗炎症成分、抗ヒスタミン成分等が用いられる。
d 正 
↓ソフトコンタクトレンズ使用中でも使用できる人工涙液


正解・・・4


問 48
目の調節機能を改善する配合成分に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組み合わせはどれか。

目を酷使すると、目の調節機能が低下し、目の疲れやかすみといった症状を生じるが、ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを( a )作用を示し、( b )におけるアセチルコリンの働きを( c )ことで、目の調節機能を改善する効果を目的として用いられる

  a b c
1 助ける 水晶体 抑える
2 助ける 毛様体 抑える
3 助ける 毛様体 助ける
4 抑える 毛様体 助ける
5 抑える 水晶体 助ける


目の調節機能を改善する配合成分(ネオスチグミンメチル硫酸塩)に関する問題。
なお、コリンエステラーゼとはアセチルコリンを分解する酵素である。

a 抑える
b 毛様体
c 助ける

↓「疲れ目」を標榜している市販の点眼剤は、大抵ネオスチグミンメチル硫酸塩が配合されている。


正解・・・4


問 49
きず口等の殺菌消毒薬の配合成分に関する記述の正誤について、正しい組み合わせはどれか。

a オキシドール(過酸化水素水)は、作用の持続性が乏しく、組織への浸透性も低い。

b エタノール(消毒用エタノール)は、比較的皮膚刺激性が低く、創傷面の殺菌・消毒に用いる場合は、脱脂綿やガーゼに浸し患部に貼付して使用することとされている。

c ポビドンヨードは、外用薬として用いた場合でも、まれにショック(アナフィラキシー)のような全身性の重篤な副作用を生じることがある。

d ベンゼトニウム塩化物は、石けんと混合すると相乗効果によって殺菌消毒効果が高まる。

  a b c d
1 正 誤 誤 正
2 誤 正 誤 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


きず口等の殺菌消毒薬の配合成分に関する問題。

a 正 関連記事:オキシドール(過酸化水素水)
b 誤 エタノールは創傷面の殺菌・消毒にも用いられるが、皮膚刺激性が強いため、患部表面を軽く清拭するにとどめ、脱脂綿やガーゼに浸して患部に貼付することは避けるべきとされている。
c 正 関連記事:ポビドンヨード
↓うがい薬(左)、傷口の消毒(右)に用いられるポビドンヨード(医療用)

d 誤 石けんとの混合によって殺菌消毒効果が低下するので、使用する場合には石けんを十分に洗い流す必要がある。

正解・・・3


問 50
外皮用薬の配合成分に関する記述のうち、正しいものはどれか。

1 イブプロフェンピコノールは、専ら鎮痛作用を期待して、筋肉痛、関節痛、打撲、捻挫等に用いられる。

2 ケトプロフェンは、紫外線により、使用中又は使用後しばらくしてから重篤な光線過敏症が現れることがあるため、野外活動が多い人では、光線過敏症の副作用を生じることのないピロキシカムが配合された製品に変更することが望ましい。

3 ステロイド性抗炎症成分は、広範囲に生じた皮膚症状や、慢性の湿疹・皮膚炎を抑えることを目的として用いられる。

4 皮膚表面に冷感刺激を与え、軽い炎症を起こして反射的な血管の拡張による患部の血行を促したり、知覚神経を麻痺させることによる鎮痛・鎮痒の効果を期待して、メントール、カンフル等が配合されている場合がある。


外皮用薬の配合成分に関する問題。
ケトプロフェンにおける副作用として光線過敏症は頻出で第5章でも良く出題されている。なお、(現在、市販薬ではほぼ見かけないが)ピロキシカムについても光線過敏症の副作用について問われることがある。

1 誤 イブプロフェンピコノールは、(解熱鎮痛成分の)イブプロフェンの誘導体であるが、外用での鎮痛作用はほとんど期待されない。吹き出物に伴う皮膚の発赤や腫れを抑え、専らにきび治療薬として用いられる。
2 誤 ピロキシカムでも光線過敏症の副作用を生じることがある。
3 誤 (一般用医薬品における)ステロイド性抗炎症成分は、広範囲に生じた皮膚症状や、慢性の湿疹・皮膚炎を対象とするものではない。なお、(一部の漢方の除き)要指導医薬品・一般用医薬品は基本的に慢性疾患には用いないものと判断して差し支えない。
4 正

正解・・・4

(Visited 57 times, 1 visits today)

Follow me!