R5 千葉県(東京・神奈川・埼玉共通) 第3章 主な医薬品とその作用 (問71-80)

標準レベルの内容が大部分である。

問71
口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a ポビドンヨードが配合された含嗽薬では、まれにショック(アナフィラキシー)のような全身性の重篤な副作用を生じることがある。

b 駆風解毒散は体力に関わらず使用でき、喉が腫れて痛む扁桃炎、扁桃周囲炎に適すとされる。

c セチルピリジニウム塩化物は、喉の粘膜を刺激から保護する目的で配合される。

d アズレンスルホン酸ナトリウムは、炎症を生じた粘膜組織の修復を促す作用を期待して配合されている場合がある。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 正 正 誤
3 正 正 誤 正
4 誤 誤 誤 正
5 正 誤 正 誤


口腔咽喉薬・うがい薬(含嗽薬)に関する問題

a 正 ポビドンヨードは殺菌消毒成分で、いわゆる「イソジンうがい薬」に使用されている成分。うがい薬の他に、きず口等への殺菌消毒薬としても登場します。
↓医療用のポビドンヨード製剤(うがい薬、消毒薬)

b 正 
c 誤 セチルピリジニウム塩化物は殺菌消毒成分。トローチの成分として良く使用されている。

d 正 アズレンスルホン酸ナトリウムは抗炎症成分であり正しい。殺菌消毒成分ではないことに注意。カミツレ由来で青い色をしているのが特徴である。


正解・・・3


問72
止瀉薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a タンニン酸ベルベリンは、タンニン酸(収斂作用)とベルベリン(抗菌作用)の化合物であり、消化管内ではタンニン酸とベルベリンに分かれて、それぞれ止瀉に働くことを期待して用いられる。

b 天然ケイ酸アルミニウムは、その抗菌作用により、細菌感染を原因とする下痢の症状を鎮めることを目的として配合される。

c 沈降炭酸カルシウムは、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることを目的として配合されている場合がある。

d ロペラミド塩酸塩は、腸管の運動を低下させる作用を示し、胃腸鎮痛鎮痙薬との併用は避ける必要がある。

  a b c d
1 正 誤 正 正
2 誤 正 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 誤 誤 誤
5 正 正 誤 誤


止瀉薬の配合成分に関する問題。

a 正 タンニン酸ベルベリンは、腸内殺菌成分である。(タンニン酸アルブミン・収斂成分とは区別しておくように)
b 誤 天然ケイ酸アルミニウムは吸着成分であり、腸管内の異常発酵等によって生じた有害な物質を吸着させることを目的に配合される。
c 正 沈降炭酸カルシウムは、止瀉薬の分野では吸着成分、胃の薬の分野では制酸成分として登場する。
↓太田胃散には制酸成分として配合されている。

d 正 なお、ロペラミド塩酸塩は代表的な止瀉薬成分(「トメダイン」など)で、食あたりや水あたりによる下痢(感染性胃腸炎)が疑われる場合は適応対象ではない点も頻出。


正解・・・1


問73
胃や腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 安中散は、体力中等度以下で、腹部は力がなくて、胃痛又は腹痛があって、ときに胸やけや、げっぷ、胃もたれ、食欲不振、吐きけ、嘔吐などを伴うものの神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱に適するとされる。

b 大黄甘草湯は、体力に関わらず使用でき、便秘、便秘に伴う頭重、のぼせ、湿疹・皮膚炎、ふきでもの、食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵、痔などの症状の緩和に適すとされる。

c 構成生薬にダイオウを含む漢方処方製剤では、吸収された成分の一部が乳汁中に移行し、乳児に下痢を生じるおそれがあるため、母乳を与える女性では使用を避けるか、又は使用期間中の授乳を避ける必要がある。

d 六君子湯は、まれに重篤な副作用として、肝機能障害を生じることが知られている。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 誤 誤 誤 正
3 誤 誤 正 正
4 正 正 正 誤
5 正 誤 誤 誤


胃や腸の不調を改善する目的で用いられる漢方処方製剤に関する問題

a 正 安中散は「神経性胃炎」が特徴的なキーワード。
b 正 大黄甘草湯に関する内容。
↓タケダ漢方便秘薬(大黄甘草湯)のパッケージ。なお、現在は大地の漢方便秘薬に名前が変わっています。
 
c 正 関連記事:ダイオウ(大黄)
d 正 関連記事:六君子湯

正解・・・1


問74
胃の薬の配合成分等に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a ロートエキスは、吸収された成分の一部が母乳中に移行して乳児の脈が遅くなるおそれがある。

b センブリは、味覚を刺激して反射的な唾液や胃液の分泌を促すことにより、弱った胃の働きを高めることを目的として配合されている場合がある。

c リュウタンは、クマ科の Ursus arctos Linné 又はその他近縁動物の胆汁を乾燥したものを基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。

d カルニチン塩化物は、胃の働きの低下や食欲不振の改善を期待して、胃腸薬や滋養強壮保健薬に用いられる。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


胃の薬の配合成分等に関する問題

a 誤 抗コリン成分のロートエキスは、吸収された成分の一部が母乳中に移行して乳児の脈が速くなる(頻脈)おそれがある。
b 正 センブリはリンドウ科のセンブリの開花期の全草を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
c 誤 これはユウタン(熊胆)に関する記述である。リュウタン(竜胆)は、リンドウ科のトウリンドウ等の根及び根茎を基原とする生薬で、苦味による健胃作用を期待して用いられる。
(試験範囲外の関連知識:なお、竜胆は、泌尿器用薬で登場する竜胆瀉肝湯の構成生薬でもあるが、この場合は清熱(消炎)を期待しており、目的が異なる)
d 正

正解・・・4


問75
胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分等に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a パパベリン塩酸塩は、胃液分泌を抑える目的で使用される。

b エンゴサクは、ナス科ハシリドコロの根茎及び根を基原とし、鎮痛鎮痙作用を期待して配合される。

c オキセサゼインは、局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされている。

d ブチルスコポラミン臭化物については、まれに重篤な副作用としてショック(アナフィラキシー)を生じることが知られている。

1(a、b) 2(a、d) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


胃腸鎮痛鎮痙薬の配合成分等に関する問題
dは令和2年、令和3年にも同様の内容が出題されている。

a 誤 パパベリン塩酸塩は消化管の平滑筋に直接働いて胃腸の痙攣を鎮める作用を示すが、「抗コリン成分と異なり胃液分泌を抑える作用は見出されない」は頻出なので押さえておく。
b 誤 エンゴサク(延胡索)ではなく、ロートコン(この抽出物がロートエキス)に関する記述である。
エンゴサク(延胡索)は、ケシ科の植物(詳細省略)の塊茎を、通例、湯通ししたものを基原とする生薬で、鎮痛鎮痙作用を期待して用いられる。
c 正 オキセサゼイン局所麻酔作用のほか、胃液分泌を抑える作用もあるとされている。なお、市販薬で配合されているのは「サクロンQ」ぐらい。5章でも出題されることがあり、妊婦又は妊娠していると思われる女性、15歳未満の小児では使用を避けることも合わせて押さえておきたい。
d 正 ブチルスコポラミン臭化物は市販薬・医療用ともに現在でも使用されている代表的な胃腸鎮痛鎮痙成分。アナフィラキシーに関するこのような出題はまず正しいと思って良いでしょう(アナフィラキシーを生じないと断言できる成分は基本的にない)

正解・・・5


問76
強心薬及びその配合成分等に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a センソ及びロクジョウは、心筋に直接刺激を与え、その収縮力を高める作用(強心作用)を期待して用いられる。

b ゴオウは、ウシ科のウシの胆嚢中に生じた結石を基原とする生薬で、強心作用のほか、末梢血管の拡張による血圧降下、興奮を静める等の作用があるとされる。

c シンジュは、ウグイスガイ科のアコヤガイ等の外套膜組成中に病的に形成された顆粒状物質を基原とする生薬で、鎮静作用等を期待して用いられる。

d 苓桂朮甘湯は、強心作用と尿量増加(利尿)作用が期待される生薬が含まれており、水毒(漢方の考え方で、体の水分が停滞したり偏在して、その循環が悪いことを意味する。)の排出を促す。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 正 正 誤
3 誤 誤 正 正
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 誤 誤


強心薬及びその配合成分等に関する問題
この分野の具体的な製品としては「救心」や「六神丸」を思い浮かべればよい。牛黄、センソ、鹿茸は、「救心」にも含まれいる。

a 正 関連記事:センソロクジョウ(鹿茸)
なお、センソは有効域が比較的狭い成分であり、一般用医薬品での「1日用量5mg 以下」については数字も押さえておく。
b 正 関連記事:ゴオウ(牛黄)
c 正
d 誤  これは何故か良く出題されている内容。
苓桂朮甘湯は(手引きでは強心薬の分野で登場するが)強心作用が期待される生薬は含まれず、主に利尿作用により、水毒(漢方では、体の水分が停滞・偏在して、その循環が悪いことを意味する)の排出を促すことで、動悸・息切れ等への効果が期待される。

正解・・・2


問77
浣腸薬及びその配合成分に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

a グリセリンが配合された浣腸薬は、グリセリンによる組織修復促進を期待して、肛門や直腸の粘膜に損傷があり出血している場合に使用される。

b グリセリンが配合された浣腸薬を使用すると、排便時に血圧低下を生じて、立ちくらみの症状が現れることがある。

c 注入剤を使用する場合は、薬液の放出部を肛門に差し込み、薬液だまりの部分を絞って、薬液を押し込むように注入する。

d ソルビトールは、直腸内で徐々に分解して炭酸ガスの微細な気泡を発生することで直腸を刺激する作用を期待して用いられる。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、c) 4(b、d) 5(c、d)


浣腸薬及びその配合成分に関する問題

a 誤 グリセリンは、浸透圧の差によって腸管壁から水分を取り込んで直腸粘膜を刺激し、排便を促す効果を期待して用いられる。
↓グリセリンを成分とする浣腸液

b 正
c 正
d 誤 これはソルビトールではなく、炭酸水素ナトリウム坐剤に関する記述である。ソルビトールには、グリセリンと同様の作用がある。

正解・・・3


問78
高コレステロール改善薬の配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a パンテチンは、低密度リポタンパク質(LDL)等の異化排泄を促進し、リポタンパクリパーゼ活性を高めて、高密度リポタンパク質(HDL)産生を高める作用があるとされる。

b 大豆油不けん化物(ソイステロール)は、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされる。

c ビタミンEは、コレステロールの生合成抑制と排泄・異化促進作用、過酸化脂質分解作用を有すると言われている。

d リノール酸は、コレステロールと結合して、代謝されやすいコレステロールエステルを形成するとされ、肝臓におけるコレステロールの代謝を促す効果を期待して用いられる。

  a b c d
1 正 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 誤 正 誤 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 誤 正


高コレステロール改善薬の配合成分に関する問題

a 正
b 正 大豆油不鹸化物(ソイステロール)には、腸管におけるコレステロールの吸収を抑える働きがあるとされる。
c 誤 これはビタミンEではなく、ビタミンB2に関する記述である。
d 正 なお、前年に出題されたポリエンホスファチジルコリンも、リノール酸と同様な作用を期待して用いられる。

正解・・・2


問79
貧血用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 貧血の症状がみられる以前から予防的に貧血用薬(鉄製剤)を使用することは適当でない。

b 硫酸銅は、補充した鉄分を利用してヘモグロビンが産生されるのを助ける目的で配合されている場合がある。

c 硫酸マンガンは、骨髄での造血機能を高める目的で配合されている。

d ビタミンCは、消化管内で鉄が吸収されやすい状態に保つことを目的として用いられる。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 誤 正 正
5 誤 誤 誤 正


貧血用薬及びその配合成分に関する問題

a 正
b 正
c 誤 これは硫酸コバルトに関する記述。マンガンは、糖質・脂質・タンパク質の代謝をする際に働く酵素の構成物質であり、エネルギー合成を促進する目的で、硫酸マンガンが配合されている場合がある。
d 正

正解・・・1


問80
循環器用薬及びその配合成分に関する次の記述の正誤について、正しい組合せはどれか。

a 七物降下湯は、体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)に適すとされる。

b ルチンは、ビタミン様物質の一種で、高血圧等における毛細血管の補強、強化の効果を期待して用いられる。

c ヘプロニカートは、ニコチン酸を遊離し、そのニコチン酸の働きによって末梢の血液循環を改善する作用を示すとされる。

d ユビデカレノンは、肝臓や心臓などの臓器に多く存在し、エネルギー代謝に関与する酵素の働きを助ける成分で、摂取された栄養素からエネルギーが産生される際にビタミンB群とともに働く。

  a b c d
1 正 正 正 正
2 正 誤 誤 誤
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 正 正
5 誤 誤 誤 正


循環器用薬及びその配合成分に関する問題

a 正 この分野では(高血圧に伴う随伴症状向けに)三黄瀉心湯七物降下湯の2種類の漢方製剤が登場するが、今回は「体力中等度以下」向けの七物降下湯が出題された。(前年は三黄瀉心湯
七物降下湯のしばり表現等は以下のように記載されています。
体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重)に適すとされるが、胃腸が弱く下痢しやすい人では、胃部不快感等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。また、小児向けの漢方処方でなく、15歳未満の小児への使用は避ける必要がある。」

 一方で、三黄瀉心湯のしばり表現等は以下のとおり
体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症に適すとされるが、体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)、胃腸が弱く下痢しやすい人、だらだら出血が長引いている人では、激しい腹痛を伴う下痢等の副作用が現れやすい等、不向きとされる。 」

実際、どちらの漢方製剤も市販薬で対応するような分野ではないが、三黄瀉心湯の「三黄」は構成生薬(黄連、黄ごん、大黄)から名付けられており、便秘薬にもなる大黄を含んでいるので、わりと実証向け(体力中等度以上、便秘に関する記述アリ)と理解しても良いでしょう。
b 正 関連記事:ルチン
c 正 「ニコチン酸が(を)遊離し・・」は ヘプロニカート、イノシトールヘキサニコチネートに関する記述である。
d 正 ユビデカレノンは頻出で、「別名コエンザイムQ10」「ビタミンB群とともに働く」は特に関連して覚えておく。

正解・・・1

(Visited 79 times, 1 visits today)

Follow me!