R1 関西広域連合 第3章 主な医薬品とその作用 (問41-50)

問41
月経不順などの婦人薬として用いられる漢方処方製剤について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a 猪苓湯
b 当帰芍薬散
c 八味地黄丸
d 加味逍遙散

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


a 誤り。猪苓湯は泌尿器用薬の分野で登場する。
b 正しい。当帰芍薬散(更年期障害、月経不順、冷え症、産前産後 代表的な婦人向け漢方)
c 誤り。八味地黄丸は泌尿器用薬の分野で登場する。
d 正しい。加味逍遙散 (肩がこり、疲れやすく、精神不安やいらだちなどの精神神経症状)

正答・・・3


問42
アレルギーに関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せを一つ選べ。なお、2箇所の( c )には、いずれも同じ字句が入る。

アレルゲンが皮膚や粘膜から体内に入り込むと、その物質を特異的に認識した( a )によって( b )が刺激され、細胞間の刺激の伝達を担う生理活性物質である( c )やプロスタグランジン等の物質が遊離する。遊離した( c )は、血管拡張、血管透過性亢進等の作用を示す。

  a b c
1 免疫グロブリン 肥満細胞 ヒスタミン
2 免疫グロブリン 肥満細胞 アドレナリン
3 免疫グロブリン 交感神経 ヒスタミン
4 肥満細胞 交感神経 アドレナリン
5 肥満細胞 副交感神経 アドレナリン


a 免疫グロブリン
b 肥満細胞
c ヒスタミン

正答・・・1


問43
内服アレルギー用薬の配合成分と、使用上の注意との記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

  [成分] [使用上の注意]
a ジフェンヒドラミン塩酸塩 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けること。

b メキタジン 重篤な副作用として胃潰瘍が起こることがある。

c ヨウ化イソプロパミド 服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないこと。

d プソイドエフェドリン塩酸塩 低血圧の診断を受けた人は、服用前に医師又は薬剤師に相談すること。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


a 正しい。。ジフェンヒドラミン塩酸塩の授乳回避については頻出。母乳中に移行し、乳児に昏睡を起こすおそれがあるため、服用中は授乳を避ける(第5章でも出題される)
b 誤り。メキタジンについては、手引きに記載されている重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、肝機能障害、血小板減少がある。
c 正しい。ヨウ化イソプロパミドは抗コリン成分で鼻水やくしゃみを抑える成分として用いられる。抗コリン成分で眠気の恐れがある。

d 誤り。×低血圧→〇高血圧。プソイドエフェドリン塩酸塩はアドレナリン作動性成分。内服鼻炎用薬に使用され、交感神経系を刺激して鼻粘膜の血管を収縮させることで鼻粘膜の充血や腫れを和らげる。試験では超頻出で4章、5章でも良く登場する。

正答・・・2


問44
鼻炎用点鼻薬に含まれる成分とその作用に関する記述について、誤っているものを一つ選べ。

[成分] [作 用]
1 リドカイン 局所を麻酔し、鼻粘膜の過敏性や痛みや痒みを抑える。

2 ケトチフェン ヒスタミンの働きを抑えることにより、くしゃみや鼻汁等の症状を緩和する。

3 ナファゾリン塩酸塩 副交感神経を刺激して鼻粘膜を通っている血管を拡張させ、鼻粘膜の腫れを和らげる。

4 グリチルリチン酸二カリウム 抗炎症作用により鼻粘膜の炎症を和らげる。


1 正しい。リドカインは局所麻酔成分。
2 正しい。なお、ケトチフェンは「ザジテン」ブランドで知られるが、他の抗ヒスタミン薬に比べ眠気が強めにでる方が多く、あまり積極的なプロモーションは行われていないようである。
3 誤り。×副交感神経→〇交感神経。ナファゾリンはアドレナリン作動性成分。
4 正しい。グリチルリチン酸二カリウムは抗炎症成分。

正答・・・3


問45
眼科用薬に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a ネオスチグミンメチル硫酸塩は、コリンエステラーゼの働きを抑え、毛様体におけるアセチルコリンの働きを助けることで、目の調節機能を改善する。

b コンドロイチン硫酸ナトリウムは、交感神経を刺激し、結膜を通っている血管を収縮させて目の充血を除去する。

c プラノプロフェンは、炎症の原因となる物質の生成を抑え、目の炎症を改善する。

d スルファメトキサゾールは、抗菌作用を示し、結膜炎やものもらい(麦粒腫)などの化膿性の症状を改善する。

  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 正 誤 正
3 正 誤 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 正 誤 正 正


a 正しい。ネオスチグミンメチル硫酸塩はピント調節機能改善成分。コリンエステラーゼの働きを抑え毛様体におけるアセチルコリンの働きを助けることで、目の調節機能を改善するとされる。「疲れ目に」と書かれた目薬には、大抵配合されている。
 
b 誤り。コンドロイチンは角膜保護成分として配合されている。
c 正しい。プラノプロフェンは点眼薬に用いられる非ステロイド性抗炎症成分。

d 正しい。サルファ剤のスルファメトキサゾールは細菌感染による結膜炎やものもらいなどの化膿性の症状の改善を目的に使用される。


正答・・・5


問46
点眼薬を使用する際の注意点に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a 使用している点眼薬は、容器の先端が 睫毛(まつげ)に触れる等して中身が汚染されている可能性がある。

b 点眼後は、数秒間、まばたきを繰り返して、薬液を結膜嚢内に行き渡らせる。

c 一度に何滴も点眼しても効果が増すわけではないので、1回に1滴ずつ正確に点眼する。

d 点眼薬では、目の充血や痒み、腫れ等の局所性の副作用が現れることはあるが、全身性の副作用が現れることはない。
  
  a b c d
1 誤 正 正 誤
2 正 誤 正 正
3 誤 正 誤 正
4 正 誤 正 誤
5 正 正 誤 正


a 正しい。
b 誤り。(まばたきせずに)眼瞼(まぶた)を閉じて、薬液を結膜嚢内に行き渡らせる。
c 正しい。
d 誤り。

正答・・・4


問47
きず口等の殺菌消毒成分に関する記述について、正しいものの組合せを一つ選べ。

a オキシドールの作用は持続的で、組織への浸透性は高い。

b マーキュロクロムは、ヨードチンキと混合すると不溶性沈殿を生じて殺菌作用が低下する。

c 消毒用エタノールの作用は、過酸化水素の分解に伴って発生する活性酸素による酸化及び発生する酸素による泡立ちによる物理的な洗浄効果である。

d クロルヘキシジン塩酸塩は、一般細菌類、真菌類に対して比較的広い殺菌消毒作用を示すが、結核菌やウイルスに対する殺菌消毒作用はない。

1(a、b) 2(a、c) 3(b、d) 4(c、d)


a 誤り。。オキシドールの作用は過酸化水素の分解に伴って発生する活性酸素による酸化、及び発生する酸素による泡立ちによる物理的な洗浄効果であるため、作用の持続性は乏しく、組織への浸透性も低い。
b 正しい。マーキュロクロムは有機水銀の一種(マーキュロクロムという名称は商品名由来。いわゆる「赤チン」)
c 誤り。これはオキシドールに関する内容。
d 正しい。クロルヘキシジン塩酸塩は殺菌消毒成分。ウイルスに対する殺菌作用の有無が判断のポイント。

正答・・・3


問48
外皮用薬として用いられる非ステロイド性抗炎症成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a プロスタグランジンの産生を抑制することで作用を発揮する。

b 外皮用薬として使用する場合、内服薬とは違い喘息の副作用を起こすことはない。

c 筋肉痛や関節痛等に対して、繰り返し使用することで鎮痛効果が増すことが期待できる。

d 殺菌作用はないため、皮膚感染症に対しては効果がなく、痛みや腫れを鎮めることでかえって皮膚感染が自覚されにくくなるおそれがある。

  a b c d
1 正 誤 正 誤
2 正 誤 誤 正
3 誤 誤 正 誤
4 正 正 誤 誤
5 誤 誤 誤 正


a 正しい。
b 誤り。
c 誤り。長期間にわたって使用することは適切でない。
d 正しい。

正答・・・2


問49
肌の角質化、かさつきを改善する成分に関する記述の正誤について、正しい組合せを一つ選べ。

a いぼに用いる製品は、医薬品としてのみ認められており、原因となるウイルスに対する抑制作用を有している。

b サリチル酸は、角質成分を溶解することにより角質軟化作用を示す。

c 尿素は、角質層を構成するケラチンを変質させることにより角質軟化作用を示す。

d オリブ油は、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善する。

  a b c d
1 正 正 誤 正
2 正 正 誤 誤
3 誤 正 正 誤
4 誤 正 誤 正
5 誤 誤 正 誤


a 誤り。
b 正しい。
c 誤り。尿素OTCでは代表的な保湿成分であり、角質層の水分保持量を高め、皮膚の乾燥を改善する。保湿成分としては尿素の他、グリセリンやオリーブ油、ワセリン、ヘパリン類似物質がある。
d 正しい。

正答・・・4


問50
にきびと吹き出物の治療に関する記述について、( )の中に入れるべき字句の正しい組合せを一つ選べ。

にきびは、最も一般的に生じる化膿性皮膚疾患である。その発生要因の一つとしては、老廃物がつまった毛穴の中で皮膚常在菌である( a )が繁殖することが挙げられる。
また、バシトラシンは、細菌の( b )を阻害することにより抗菌作用を示すことで、吹き出物の治療に使用される。

a b
1 アクネ菌 タンパク質合成
2 アクネ菌 細胞壁合成
3 黄色ブドウ球菌 DNA合成
4 黄色ブドウ球菌 細胞壁合成
5 白癬菌 タンパク質合成


a アクネ菌
b 細胞壁合成

正答・・・2

(Visited 229 times, 1 visits today)

Follow me!